弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< LCC日本就航がもたらす影響 | main | ロマンスも健康であればこそ。 >>
自然への崇敬、畏怖_日本人の宗教観
0
    鬱蒼とした森や朝の光、こういったものに心を揺さぶられる、あるいは思わず身を正して厳粛な気分になるのは、日本人の特性という気がしますがいかがでしょうか


    日本アーカイブスより( http://nipponarchives.jp/ )


    (三輪神社二の鳥居 wiwkipedia)


    (岩木山神社 wikipedia)

    日本人が仏教の伝来する以前からずっと持ち続けてきた宗教観、あるいはもっと漠然とした自己を超越したものへの畏怖、崇敬の念は、自然界に向けたものだったように思います。従って伊勢神宮のような由緒ある神社が鬱蒼とした森の中にあるのは至極当然のことなのでしょうね。それに奈良の大神神社(三輪神社)や岩木山神社は、山そのものがご神体です。それらの前に立つと自然と手を合わせたくなる気持ちは、日本人のDNAに書き込まれているように思います。

    その素朴な自然を大切に思う気持ちを、どこかに置き忘れてきたことが、おごり高ぶりを生む、いわば現代日本人の宿痾となっているようにも思います。
     
    | 弘前りんご | 社会 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/327
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      弘前りんご (09/12)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      てんし (09/12)
    • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
      菊地 尚則 (08/19)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      弘前りんご (08/12)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      今井 正治 (08/12)
    • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
      弘前りんご (07/19)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE