弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
完璧主義者である映画監督 スタンリー・キューブリックのお眼鏡に適った? シューベルトの曲 (*^^*)
0

    SF

    2001年宇宙の旅から (By William Beutler from Washinton, DC, USA - 2001 | bedroom modelUploaded by SunOfErat, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=30390552、wikipedia)

     

    映画の金字塔 ”2001年宇宙の旅”を制作した、スタンリー・キューブリック。あるいは”時計じかけのオレンジ”で、SFの新境地を拓いた彼のこだわりは尋常ではなかったようです。

     

    スタンリー・キューブリック(wikipedia)

     

    興行的には成功とは言いがたかったけれど、映画の完成度としては非常に高かった、”バリー・リンドン

    舞台は18世紀のヨーロッパ。

     

    映画 ”バリー・リンドン”より (wikiepedia)

     

    当時の照明はローソクが主なものだったので、ローソクの照明下で撮影を断行しました。

    しかし、映画用の当時のフィルムは感度が低く、そのためには明るいレンズが必要で、それを入手することから始めました。

    ところが入手できたレンズは、既存の映画用カメラのマウントとは合わず、フォーカスシステムも異なることからその改良に何ヶ月も掛けたというのです。

     

    バリー・リンドンに使われた映画撮影用カメラ

     

    そのこだわりもあって、映画は、アカデミー賞の撮影賞などに輝きました。

     

    そして、BGMに用いる音楽もこだわり抜いています。舞台であるイギリスの民謡以外は、多くは、バロック、古典の名曲を実にうまく用いています。唯一の例外は、ロマン派であるシューベルトの曲

     

    なかでも、シューベルト:ピアノ・トリオ作品100の第2楽章のアンダンテ・コン・モート

    https://www.youtube.com/watch?v=R7ixGAOwCiQ

     

    貧しい家庭から這い上がり、そして最後は没落してゆく主人公、バリー・リンドンの心境を的確に表現するには、これしかなかったと考えたようです。

     

    シューベルト晩年の、病に冒され余命わずかの中で、力を振り絞って作曲した作品ですが、運命に抗いながらも翻弄される主人公と重なるところがあったのでしょうか。

    この映画によって、この曲の人気、認知度はいやが上にも高まったことは事実でしょう。

     

    そして映画もアカデミー賞音楽賞を受賞しています。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #スタンリーキューブリック #2001年宇宙の旅 #時計じかけのオレンジ #バリーリンドン #シューベルト #ピアノトリオ #アンダンテコンモート

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 映画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
    分け合えることの幸せ_映画『しあわせのパン』
    0

      *ブログランキングに参加しています (^o^)

      気に入ったら、この文をクリックするか、

      下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を

      押してくださいね。よろしくお願いします (*^^*)

       

       

      今放送の朝ドラで、映画『わたしをスキーに連れてって』を見て以来ファンになった原田知世さんが、かわいい素敵なお母さん役で出ていますね。その流れで、この映画をアマゾンプライムビデオで見ました (*^^*)

       

      北海道、有珠の近く、月浦という片田舎に移り住んで、カフェを営む若夫婦、水縞くんとりえさん。

      そこを舞台に、4組の家族模様を描いた映画『しあわせのパン』

       

       

      一組目は、都会の生活に疲れ、失恋の痛手を負った娘とこの地を離れたいけれどその勇気が出ない青年。

      二組目は、母が去って、父子家庭となった小学生の女の子とその父。互いにその事実に向かい合えないで苦しんでいます。

      三組目は、災害で店と娘を失ない、また妻も余命わずかという老夫婦。この地で死を迎えようとやって来ます。

       

      いずれもこのカフェ、マーニを訪れ、そこで若夫婦に迎い入れられ、出されるパンを食べるうちに癒やされて行きます。

       

      象徴的なのは、焼き立てのひとつのパンを分けあって食べること。

      そこに人と人との結びつきの幸せが宿っているんだということが伝わってきます。

       

      実は、このカフェを営んでいる若夫婦が4組目です。

      都会の生活に疲れ、2年前にこの地にやって来たのです。

      豊かで、時には厳しい自然の時の流れの中、地元の人々、そして訪れる客と交流して、彼らもまた癒やされ、生きてゆく意味を見つけます。

       

      最後、エンディング間近に、あることが明らかになります。

      ささやかな、しかしとっても素敵なサプライズ (*^^*)

       

      見終わって、ほっこりできる映画です。

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      #映画 #しあわせのパン #有珠 #月浦 #カフェ #コーヒー #カンパニオ #原田知世 #大泉洋

       

      | 弘前りんご | 映画 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
      今日11月23日は、もちろん勤労感謝の日ですが、仏映画監督、ルイ・マルの命日
      0

        (ルイ・マルの命日)

         

        ルイ・マル(1932年10月30日 - 1995年11月23日、wikipedia)

         

        死刑台のエレベーターの一場面

         

        ルイ・マル監督作品といえば、ジャンヌ・モローが主演を演じた『死刑台のエレベーター』(1958年)これは25歳の彼の鮮烈なデビュー作であり、最高傑作ではないでしょうか?

        (単に他の作品をよく知らないだけじゃないの? ^^;)

         

        (ジャンヌ・モローの美貌)

        ちなみに、この時のジャンヌ・モローの美しいこと。後の演技派の名をほしいままにしていたころの彼女しか知らなかったときに、この作品を見てビックリしました (^_^;)

         

        (法律改正でリメイクは困難)

        死刑台のエレベーターは、日本でも人気作品で、二度もリメイク(ドラマと映画)されています。しかし、フランスではリメイクされていません。

        それは1981年にフランスでは死刑が廃止されたため、それ以降フランスを舞台に死刑を描くことができなくなったからとか。社会情勢が変わると、こういう社会派の作品はなかなか難しい事になりますね。

         

        また、この映画が見たくなりました。

         


        兵庫県ランキング

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #ルイ_マル #フランス #映画監督 #死刑台のエレベーター #ジャンヌ_モロー #法律改正 #死刑廃止 #リメイクは困難

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの"北のまほろば掲示板

         

         

        | 弘前りんご | 映画 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          弘前りんご (05/24)
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          takehope (05/24)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          弘前りんご (05/14)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          大野博文 (05/14)
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE