弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
昨晩は、弘大医学部の関西圏人会の追いコンでした。(会場は土手町のアルポルト)
0

    関西圏人会の、関西圏が指すエリアは広いです。

    西は広島、東は三重あたりまで ^^;)

     

    この会は、弘前大学に入学する前に、そこで生まれ育った、あるいは大学がそのエリアだったなど、関西圏に縁があった学生さんの集まりです。実質的な活動は年2回、新歓と追いコンだけですが、本州最北端に入学してきた学生さんを、同じ出身、関係者でもてなそうということで始まったようです。

     

    私が参加するようになって10年ほどになりますが、それまでは学生だけの会でした。

    新歓のときには、どの先生の授業、試験がたいへんだとかを先輩から聞いて居るんでしょうか、知らんけど ^^;)

     

    今回は追いコンでした。会場は、いつもの土手町にあるアルポルト

     

    DSC08721.JPG

     

    他の学部からすればちょっと早いという印象がありますが、医学部はこれから医師になるうえでの最大の難関の一つ、医師国家試験の勉強がありますから、例年このくらいの時期に早々とやるようになっています。

    私も来年3月で卒業ということで (^_^;) 花束をいただきました。

     

    DSC08699.JPG


    今回の卒業生は、広島出身の浅田さん。

    卒業後は、広島で初期研修を受けるとのことでした。
    DSC08675.JPG

     

    DSC08687.JPG

     

    DSC08705.JPG

     

    6年間の医学生生活、中にはそれより長い(^^;)、あるいは短い(学士編入学)人も居ますが、それを終えて一人の社会人として巣立って行くわけです。これまでは学生だというエクスキューズが在りましたが、春からは、最初は研修医といえども、一般の人、患者さんから見れば同じ医者になるわけです。

     

    医療に対する要求や見る目は年々厳しくなってきています。

    そんな中、これから色々と困難に遭遇するかもしれませんが、ぜひ乗り越えて、良い医師になってほしいものです。

    そんな時に支えになってくれるのが学生時代の友人だったりします。

     

    卒業しても、関西圏人会など、学生時代に培った人の輪を大切にしてほしいと思います。
    そして、弘前大学卒業生の名に相応しい活躍を期待しています。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。 
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #関西圏人会 #追いコン #アルポルト #コソラット

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 日常 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    友情と、妻への愛が生んだ、珠玉の名曲達 _ バルトーク 管弦楽のための協奏曲、ピアノ協奏曲第三番
    0

      自分の信じる芸術のために我が身を捧げて、極貧の内に死を迎えた画家や作曲家などの芸術家達が居ました。


      我々は、彼らの正に自らの命を削って生み出した珠玉の作品を授けられているわけです。合掌 m(_ _)m

      敗戦後の混乱期、法職にある身でヤミ米を食べる訳にはいかないと、筋を通し続けて餓死した裁判官が居られたとか。

      芸術の世界も似た側面があります。


      バルトーク・ベラ 1881年3月25日 - 1945年9月26日 wikipedia、なお、ハンガリーでは、姓・名 の順に記載します)

      さて、近現代のクラシック音楽の作曲家で欠くことのできない作曲家、バルトーク
      第二次世界大戦の混乱の中、台頭するナチスなどからの難を避けて、自由の大地アメリカに渡ります。


      しかし、彼の芸術を受け入れる機運がアメリカには、まだ十分には醸成されていませんでした。

      時代はシェーンベルクなどの無調、12音主義の現代音楽が主流となり、アメリカもその洗礼を受けていました。

      バルトークもヨーロッパに居る頃は。バリバリの無調の音楽を書いていましたが、ヨーロッパを離れる頃には、ハンガリーの民族音楽の採譜、研究の成果が実ったこともあり、彼独自の調性感を持つ作風に変わって行きました。しかしそんな彼を世間は時代遅れ、あるいは時代に逆行する過去の作曲家だと見なしました。

      今から見れば、それが見当外れだと言えますが、当時の機運はそうだったのが、彼には災いしました。

       

      また元々人付き合いが苦手な性格も災いして、バルトークは生活費にも事欠くような苦しい生活を余儀なくされます。

      そして悪いことに病に倒れます(白血病)。そのため、すっかりバルトークは作曲の意欲を失ってしまいました。


      (セルゲイ・クーセヴィツキー 1874年7月26日 - 1951年6月4日 wikipedia)

      そんな窮状を見かねて、彼に救いの手を差し伸べたのが、指揮者クーセヴィツキー
      ただ、金銭による支援では誇り高いバルトークは受け入れないと考えた彼は、作曲を依頼します。

      当時としては破格の1000ドルでの依頼でした。

       

      バルトークは、健康がすぐれず、完成させる自信がないと断ろうとしましたが、クーセヴィツキーは、この依頼には期限は無いからと、作曲することを納得させます。そうするとバルトークも、気力が回復したのか、作曲に取り組み、なんと2ヶ月という短期間で完成させます。その結果生まれたのが、20世紀の代表的な名曲 ”管弦楽のための協奏曲”です。

       

      この依頼には、ハンガリーからの移住を助けた、指揮者のフリッツ・ライナーやヴァイオリニストのヨーゼフ・シゲティ等からの助言もあったようです。いまでは、国際指揮コンクールの課題曲の常連伴っているようですね。それだけ演奏が難しいということでもあるのでしょうが。

       ライナー指揮、シカゴ交響楽団 ”管弦楽のための協奏曲” この作品の代表的名演でしょう。

       https://www.youtube.com/watch?v=34GPrH9ZKLQ


      おかげで、病も小康状態を得て、その後に最晩年の名曲をいくつが作曲することができました。

      無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、未完成に終わったけれどもヴィオラ協奏曲、ピアノ協奏曲第3番

      この内、ピアノ協奏曲第3番は、自分の死期が近づいていることを感じ取ったバルトークが、あとに残される妻 ディッタ(優れたピアニストだったそうです)がピアニストとして生計が立つようにと、彼女の誕生日のプレゼントとして作曲されました。


      そのせいか、その前の2つの益荒男(ますらお)振りなピアノ協奏曲に比べて、やわらかな楽想が多く、ピアノの演奏も打楽器的な奏法が控えめになっています。そこにはバルトークの妻への愛情が込められている気がします。

       

      我々は、管弦楽のための協奏曲並びにその後の名曲の誕生を促してくれた、クーセヴィツキーらの友情にも感謝しなければいけませんね。

      アンドラーシュ・シフ(András Schiff)バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 Sz 119 
      http://www.youtube.com/watch?v=l7J7L53b8U0 

       

       

      ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
      気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #バルトーク #友情 #管弦楽のための協奏曲 #クーセヴィツキー #ライナー #シゲティ #ピアノ協奏曲第三番 #妻への愛

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 音楽 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
      だれや! Johann Nicolaus Graf de la Fontaine und d'Harnoncourt-Unverzagt って (^_^;)
      0

        1929年12月6日にお生まれになったこの方の出生名の長いこと。

        そう、古楽演奏の旗手だった、あのニコラウス・アーノンクール氏のことです。

        ハプスブルグ家の流れをくむ名門Unverzagt家の生まれで、貴族(伯爵)でした。

         

        ニコラウス・アーノンクール(1929.12.6-2016.3.5 wikipedia)

         

        ちなみに、その翌年の1930年の同日に、浪速のモーツァルトこと、キダタロー氏が生まれています (^_^;)

        ”もしキダが200年早く産まれていれば、今頃はモーツァルトの方が『ウィーンのキダ・タロー』と呼ばれていただろう”と、言われたとか言われなかったとか (^_^;)

         

        話をアーノンクールに戻します。

         

        モダン楽器で、ビブラートを効かせる奏法は、おおよそ19世紀以降の主流となりましたが、それ以前、少なくともバロック時代の演奏は、そのようなものではなかったと考えられています。

         

        コンサートホールでも十分聴きごたえのある大音量を出せるように改造されたモダン楽器ではなく、それ以前の古楽器(もちろん当時は古かった訳ではありません、あくまでモダン楽器に対するそれ以前の楽器)を用いて、ピリオド奏法(曲が作られた当時の奏法で、一般的にはビブラートを用いない)によって、演奏されていたと考えられます。

         

        その様式に則って、単に当時の音楽を再現するのではなく(ここが誤解されやすいところなんですが)、音楽を再創造し、クラシック音楽に新しい息吹を吹き込むというのが、古楽運動の理念です。

         

        折しも、同じ時期、オランダのチェンバロ奏者レオンハルトや、リコーダーのブリュッヘンらが同じく古楽運動を始めており、共に活動することで、一大ムーブメントを作り出しました。

         

        そして、今ではモダンと古楽は対峙するのではなく、融合すると言う言葉の通り、著名なオーケストラ、たとえばベルリン・フィルなども、そういう奏法を取り入れて演奏するようになりました。

        そして、アーノンクールも、自身の作った古楽演奏のためのオーケストラだけでなく、ベルリン・フィルやウィーンフィルに呼ばれて指揮をするまでに時代は変わりました。

         

        惜しくも2015年に引退し、その翌年の2016年に亡くなりましたが、引退の直前まで意欲的な演奏活動を続けていました。

         

        ちょっと早いですが、彼の手兵、ウィーン・コンセントゥス・ムジクスによる、バッハのクリスマス・オラトリオをお聞き下さい。

         

         

        ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
        気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

         ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #アーノンクール #古楽演奏 #ピリオド奏法 #誕生日 #キダタロー #浪速のモーツァルト

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        | 弘前りんご | 音楽 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        旅屋おかえり [ 原田マハ ]
        旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
        ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

        旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

        またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

        旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

        そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

        まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          弘前りんご (12/02)
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          河野 實 (11/28)
        • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
          弘前りんご (10/27)
        • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
          坂上和政 (10/27)
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          弘前りんご (10/21)
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          河野 實 (10/21)
        • 今年はレオナール・フジタの没後50年_東京都美術館、藤田嗣治展
          dezire   (10/09)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          弘前りんご (09/24)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          河野 實 (09/24)
        • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
          イーザス (09/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE