弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
池田菊苗(いけだきくなえ)さんをご存知ですか。
0

    (ヒトの味覚は5つ)

     

    スイーツの甘さ             レモンの酸っぱさ

     

    薬の苦さ                塩っぱさ

    (以上の画像は、すべてwikipediaより)

     

    食べ物を口に入れてヒトが感じる味覚は、長らく甘味、酸味、苦味、塩味の4つだとされてきました。

     

    それらに次ぐ第5の味覚とされる「うま味」が発見されたのは随分と最近のこと。

    そしてその契機となったのが、グルタミン酸の発見であり、それを見出したのが、日本人の化学者、池田菊苗です。

     

     *ちなみに、辛味はどうだと思う方もいるかも知れませんね。

    唐辛子の辛味成分のカプサイシンとその受容体が発見されたものの、それは全身に分布する化学受容体で味蕾に特有ではありません。また辛さの実体はカプサイシン受容体刺激による痛覚に、発汗、発熱が加味されたもので、第6の味覚とはされていません。

     

    池田菊苗(1864年10月8日 - 1936年5月3日、wikipedia)

     

    彼は幕末の激動期に生を受け、明治維新以後、国の礎が次々と打ち立てられる中、自身は化学の道を行くことを決意。

    東京帝国大学に進学。卒業後は、高等師範学校の教授、東京大学の助教授となりました。

     

    (ドイツ留学)

    そして、当時化学研究のメッカであったドイツに留学して、後にノーベル化学賞を受賞するオストヴァルトの研究室で薫陶を受けました。

     

    帰国後、研究テーマを、小さい頃から興味のあった昆布のだしのうま味成分の研究としました。

    そしてそれにはもう一つの彼の思いが込められていました。

    留学してドイツ人の立派な体格と、日本人の貧弱なそれとの差を見せつけられた彼は、それが日本の貧弱な栄養事情に有ると考えました。そんな状況を化学の力で改善出来ないかと考えたからです。

     

    (昆布を煮る日々)

    大量の昆布を刻み(これは奥さんの仕事だったとのこと)、それをひたすら彼が煮て、その煮汁に含まれる成分を解析しました。

    その結果見つかったのが、グルタミン酸でした。

     

    それを使って、日本の栄養事情を改善しようと、事業を起こすことを考え、相談したのが、味の素の創業者、2代鈴木三郎助でした。

    そうして、うま味調味料(味の素)を商品化し、「おいしく食べて健康づくり」を目指したということです。

     

    また、親が事業を失敗して、家出の経験もある池田博士は、”貧しさはあらゆる道の妨げである”と実感して育ちました。
    それだからこそ、貧乏から脱したいという思いも彼の中にあって、理論化学の研究の道からうま味研究のような応用研究に向かっていったのかも知れませんね。

     

    (第5の味覚、うま味の発見)

    その後、グルタミン酸の化学受容器がヒトの舌の味蕾にもあることが発見され、うま味は新たな味覚であることが確定しました。

    それは池田らがグルタミン酸を発見してからおよそ100年後のことでした。

     

    そして、今日は、池田菊苗さんの命日です。

     

     

     応援のお願い 

    フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

    FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
    しかし、それはブログランキングには反映されません。
    恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

     


     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #味覚 #甘味 #酸味 #苦味 #塩味 #うま味 #グルタミン酸 #池田菊苗 #味の素 #明治 

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

    | 弘前りんご | 自然科学 | 21:10 | comments(0) | - |
    天才化学者と悪魔が共存したと称されるハーバー。今日は彼の命日
    0

      (ノーベル賞受賞者と毒ガス開発者)

       

      フリッツ・ハーバー(1868年12月9日 - 1934年1月29日、wikipedia)

       

      フリッツ・ハーバーは、窒素ガスからアンモニアを合成するハーバー法(ハーバー・ボッシュ法)を開発しました。

      これにより、穀物生産に欠かすことの出来ない、窒素肥料の大量生産が可能になりました。

      これまで人口増加に穀物生産が追いつかず、世界的な貧困が生じていたのですが、これにより穀物生産が飛躍的に増大して、ヨーロッパ、アメリカで急激な人口増加に耐えうる農業生産が可能になったのです。

       

      (ノーベル賞受賞者の光と影)

      これが評価されてノーベル化学賞を受賞することになりました。

      ところが、その一方で火薬の原料となる硝酸の大量生産にも繋がり、その頃から彼の評価は二分してゆきました。

       

      さてその頃、彼は第一次大戦の敗戦により疲弊していたドイツの現状を憂いていました。

      そこで、自国を戦争勝利に導くことを願って、兵器としての毒ガス開発に乗り出し、次々と強力な毒ガス(ホスゲンやマスタードガス)を生み出して行きました。

      彼は、”毒ガスを使って戦争を早く終わらせることは、結果的に多くの人命を救うことにつながる”と信じて疑わなかったといいます。しかし、周りの反対も大きく、最初の妻のクララ(化学者)も反対し、遂には抗議の自殺をしました。

      そのことにショックを受けたにもかかわらず、それでも彼の毒ガス開発研究はとどまることはなかったようです。

       

      (外面似菩薩内心如夜叉)

      その一方で、ドイツ科学界におけるユダヤ人擁護(彼自身ユダヤ人だが、キリスト教カトリックに改宗している)のために、ナチスからの圧力に抗するなどの人道的な面もありました。外から見るとその二面がどう融合しているのか、不思議な気がします。

       

      今日1月29日は、そんな彼の命日です。

       

       


      兵庫県ランキング

       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

       

      #12月9日 #ハーバー #ハーバーボッシュ法 #アンモニア合成 #化学肥料 #ノーベル賞 #毒ガス開発

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの北のまほろば掲示板

      | 弘前りんご | 自然科学 | 19:21 | comments(0) | - |
      イタコン?板こんにゃくのこと?、じゃあなくて、伊丹市昆虫館です ^^;)(伊丹市昆陽池三丁目)
      0

        (体験学習もできる昆虫専門館、伊丹市昆虫館、愛称 イタコン)

        伊丹空港の伊丹スカイパークを訪れた後の帰り道に、ここに寄りました。

        たしか、子供が小さかった随分昔に一度来たはずなんですが、記憶が定かではありません。

         

        DSC03648.jpg

        伊丹市昆虫館が立つ、昆陽池公園のマップ池の中に日本列島があることで知られていますね)

         

        しかし、記憶があったとしても、現在のリニューアルされたきれいな建物とは結びつかないでしょう。

         

        DSC03664.jpg

        伊丹市昆虫館 正面入口

         

        DSC03673.jpg

         

        入ると、牛ほどの大きさもある、どでかいミツバチの像がお出迎え。

         

         

        ヨナグニサンのような貴重な蛾も飼育しています。

         

        (子供も大人も楽しめる施設)

        エントランスでは、まず昆虫とはなにか、クモやムカデとは違うの?と言うクイズが (*^^*)

        案外大人も混同しているものが多いのでは?

         

        DSC03677.jpg

         

        昆虫が暮らす自然のありさま、その中での昆虫の生態などがわかりやすく、そして詳しく解説されています。

         

        DSC03678.jpg

         

        また、昆虫館オリジナルの昆虫の生態などを紹介するビデオの放映もあります。

        この日は、むしのだっぴでした。私も脱皮に関して曖昧だった理解がスッキリしました (*^^*)

         

        DSC03724.jpg

         

        DSC03753.jpg

         

        (放し飼いの大量の蝶たち)

        そしてなんと言っても圧巻なのは、大きな温室に放し飼いにされた様々な蝶。

        そして、学習室で飼育して、蛹からかえった蝶を手に乗せて放つ体験も出来ました。

         

        DSC03777.jpg

         

        子供だけでなく、大人も十分に楽しめる施設ですね。

        皆さんも一度訪れてはいかがでしょうか。

         

         

        昆虫館の隣の昆陽池には野鳥が来て、散策にもいいですね。

         

        交通アクセス
        電車:
        JR宝塚線・伊丹駅もしくは、阪急伊丹線・伊丹駅下車。伊丹市営バス乗り換え。
        バス:
        JR伊丹駅前4番のりば(市交通局サイト時刻表)、
        もしくは、阪急伊丹駅前4番のりば(市交通局サイト時刻表)から市バスに乗車。
        「松ヶ丘」もしくは「玉田団地」バス停下車。
        JR中山寺駅前1番のりばから市バスに乗車し、「松ヶ丘」バス停下車。
        車:
        国道171号伊丹市役所前交差点を北進。
        昆陽池北交差点および中野大橋南詰をそれぞれ左折し、
        公園西側の「昆陽池公園駐車場」に駐車。
        駐車料金:1台につき1時間まで200円、以降30分毎100円追加
        駐車場の車両高さ制限は2.1m以下。
        2.1m以上の車の場合、昆陽池公園駐車場に問い合わせ
        (電話072-785-2148)

         

         


        兵庫県ランキング

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #兵庫県 #伊丹市 #昆陽池 #伊丹市昆虫館 #大人も子供楽しめる #蝶が舞う温室 #野鳥 #手乗り蝶 #ヨナグニサン

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの"北のまほろば掲示板

         

        | 弘前りんご | 自然科学 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          弘前りんご (05/24)
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          takehope (05/24)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          弘前りんご (05/14)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          大野博文 (05/14)
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE