弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
今日5月20日はクララ・シューマンの命日
0

    クララ・シューマン(1819年9月13日 - 1896年5月20日、wikipedia)

     

    後期ロマン派を代表する作曲家ロベルト・シューマンの妻クララ。

     

    ロベルト・シューマン(wikipedia)

     

    指を痛めてピアニストを断念して、作曲家そして評論家に転じた夫ロベルトに対して、クララは結婚前からスターピアニストでした。9歳でプロデビューし、ソリストとしてライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲で共演しています。19世紀を代表するピアニストであったわけです。

     

    ピアノ教師であった父、フリードリヒ・ヴィーク(ロベルトのピアノの先生でもあった)にロベルトとの結婚を猛烈に反対されますが、なんと交際を禁じる父を相手取って裁判を起こしました ^^;)

    めでたくロベルトと結婚し、幸せを掴んだものの、ロベルトはその後精神を病み、自殺を図るまでになりました。その夫を支え続けたクララ。

    それを励まし続けたのが、自身の音楽家への道を開いてくれ、その後も友人として家族のように接してくれたシューマン夫妻を敬愛したブラームスでした。

     

    ヨハネス・ブラームス 二十歳ぐらいの頃

     

    本当のところはわかりませんが、ブラームスがクララに対して、友情、敬愛の情以上の思いを抱いていたのではないかといわれています。
    しかし、ロベルトの亡くなった後も、二人は結ばれることはありませんでした。

     

    | 弘前りんご | - | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    真のグローバル化とは_日本の伝統文化を守る外国人
    0

      NHKドキュメンタリー _ ETV特集 「日本の文化財を守れ 〜 アトキンソン社長の大改革」

       

      録画していたのをようやく見ることが出来ました。

       

      ゴールドマン・サックスのアナリストとして働いて居たときの給料にくらべ、美術工芸品修復会社の社長を勤める今の給料はそのときの20日分くらいにしかならないとか。しかし、人生の深い迷いから救ってくれた日本の文化や遺産に対して、それを守る仕事をすることで、恩返しする毎日とのこと。

       

      ただ、この方のすごいところはそのような精神論だけでなく、アナリストの本領を発揮し、日本の文化行政、運営の問題を鋭く指摘して、時代にあった対応をすべきだと提言するところです。

       

      何百年、千数百年と連綿と維持されてきた文化財は、それを守り維持されてきたから、そのためには常にその技術の継承がなされなければならない。しかし、色んな分野で職人たちは高齢化し、新しい後継者が育っていないのが現状。そのため、自身が勤める修復会社の旧態然とした体制を、古い職人たちの反発を恐れず断行したそうです。

      反発を覚悟で高給の古い職人の給料を大幅にカットし、若い人に回すという苦渋の決断をしたとか。

      その一方で、イベントごとに雇う形だった職人を全て正職員として採用して、その生活の安定を図りました。

       

      またその仕事の質を高く維持するため、あえてその現場に素人の社長が乗り込んでチェックをする。

      そうすることで結果的にいい意味での緊張感が生まれて、納品後のクレームが激減したそうです。

      今では反発した職人たちからも信頼を獲得しているようです。いつか、社長にGood Jobといわせてやるんだと (^o^)

       

      春日大社 HPより

       

      合理的なシステムを導入する一方で、たとえば春日大社の本殿の朱を、赤字覚悟で非常に高価で扱いにくい本朱とすることを譲らない。千数百年続いてきた事を変えてしまうことの問題点の大きさをしっかり認識しているところも頭が下がります。

       

      また、当然の対価を払うことを拝観者が受け入れる必要があると主張しています。

      ヨーロッパでの拝観料の平均は1800円ほど。それに対し日本では600円。

      それでも以前は日本の経済、人口が右肩上がりの頃は収入も増えてやって行けたけれど、少子高齢化の現在はそのビジネスモデルは破綻する、と言うかすでに破綻しているため、十分な修復を出来ずに放置されているところが数多くあります。

      では、1800円に値上げすればOKなのか? それでは拝観者がそれを嫌ってますます足が遠のき、地方の公共交通機関と同じ衰退の道をたどるでしょう。

       

      そこで、たとえば日本に関心のある欧米人の観光客を呼び込む。その代わり、今の紋切型の小さな解説板で済ませるのではなく、十分な情報を盛り込んだ英語のパネルを各所に設ける。そして、ただ静物的にみせるだけでなく、そこで当時行われていた行事などを再現し、できれば参加型にするなどの工夫をすることで、値上げした拝観料に十分見合う内容にするのが大切だとしています。

      実際にそれを京都の二条城で実施し、大変好評だとか。

       

      他にも、目からウロコの視点を知ることが出来ました。

      そして机上の空論のような文化行政に大きな風穴が開くことを願っています。

      しかし、結局日本は外からの働きかけがないと、自身の価値を知ることが出来ないという、なんとも残念なことではありますが。

       

      | 弘前りんご | 美術 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
      津軽麺紀行(65)_ 八甲田食堂
      0

        地鶏soba15が移転して、創作ラーメン(?)を食べる機会がとんと減ってしまって残念に思っていましたが、うまい具合に近くに新しいラーメン屋ができました。八甲田食堂。

         

         

        夜には居酒屋メニューも出すようですが、基本はラーメン屋。

        以前、大蔵の庄という名の居酒屋を居抜きでラーメン屋に仕立てたようです。

        オーナーは、ラーメン研究家石山勇人さん。青森県平川市の出身なんだそうです。

         

         

        山小屋風の外装、内装がいい感じです。

         

         

        ラーメンは三種類。煮干し、醤油、味噌。

         

         

        今回は、特製煮干し。

        特製と前に付くと、チャーシュー一枚増しで味玉が載ります。

        器は金山焼きでしょうか?渋い色です。

         

        第一印象は、スープが濃厚な煮干しにもかからわず、実にまろやか。

        鶏ガラ、豚骨にイワシの煮干の合わせスープだからなんでしょうか。

        つい完つゆしてしまいました ^^;)

         

         

        麺は中太麺。コシもあって最後までしっかりとした歯ごたえがありました。

        トッピングのチャーシュー、味玉、いずれも手をかけて作っている感じで好ましいです。

        しかし、それよりメンマの存在感が。普通平べったいところを断面が正方形の太い形をしています。それでいて柔らかくしなやか。これだけでお酒の肴にもなりそう。

         

        さすがラーメン評論家が作られているだけのことはあります。

        ただ、無い物ねだりをすれば、ラーメンの見た目がちょっと彩りに乏しいのが残念な処。

        赤なり、緑なりのものが載っていると完璧だったと思います。

        しかし十分に満足の行く一杯でした。

         

        | 弘前りんご | グルメ | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
        3ヶ月ぶりの佐嶋
        0

          抜群のコストパフォーマンスで、前回魅了された割烹佐嶋。

           

           

          その後なかなか行く機会がなかったのですが、お店近くに所用があって再訪できました。

          前回はうなぎ丼だったので、今回はちらしのセットにしました。

           

           

          しかしというか、やはりというか、そのボリューム、ネタの種類の多さ(10種類以上で、どれも切り身が大きい)、小鉢がこれでもかと付いてくるところは健在でした。

           

           

          ネタの多さで下のすし飯が見えませんが、これもおそらく茶碗4杯分はあろうかという量。

          食べ終わって苦しいレベルの多さでしたから。これは次回は減らしてもらおう ^^;)

           

           

          ゼリーのデザートがついて、これで700円とは、まさに価格破壊 (ちょっと古い?^^;)

          しかし満足度は非常に高いですね。また来たくなります。

           

           

          | 弘前りんご | グルメ | 06:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
          桜が散ったらりんごだね (*^_^*)
          0

             

            5月初めまでの桜の喧騒がすぎると、それを追うようにりんごの花が咲きます。

             

            奥がさくら、手前がりんごの花の蕾

             

            桜の花がいわば鑑賞の花とすれば、りんごの花は実用の花。受粉させることで秋にりんごの実がなるわけです。

            花の命の短さの代名詞のように思われるソメイヨシノは自然に散りますが、りんごの花はより大きな実を成らせるため、間引かれる(摘花される)ので、意外に見どころの時期は短いようです。

            なので私のような休日カメラマンは、ベストの時期に遭遇するのは意外に難しいのです。

             

            それでも桜の花のような華やかさはないものの、りんごの花の清楚な姿に惹かれて、懲りずに撮りに行くわけです。

            この週末に出かけましたが、お天気があいにく曇りで、花が映えにくい条件でした。それでも洗いたての白い生地のような清々しい花を見ることが出来ました。

             

             

             

            あと何回見ることが出来るんでしょうか。

            | 弘前りんご | 紀行 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
            マンドリンアンサンブルの演奏会
            0

              5月14日は、家人がコンサートミストレスを務める、マンドリンアンサンブル研究会、プリマヴェーラの演奏会でした。

               

               

              予報では雨かせいぜい曇り空でしたが、幸い見事に晴れて開演の時を迎えました。

               

               

              おかげさまで130名を超える方が聴きに来てくださいました。

               

               

              前回の演奏会から実に9年ぶり。その間小さなミニコンサートなどはやっていましたが、本格的な演奏会は本当に久しぶりでした。

               

               

              そのための準備は2年近く前から、この日のためにやってきました。

               

               

               

              本番は魔物といいますが、直前のゲネプロでは満足のいく仕上がりだったものが、本番では予想外のミスがあったりするもの。

              しかし、これまでの演奏会に比べて着実に実力を上げてきたのも事実。

               

               

               

              メンバー各人、思うところはいろいろあったと思いますが、更に精進を続けて、次の演奏会ではより良い演奏を聴かせてほしいものです。

               

              演奏が終わった後は、行きつけのお店プリムヴェールで楽しい打ち上げ。

               

               

               

               

               

               

               

              マスターのセンスの光る料理と、楽しい会話で時の経つのを忘れました。

               

              | 弘前りんご | 音楽 | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
              夢のような宵宮の夜 (*^^*)
              0

                津軽は祭りばかりだ、とどなたかがおっしゃっていました。

                たしかに、桜祭りが終わると、夏のねぷたまつりまでの間に、どこかで氏神様の大祭前夜祭の宵宮(津軽ではヨミヤと読みますが)が行われます。その数80。宵宮をはしごする人もいるとか (*^^*)

                 

                 

                 

                その弘前の宵宮のトップを切る、禅林街の普門院(津軽三十三観音霊場 通称 山観)が12日にありました。

                 

                 

                 

                 

                写真撮影をしようと思っていたところに、その門前通りにお住いのFBのお友達から、遊びに来ませんかといううれしいお誘い。ひとしきり撮影した後、お言葉に甘えてお宅に伺いました。

                 

                 

                 

                 

                その方はワインのエクスパート。ご自宅にワインセラーがあり、この日もこれでもかってくらいにおいしいワインを出していただきました。

                 

                 

                そしてそのワインについての楽しいエピソードを聞くことができました。

                 

                 

                そして、その日私と共に招かれていた方(郷土料理のお店の社長ご夫妻)がお弁当を持ってきてくださったのですが、これまた目に楽しい豪華でおいしいもの。

                 

                 

                そして日本酒(豊盃 亀尾)

                話も弾み、夢のような夜が更けてゆきました (*^^*)

                 

                | 弘前りんご | グルメ | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                今日5月13日は、マリア・テレジアの誕生日
                0

                  ハプスブルグをヨーロッパの大国にならしめたマリア・テレジア。

                  神聖ローマ皇帝フランツ一世の后であり、ハンガリー女王、オーストリア女大公、ボヘミア女王。

                   

                  マリア・テレジア( 1717年5月13日 - 1780年11月29日、wikipedia)

                   

                  その手法は、各国の王室と姻戚関係を結ぶこと。

                  初恋の人フランツ(神聖ローマ皇帝(在位:1745年 - 1765年))と結ばれましたが、多忙な政務をこなしながらも子宝に恵まれ、

                  男子5人、女子11人の16人の子供をなしました。そしてその子達を周辺各国の王室との姻戚関係を結ぶことに活用しました。

                  そのフランツの死後、その後喪服しか着なかったことも有名です。

                   

                  マリー・アントワネット(wikipedia)

                   

                  その一人があのマリー・アントワネット。フランスのルイ16世の后となりました。

                  その他にも、娘や息子のほとんどがフランス、スペイン、イタリアに勢力を持つブルボン王家の一族と結婚しています。

                  その目的は、急激に力を付けつつあるプロイセンに対抗するため、宿敵フランスと和解する必要があったからでした。

                   

                  しかし、フランツ、そしてテレジアの死後、ハプスブルグは急速に力を失ってゆきます。フランスとの過度の接近が、逆にドイツ諸国の反発を買ってしまったこともあったようです。

                   

                  | 弘前りんご | 歴史 | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ワンコインランチめぐり (55)_ 中道
                  0

                    ワンコインランチブックも、この日からVol.8。そして

                    今回のワンコインランチは、本町通りにある焼肉の中道で。

                     

                     

                    もともとちょっと高級路線の焼肉屋ということでスタートしました。

                     

                     

                    店内も、いわゆる庶民的な焼肉屋の雰囲気とは違いますね。

                    しかし、その後手頃な値段の焼肉屋に路線変更したようですが。

                     

                    で、今回はちょっとプレミアムな1000円のプレミアムワンコインランチを。

                    メニューは、

                     

                     

                    タンシチューセット。これにデザートのアイスが付いて居ます。

                     

                     

                    メインディッシュのタンシチューは、ゴロゴロと肉が入っていて、

                    しかもホロホロに口の中で崩れるというか、溶けるというか、

                    実に丹念に煮込んだもの。タン以外には、じゃがいもに人参、

                    それに小玉ねぎが入っています。

                    ソースもタンを引き立てる味わい深いもの。

                    この一皿で、十分に満足できる味と量です。

                     

                     

                    そしてサラダもレタス、きゅうり、トマトがたっぷりと入って、

                    オニオンドレッシングもいい味です。

                     

                    お昼にちょっとリッチな気分を手軽に味わえる一品でした。

                     

                    | 弘前りんご | グルメ | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    新たな謎と冒険への旅立ち_MYST 4 revelation
                    0

                      1990年代、買ってやった子供より親の私のほうが夢中(^^;)になっていたゲーム、MYST。

                      その続編(MYST URU Complete Chronicles)に偶然出会って購入したのが昨年の秋。

                       

                       

                      インストールに手こずり、諦めかけたのですが、数週間後に解決して無事インストール。

                      しかし、ゲームそのものが難易度が高く、終了までに5ヶ月もかかってしまいました。それでも、その間次々に現れる30年近く前のCGとは思えない見事な映像に魅了され、また完全制覇した時の達成感は十分にありました。

                       

                       

                       

                      それから2ヶ月、MYST_ロス状態でしたが (^_^;)、その更に続編が入手出来ました。

                      それが、MYST 4 revelation。

                       

                       

                       

                      今回はすんなりインストール出来ました。

                      しかし、起動してみると、Uruのときとはシステムが違い、操作感が異なります。慣れるのに時間がかかりそうです。それもまた楽しいのですけどね。

                      今回も慌てず、急がず、ちょっとずつ楽しもうと思います。

                       

                      それにしても、同ジャンルのゲームがこの後全くと言っていいほど出ていないのが、なんとも残念です。それほど完成度が高いということでもあるのかもしれませんが。

                      | 弘前りんご | エンターテインメント | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      伊東忠太動物園
                      伊東忠太動物園 (JUGEMレビュー »)
                      藤森 照信,伊東 忠太
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      + 本ブログへの訪問者数
                      20140518 13時 60000人到達
                      + Amazon
                      + にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
                      にほんブログ村 弊ブログが気に入ったら、ボタンを押してください (*^_^*)
                      + Google Adsense
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE