弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< 今日1月6日は、火刑台に消えたオルレアンの少女、ジャンヌ・ダルクの誕生日 | main | はなちゃん、お姉さんになる。 >>
前川國男からアントニン・レーモンド_第二の人生で核となるものが定まったように思います。
0

    (弘前での前川作品との出会い)

    戦前、戦後の日本の建築界を牽引した一人、前川國男

    彼が設計した作品が弘前には8件あります。

    ・木村産業研究所(1932年):カッコ内は以下竣工年

    ・弘前中央高校講堂(1954年)

    ・弘前市庁舎(1958年)

    ・弘前市民会館(1964年)

    ・弘前市立病院(1971年)

    ・弘前市立博物館(1976年)

    ・緑の相談所(弘前公園内)(1980年)

    ・弘前市斎場(1983年)

     

    木村産業研究所

    1番目の木村産業研究所は、1932年竣工で彼の実作1号

     

    弘前市斎場

     

    最後の弘前市斎場は1983年竣工

    最後の作品(東大山上会館)が1986年であることから、弘前での作品は彼の建築家人生の始まりから終わりまでをカバーしていると言ってもいいと思います。

     

    こんなにも弘前に彼の作品が多いのです(東京を除けば、地方ではダントツ1番の数)。

    その理由は、ひとつには彼の母親の生家が弘前藩士だったということもあるでしょう。

    そしてフランス留学(ル・コルビュジエ門下)から帰っての第一作が弘前での木村産業研究所だったという縁もあるのではないでしょうか。

     

    (建築の面白さ)

    前川作品に出会って、建築に目を向けるようになると、津軽は実は建築に関しても面白い土地だと気づきました。

    明治の名大工の棟梁、堀江佐吉は弘前に数多くの和洋折衷様式の洋館を数多く建てました。

    手掛けた数は洋風建築以外も含めると、1500件とも言われています。

    現存する主なものは、

    ・旧第五十九銀行本店本館(現:青森銀行記念館/国の重要文化財)弘前市(1904年)
    ・旧弘前市立図書館(青森県重宝)弘前市(1906年)
    ・旧津島家住宅(現:太宰治記念館 「斜陽館」/国の重要文化財)五所川原市(旧金木町)(1907年)
    ・旧弘前偕行社(現:弘前厚生学院記念館/国の重要文化財)弘前市(1907年)

     

    旧弘前市立図書館

     

    もちろん、もっと前の時代の建物にも面白いものが弘前には多いです。

     

    そんなこんなで、素人ながら、文化遺産としての建築に関心を持つようになりました。

     

    (関西に戻って)

    10月に、退職を機に宝塚に転居して、しばらくは引っ越し関連でバタバタとしていました。

    そんな中でふと見た宝塚市報に、市内の歴史的建造物の見学会の案内が。

    それは小林聖心女子学院の建物の見学会でした。

     

    礼拝堂。尖塔が印象的です。

     

    本館の建物は、1926年にこの地に移転してきた際、アントニン・レーモンドが設計したもの。

     

    小林清心女子学院 本館正面

     

    アントニン・レーモンドは、フランク・ロイド・ライトの弟子で、旧帝国ホテル本館の建設に際して同行して来日し、その後も日本に設計事務所を設けて、数多くの作品を残し、日本の建築界に大きな影響を与えています。

    前述の前川國男も一時期、彼のもとで働いていました。

     

    小林聖心女子学院の建物(本館)は、レーモンドが師であるフランク・ロイド・ライトの強烈な作風から抜け出し、彼らしいものを作り始めた頃の作品。

    国の登録有形文化財になっています。

     

    (出会い)

    その見学会の説明をしてくださったのが、NPO法人 阪神文化財建造物研究会代表の藤井さん。

     

     

    建築士の観点からの要点を押さえた説明は実に面白かったです。

     

     

    見学が済み、構内の素敵な茶室でお茶を頂いて解散となったのですが、そのあと少し案内者の藤井さんにお話を伺いました。

     

    (NPO法人 阪神文化財建造物研究会(阪文建))

    阪神淡路大震災で多くの文化的価値の高い建物が倒壊等の被害にあった後、維持管理できずに解体される憂き目にあったのを目の当たりにした方々が何とかしたいと立ち上げた団体です。

    扱う対象は、これまで文化財として扱われてこなかった近代建築、歴史的建造物で登録文化財の指定を受けているものが中心で、

    その調査、維持、管理、そして啓もう活動を行っています。

     

    その活動に関心、理解のある人の参加を募っているところだとのこと。

    また、好きでもスキルが無いのでというと、会員は建築を専門としている方ばかりではなく、いろんな形で関与されているとのこと。これはもう運命だと思いました ( ^)o(^ )

     

    さっそく正会員として入会させていただきました。

    これまで歴史的な建造物に関心はあっても見るだけだったのが、ようやく積極的に関われることとなりました。

    本格的な参加、活動は新年からですが、忙しくなるぞうと今からワクワクしています。

     

     


    兵庫県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

     

    #弘前 #前川國男 #堀江佐吉 #洋館 #兵庫県 #小林清心女子学院 #アントニンレーモンド #フランクロイドライト #歴史的建造物 #登録文化財 #NPO法人 #阪神文化財建造物研究会 #第二の人生の核となるもの

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

     

     

    | 弘前りんご | 建築 | 05:14 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
      弘前りんご (05/24)
    • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
      takehope (05/24)
    • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
      弘前りんご (05/14)
    • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
      大野博文 (05/14)
    • 華麗なるカレーの世界?
      Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
    • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
      てんし (11/27)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + Gracia
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE