弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
痛快!半沢直樹
0
    池井戸潤といえば、”下町ロケット”。そこでは下町の工場に生きる人々の、苦しい中でも忘れない心意気が感じられる小説でした。


    池井戸潤は銀行員としてスタートしています。人物観察の才に長けた彼なら、熾烈な権力闘争の中に生きる人々の生き様を感じ取らないはずはありません。


    そう、それが小説として結実したのが、彼の半沢直樹シリーズ。上司から押し付けられる無理難題。成功すれば上司の手柄、失敗すれば全て責任を押し付けられるという、不条理の世界。銀行に父を殺されたも同然の彼が、あえて就職先をその銀行にしたのはなぜか?

    ドラマ”半沢直樹”は、その小説のテレビドラマ化。演ずるは、堺雅人。窮地に追い込まれても、決して諦めず、きっちり相手に倍返しするのを心情とする半沢直樹にピッタリのキャスティング。その彼をある時は叱咤し、ある時は優しく見守る妻には、上戸彩。こちらもなかなかいい味を出しています。

    一回目の最後の数分間。査問委員会に対して、半沢直樹が反撃の狼煙を上げる場面に痺れました。ドラマはまだ始まったばかりですが、これからの展開が楽しみです。
     
    | 弘前りんご | テレビ | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    あー、空飛ぶ広報室、終わってしまった!
    0
      あー、終わってしまった。


      そう、贔屓のテレビ番組、”空飛ぶ広報室”が、ついに最終回を迎えて終わってしまったのです。この作品はずっと続いて欲しいと、埒もないことを考えるほど、面白かったですね。


      主人公の男女二人だけでなく、登場人物のいずれもが際立って個性的。そしてみんなそれぞれに重荷を背負って、それでも懸命に生きている、等身大の存在。それが愛おしく感じました。


      有川浩の原作を読んで、航空自衛隊の広報室という、全くその存在さえも知らかなった部署があることも知りました。今の日本の屈折した平和感によって翻弄される自衛隊の苦悩と、それでも職務に忠実であろうとする姿を描いて、感動的な作品でした。


      原作とは違って、テレビドラマの方は、主人公二人がめでたく結ばれることで終わります。
      作品を読んで、そのように描かれていないことに、その時は疑問に思いました。しかし、小説が完成する頃に起こった東日本大震災。作品の中で重要な役割を果たすブルーインパルスが、被災地松島を本拠地とすることから、それに触れない訳にはいかないと、震災前後の顛末を有川浩が最後に書き加えたという経緯があります。おそらくそのような状況で、さすがのラブロマンスの名匠、有川浩でも、二人を単にハッピーエンドに描くことにためらいが合ったのではないかと推察します。


      このドラマでは、ブルーインパルスのT4をはじめ、自衛隊の様々な航空機が活躍します。航空機ファンにはたまらない映像がいっぱいありました。
      だから、”飛行機は美しいから飛べる” という主人公の言葉がすんなり納得出来ました。


      | 弘前りんご | テレビ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
      お気に入りの番組_所さんの目がテン。
      0
        気に入ってよく見るテレビの番組に、”所さんの目がテン!” があります。
        日頃の疑問を、検証してみるという番組です。
        同じジャンルにNHKの”ためしてガッテン”がありますが、こちらがNHKの生真面目さが感じられるのに対して、所さんのほうは、そのユルさ加減が気に入って見ています。もちろん、目の付け所も結構いけています。



        今回見たテーマは、”朝”。その中のエピソードの一つに、今はやりの朝活にちなんだもの。
        朝カレー、朝とんかつ、はては朝ステーキまで登場。果たして意味や効果があるのかという疑問に焦点を当てていました。




        結論は、胃腸に問題ない人は、和定食よりも朝ステーキを食べれば、活力が長時間続くということでした。


        香川靖雄先生(お懐かしい、お元気そうですね)

        まあ、研究者の立場からいえば、サンプル数が少ないとか、統計的な有為差があるのかとか、ツッコミどころはそれなりにありますが、専門家の意見も聴くなどして、それなりに検証の評価をしています。しかし、なんといってもこの番組らしさは、間に差し挟まれる所さんの秀逸なコメント。



        昔初めて所ジョージを見た時、高田純次とならんで、いい加減なキャラクターだなと思ったのですが、実は非常に頭のいい人だとその後気づきました。芸人としての感性も秀逸です。そんなところが、この番組の魅力になっていますね。


        (以上の画像は”所さんの目がテン”より)
        | 弘前りんご | テレビ | 06:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          弘前りんご (05/24)
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          takehope (05/24)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          弘前りんご (05/14)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          大野博文 (05/14)
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE