弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
弘前りんご
■ニックネーム
  弘前りんご 
■年齢
  もはやアラカン
■住んでるところ
  本州最北端の県
■好きなたべもの
  粉もん(何せ生粋の大阪人ですから)
■職業
  一応、教育・研究者(二束のわらじ)
■趣味
 ・音楽
   主にクラシックをもっぱら聞く方、家族内では異端児でした、
   最近ある楽器の秘密練習を始めています (^_^;)
   そしてPCオーディオ

 ・撮り鉄(いやグルメ鉄の方が正確かも)
 ・鳥撮り(バズーカみたいなレンズと、ビデオ雲台で格闘中)
   その他、写真の各ジャンルに挑戦中

 ・美術・工芸・建築鑑賞

 ・パソコンいじり

・映画鑑賞

 ・読書(万葉集からサスペンスまで ^^;)

profilephoto
   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ RECOMMEND
失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
(弘前りんご)

自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECENT COMMENTS
  • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
    弘前りんご (07/19)
  • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
    yoko (07/19)
  • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
    てんし (07/18)
  • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
    弘前りんご (07/18)
  • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
    てんし (07/18)
  • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
    藤田伊織 (05/08)
  • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
    弘前りんご (04/10)
  • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
    てんし (04/10)
  • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
    弘前りんご (03/11)
  • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
    にゃんこ (03/11)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ TSUTAYA
+ Google Adsense
+ Gracia
+ Google AdSense
+ dヒッツ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE