弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
暑中お見舞申し上げます。目にも耳にも涼し気な音楽をどうぞ。ヘンデル ”水上の音楽”
0

    (せめて音楽だけでも)

    暑中お見舞申し上げます。

     

    連日の猛暑、いい加減うんざりしてきますが、これを乗り切らない限り、麗しき秋がやって来ません。

     *** 尤も、それは関西だから言えることで、

        この前まで住んでいた青森・弘前なら、

        なんとか夏がもっと続いて、

        短い秋の後の雪に閉ざされた

        あの冬が来ないことを願ったものですが ^^;)

     

    そこで、目にも耳にも涼し気な映像と音楽をお届けします。

     

    (ヘンデルの水上の音楽)

     

      

     この曲(ヘンデルの水上の音楽)が演奏されたとされる、テムズ川

     

     この水上の音楽は3つの組曲から成り、中でもこのアラホーンパイプが華やかさでは群を抜いているでしょう。

     単独で演奏されることも多いですね。

     

     ヘンデル:水上の音楽 第二組曲 アラホーンパイプ

     https://www.youtube.com/watch?v=4TbeIl8WERo&list=RD4TbeIl8WERo&start_radio=1&t=12

     https://www.youtube.com/watch?v=_A5_kDNlFRM

     

    (この曲が作曲された背景)

     

    詳しく書けば、今のドイツの一地域にあたるハノーヴァー選帝侯領の宮廷楽長を務めていたヘンデルが作曲した、いわゆる機会音楽(なにかのイベントで演奏するために作曲された)ですが、ヘンデルの代表曲のひとつとなっています。

     

    テムズ川上のジョージ1世とヘンデル(19世紀の想像図、wikipedia)

     

    その機会(イベント)とは、彼が仕えていたハノーヴァー選帝侯がイギリスの国王ジョージ1世として就任して、その国王のテムズ川での舟遊びの際に、楽士を載せた船を浮かべて演奏させたというもの。

     

    ジョージ1世(グレートブリテン王、ハノーヴァー選帝侯、wikipedia)

     

    従来の説

    その作曲の経緯として、これまで言われていたのが、ヘンデルがイギリスの新国王と和解するためという説

    1710年からハノーヴァー選帝侯の宮廷楽長でありながら、1712年からのイギリス滞在が長引き、帰国命令に従わずに先延ばしにしていたら、1714年に選帝侯が国王になってイギリスに乗り込んできちゃったから、さあ大変 ^^;)

    ここは詫びを入れるしか無いと踏んで、この音楽を演奏してヨイショしたら、国王もこの音楽を大いに気に入ってめでたしめでたし、というもの。

     

    最近の説

    しかし、上記の説は現在では研究者の間では否定的。

    そもそもこの曲の記録に残る演奏は1717年が最初。ヨイショするには遅すぎます ^^;)

     

    それに代わる別の説は、ヘンデルのイギリス渡航は、ジョージ1世の派遣によるというもの。

    当時のヨーロッパの王室間では、姻戚関係が色々と結ばれていました。彼の又従妹で当時のイギリス王朝のアン女王(ステュアート朝)には跡継ぎがおらず、女王の死でその王朝が断絶。母方の親戚になるハノーヴァー選定候が国王に就任するのは時間の問題と言われていました。

    その彼が、イギリス王室の内偵役にヘンデルを先にイギリスに行かせたのではないかと言われています。(ほんまかいな ^^;)

    そしてめでたく新国王に就任したジョージ一世はヘンデルに、船遊びの曲を作曲させたということです。

     

    またそれに関連した別の説では、ドイツに生まれ育ったジョージ一世は英語を全く解さなかったので、国民の評判が今ひとつ芳しくありませんでした。そこで今のようなSNSのない時代、その宣伝をヘンデルが買って出て、テムズ川での舟遊びに晴れやかな音楽を演奏させて世間に対して印象操作^^;)

    それが成功して新国王の庶民の評判も大いに上がったという見方もあります ^^;)

     

    しかし、本当のところはまだまだ解明の余地がありそうです。

    そしてそんなこととは関わりなく、素敵な曲が後世に残されたことを素直に喜べばいいのでしょう。

    (ここまでいろいろと書いてきて、最後に自分でちゃぶ台返しして、どうする ^^;)

     

     

     応援のお願い 

    フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

    FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
    しかし、それはブログランキングには反映されません。
    恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

     


     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #音楽 #クラシック #涼しげ #水上の音楽 #ヘンデル #ハノーヴァー選帝侯 #イギリス国王 #テムズ川 #舟遊び #機会音楽

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

    | 弘前りんご | 音楽 | 06:19 | comments(0) | - |
    完ツユの背徳感を忘れさせてくれた ^^;)魚介出汁ラーメン(中華屋食堂 真心 ShinShin 西宮北口)
    0

       

      (完ツユの背徳感 ^^;)

      昨今の健康志向の世情から、いつしかラーメンのつゆを飲み干す(完ツユ)のは、勇気が要るようになりました。

       

      そこで完ツユではなく、1ミリだの、5ミリだのと、ほんの少しだけスープを残して、その後ろめたさを払拭しようと務める人も ^^;)でもそんなの、スープの全量からすれば、誤差も誤差。要はそんな言い訳で自分をごまかせるかどうかの問題でしょう。

       

      それより、美味しいから全部飲んだと正直にカミングアウト(までせんでも、納得)すれば、1−5ミリ、言い訳とともに残すより、よほど精神衛生上も、そして結果的に、体にもいいのではないかと愚考いたします ^^;)

       

      (西宮北口の新しいラーメン屋、ShinShin)

      さて、西宮北口でクオリティの高い料理を、手頃な値段で提供してくれる和食のお店に、”だんらん処 心”があります。

       http://kitamahokif.jugem.jp/?eid=3205

       

      夜の会食にも、ランチにも、納得の行く料理を、出してくれます。

       

       

      そんな”心”が、中華屋食堂 真心 Shin-Shinを7月に開業しました。

      "心"が出す店だから間違いはなかろうということで、ランチに出掛けました。

       

       

      以前、魚介系バル ペッチェがあったところです。ほぼそのままのレイアウトで魚介バルから中華屋食堂に変身したようですね。

       

      (何を注文したか)

      ランチメニューはこちら。

       

      ラーメン系だけでなく、中華バルのような、中華料理の一品がメニューに並んでいます。

       

       

       

      ランチは、グランドメニューの単品に、ライスとあと小鉢などが付く定食形式です。

       

      魚の美味しい店なので、それに期待を掛けて、魚介出汁ラーメンにしました。

       

       

      ライスは余計かなとも思ったのですが、デフォルトで付くと言うのでいただきました。

       

       

      小鉢の中は、バンバンジーでした。ちょっとピリ辛で美味しかったです。

       

       

      ラーメンのトッピングは、大きな海苔、ゆで卵、チャーシュー、三つ葉、棒シナチク、海藻(あおさ?)でした。

       

       

      麺は、博多ラーメンのバリカタの雰囲気の細麺を採用しています。量も見た目以上にありました。

       

      (魚介出汁の素晴らしさ)

      しかし、何よりその澄んだ魚介系出汁の旨さ

      さすが出汁の旨さに定評のあるお店が出すだけのことはあります。

      弘前のラーメンの名店”おお田”を彷彿とさせます。

       

      この出汁だけでも、いつまでも飲んでいた気がしました ^^;)

      まあそういうわけにも行かず、完ツユするのも気が引ける思いがいささかしていました。

       

      そこに ”そうだ、ご飯があった” という天啓が降りてきたのです! ^^;)

       

      ということで、麺を食べきった後、白飯(〆の追い飯?)をこのスープの中に入れてみました。

      すると魚ダシのお茶漬けというか、リゾットと言うか、素敵な食べ物に変身しました。

      そして入れたごはんを食べ終わると同時に、スープもすっかり無くなっていたのです。

       

      しかし、ラーメンのときの完ツユをしてしまったという悔恨の思いはありませんでした ^^;)

      茶漬けやリゾットで、完ツユ云々などという議論はありませんので、一滴残さず(?)食べてしまって、大変満足しました。

       

      それって、問題のすり替えじゃないの?というツッコミはスルーします ^^;)

       

      中華屋食堂 真心 Shin-Shin
         ラーメン、中華料理、油そば
      住所:兵庫県西宮市甲風園1-6-2 セントラルビル 1F
         阪急西宮北口駅より徒歩5分
      営業時間
       【日曜日】
         17:30〜2:00
       【月・火曜日】
         11:30〜15:00  17:30〜23:00
       【水〜土曜日】
         11:30〜15:00  17:30〜2:00
      定休日: 無休
      支払方法: カード不可、電子マネー不可
      タバコ:全席禁煙
      駐車場:無

       

       

       応援のお願い 

      フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

      FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
      しかし、それはブログランキングには反映されません。
      恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

       


       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

       

      #グルメ #ランチ #西宮北口 #中華屋食堂 #Shin-Shin #魚介出汁ラーメン #完ツユ #追い飯 #リゾット #茶漬け #弘前 #おお田

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの北のまほろば掲示板  

      | 弘前りんご | グルメ | 05:47 | comments(0) | - |
      まめ台風1号、2号は、去って行きました ^^;)
      0

        (アベックまめ台風は去る)

        二週間の帰省を終えて、娘夫婦と孫たちは帰って行きました。

         

         

        はなは、お気に入りの絵本を持って、すたすたと、はるかはお母さんに抱っこされて、車に向かいます。

         

         

        武漢肺炎ウイルス禍下、車で移動するのが濃厚接触を避ける方法ということで、来るときも、もちろん帰るときも車です。

        途中一泊して帰るとのこと、長い道中気をつけて!

         

         

        チャイルドシートに座るころに、ちょっと名残惜しい表情に。

         

         

        そして一行2人と2つの豆台風は去って行きました。

         

         

         応援のお願い 

        フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

        FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
        しかし、それはブログランキングには反映されません。
        恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

         


         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

         

        #帰省 #孫 #娘夫婦 #車 #三密を避ける #帰っていきました

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの北のまほろば掲示板  

        | 弘前りんご | 日常 | 17:01 | comments(0) | - |
        男の時短料理 (*^^*) ボロネーゼ風トマトリゾット?
        0

          (安請け合い)

          先日家人が明石に演奏に行った際、帰りが夕方近くになるとのことだったので、”じゃあ夕飯は私が作るよ”と安請け合い ^^;)

           

          ところが、急用が生じて(と言っても在宅でしたが)それに取り紛れていて、時間が立つのを忘れていました。

          家人から、これから明石を出るという連絡を受けて(ということは後1時間ほどで帰宅)、夕飯を作らねばならないことをはたと思い出しました。

           

          今から時間的に凝った料理を作ることは難しいので(元々実力的にも無理ですが ^^;)簡単、時短で作れるものをと考えて、ボロネーゼ風トマトリゾット(何や訳わからん ^^;)にしました。

           

          (作り方)

          作り方はいたって簡単。

          お米をといで、炊飯器に入れ、普通どおりに水を入れます。(実は水の量は調節したほうが良いことは、後で分かったのですが)

          そこに市販のレトルトのパスタ用のボロネーゼソースを入れます(メーカーはどこでもOK、2合の米なら一人前のソースで足りますが、二人前入れてもOK、というアバウトさ)

          そして塩を、味の調整のために少々入れてよく混ぜます。

          最後に生のトマトを丸ごと(ただし爆発するのを避けるため、包丁で切り目を入れておく必要がありますが)入れて、普通に炊飯します。

           

          45分ほどで炊きあがったのがこれ。

           

           

          しゃもじでざっくりと混ぜて、皿に盛り、パルメザンチーズを掛け、パセリを振って完成です。

           

           

          ただ、炊飯時に普通の水の量にしたんですが、リゾット感?を出すには1−2割ほど水を増やしたほうが良かったですね。

          見た目チキンライスみたいになっていますから ^^;)

           

          でもトマトの酸味とボロネーゼソースのミートソース感が相まって、まあまあの出来でした。

           

           

          食後のデザートは、近所のパン屋”パンの小屋”のアップルパイ (*^^*)

          濃いめのコーヒーが良く合いました。

           

           

           

           

           応援のお願い 

          フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

          FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
          しかし、それはブログランキングには反映されません。
          恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

           


           

          ブログランキングに参加しています。
          皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
          気に入ったら、
          上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
          ご協力、ありがとうございます (*^^*)

           

           

          #グルメ #夕飯 #男の時短料理 #ボロネーゼソース #リゾット #トマト #チキンライス

           

          * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの北のまほろば掲示板  

          | 弘前りんご | グルメ | 05:31 | comments(0) | - |
          まもなく帰ります。孫の居た夏 (*^^*)
          0

            (今回は2週間)

            前回は、孫二号のはるかが生まれる前後の5ヶ月という長期間でしたが、今回は娘夫婦が夏季休暇を兼ねて帰省した2週間。

            あっという間でした。

             

             

            とはいえ、この時期の子供の成長は目覚しく、運動量も半端なくて、ばあばもじいじも体力の消耗が激しいです。

             

             

            でも、それを補って余りある、かけがえのない時間を与えてもくれました。

             

             

            孫一号のはなは、もう一人前に大人と会話をします。(こちらが聴き取れない言葉は、まだまだありますが)

             

             

            家人がある曲をピアノを弾いたら、すかさず ”お風呂が沸きました!”と。

            そう、我が家のお風呂の給湯器は、お湯がたまるとその音楽と共に、”お風呂が沸きました”とアナウンスされるんです (*^^*)

            音楽の才能があるのでは? と、ジジバカ丸出しの感想が浮かびました ^^;)

             

             

            はるかも、表情が豊かになり、這い這いなどの行動も随分としっかりとしてきました。

             

             

             

            ばあばのジーンズがお気に入りで舐め舐め ^^;)

             

            次の帰省はいつになるか、そしてまた成長した姿をみることができるのが、今から楽しみです。

             

             

             応援のお願い 

            フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

            FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
            しかし、それはブログランキングには反映されません。
            恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

             


             

            ブログランキングに参加しています。
            皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
            気に入ったら、
            上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
            ご協力、ありがとうございます (*^^*)

             

             

            #夏休み #孫 #帰省 #著しい成長 #体力消耗 #まもなく帰ります

             

            * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

            弘前りんごの北のまほろば掲示板  

            | 弘前りんご | 日常 | 06:18 | comments(0) | - |
            なに!魚介豚骨ラーメンにブルーチーズソース? 異色のマリアージュは果たして。(島田製麺食堂、宝塚)
            0

              (つけ麺とは)

              ラーメンの一種である、つけ麺(店によっては、もりそば、つけそば、ザルと呼ばれることも)はいつ頃から登場したんでしょうか?

              一説によると、東京のラーメン店大勝軒の店主であった山岸一雄が開発・商品化したらしいです。

               

              典型的なつけ麺(wikipedia)

               

              初めてつけ麺なるものに出会った時、どうせ食べるときに一緒にするのに、なんでわざわざラーメンの麺とスープを分けるのか、意味不明と思いました。

              わざわざ自分で打ったボールを探して芝生の上を彷徨う、ゴルフのような理不尽さを感じたものです ^^;)

              (ゴルフマニアの方、ごめんなさい m(_ _)m)

               

              話を元に戻して。

              元々は、お店で営業後に余った麺を、湯呑に注いだスープに漬けて食べた、店員のためのまかない食だったようです。

              それを見た客たちが自分も食べたいと言い出し、色々と工夫した後、商品化して店でも出すようになったとか。

               

              (麺とスープを分けることのメリットはなにか?)

              まず、ラーメンでは不向きな極太麺が使用出来て、麺そのものの食感、味わいを楽しめるようになること。

              そして、やはり別にすることによって、スープのバリエーションをつけやすくなったこと。

              これが主なメリットでしょうか。

               

              一方、極太麺なので湯掻くのに時間が掛かり、元々ファストフードであったラーメンより提供が遅れることがデメリットと言えば言えるでしょうか。

               

              (どこもかしこも、つけ麺だらけ?)

              つけ麺は一般に認知されて、今ではつけ麺専門店が全国に登場しています。

              そして通常のラーメンを提供するラーメン店まで、つけ麺のメニューを追加するようになっています。

              そうなると、実にいろんなつけ麺を出す店も登場してきています。

               

              (宝塚市役所前の島田製麺食堂)

               

               

              さて、今年7月はじめに宝塚市役所前に、つけ麺を提供する”島田製麺食堂”がオープンしました。

               

               

              何でも、つけ麺のスープがグツグツと煮えたぎる石焼で提供するとか。

              ということで、新しい物好きの心が騒ぎ、行ってきました ^^;)

               

               

              オープン間もない事ゆえ、店内は当然新しく、バイトの若者たちも、慣れないのかちょっとぎこちなさを感じるものの、元気いっぱいやっている感があって、好ましく感じました。

               

              (何を選んだか?)

              さて、入口を入ってすぐの券売機で食券を買うスタイル。

              色々と迷いましたが、濃厚魚介豚骨つけ麺+ブルーチーズソース+ダイブめし、というのが目に入りました。

               

              店員さんイチオシのメニューは別にあったのですが、好奇心が勝って、気がつくと(?)これのボタンを押していました ^^;)

               

              10分ほど待つと、やってきました。

               

              濃厚魚介豚骨つけ麺+ブルーチーズ+ダイブめし

               

              赤いレンゲの上にほのかに青い、ブルーチーズソースが載っています。

               

               

              全粒粉の極太麺です。

               

              そしてつけ汁の方ですが、

               

               

              たしかにグツグツと煮えています。

              香りは濃厚な魚介豚骨スープのもの。

               

               

              中にはコロコロチャーシューが結構な量入っています。

               

              まずはそれに麺を漬けて食べました。

              濃厚な魚介のだしと豚骨のスープが太麺によく絡んで来ます。

               

               

              次にレンゲに載ったブルーチーズソースをスープによく混ぜて、改めて麺を漬けて食べると、見事に味わいが変わります。ブルーチーズが得意でない人でも、いけるのではないでしょうか。

              魚介豚骨スープにブルーチーズが合うとは、選んでおきながら今更ですが、驚きました。

              この組み合わせはありですね。

               

              麺(普通盛り、200g)を食べても結構スープが残るので、ダイブめし(店によっては追い飯とよんでいるところも)を文字道理スープにダイブさせて (*^^*) リゾット感覚でいただきました。

               

               

              これで、ブルーチーズが入った濃厚なスープを十二分に味わえますね。

               

              大変満足して帰宅の途に着きました。

               

              島田製麺食堂 宝塚店(つけ麺、ラーメン)
              電話:0797-72-1700
              住所:兵庫県宝塚市伊孑志4-2-5
                 阪急逆瀬川駅徒歩16分
              営業時間:
              [月・水〜日]
              11:00〜15:00
              17:00〜22:00
              定休日:火曜日
              支払い方法:カード不可、電子マネー不可
              席数:25席
              (カウンター5席 テーブル20席)
              タバコ:全席禁煙
              駐車場:目の前の市役所の駐車場1時間無料

               

               

               応援のお願い 

              フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

              FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
              しかし、それはブログランキングには反映されません。
              恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

               


               

              ブログランキングに参加しています。
              皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
              気に入ったら、
              上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
              ご協力、ありがとうございます (*^^*)

               

               

              #ラーメン #つけ麺 #大勝軒 #宝塚市役所 #島田製麺食堂 #濃厚魚介豚骨 #ブルーチーズ #ダイブめし

               

              * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

              弘前りんごの北のまほろば掲示板  

              | 弘前りんご | グルメ | 11:12 | comments(0) | - |
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>
              + RECOMMEND
              + RECOMMEND
              + RECOMMEND
              + RECOMMEND
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
                弘前りんご (05/24)
              • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
                takehope (05/24)
              • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
                弘前りんご (05/14)
              • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
                大野博文 (05/14)
              • 華麗なるカレーの世界?
                Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
              • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
                てんし (11/27)
              • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
                弘前りんご (10/29)
              • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
                てんし (10/26)
              • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
                葛西美幸 (10/23)
              • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
                てんし@弘前 (10/14)
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + Google Adsense
              + Google AdSense
              + Google Adsense
              + Gracia
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE