弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< 津軽麺紀行(168)_ 同じ裏メニューでも、今度は”かぐら” _ まる鐵二代目(弘前市境関) | main | 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。 >>
クラシック音楽 _ 一期一会の愉しみ
0

    (私のクラシック歴)

    クラシック音楽を聴いて来た時間の長さは相当長いと思います。

    音楽の授業などで、半ば強制的に聞かされるのではなく、自分から意図して聴くようになったのが中学一年生の頃ですから、かれこれ半世紀を越える (^^;) 長さです。

     

     

     

    (何をどう聴いてきたか)

    最初こそ音楽雑誌のおすすめの演奏だとか、FMで流れてくるものを聴いていました。しかし、生来のへそまがりからか、自分でなんとかレコードをお小遣いで買えるようになった頃から、有名曲の有名な演奏家のレコードというより、例えばレコード店の棚に並んだジャケットの印象とか、直感のようなもので選ぶようになった気がします。

     

    クラシックの曲とも一期一会と言う感があって、そうやって出会って誰も話題にしていなさそうだけど、自分的にはとてもしっくりと来る曲、演奏を楽しむようになりましたね。

     

    そうやって振り返ってみると、コンサートなどで取り上げられる有名曲はたしかにそうなる要素はあるにしても、かなり偏りがあるように思います。

    例えば、来日する海外の演奏団体の演目は、バロックアンサンブルならたいていヴィヴァルディの四季とか。オーケストラならベートーヴェンの有名なシンフォニーとか。

     

    (いわゆる通俗名曲だけでいいのか?)

    演奏家もマネージメント会社も商売ですから、売れてなんぼ。客を呼びやすい演目になるのはある程度しかたないにしても、ちょっと偏り過ぎではないかという気がします。

     

    話の最初に戻って、一期一会で出会った曲、演奏は世間的には大々的に取り沙汰されるものではないにしても、素敵な魅力あふれる曲はいっぱいあるということに気づきます。

     

    ヤン・シベリウス(wikipedia)

     

    (シベリウスはどうだ)

    例を挙げると、フィンランドの作曲家シベリウス。

    おそらく彼の名前を知らない人はあまりいないでしょう。

    しかし多くの人が知っている彼の作品、聴いたことがある曲といえば、フィンランディアか、ヴァイオリン協奏曲か、交響曲第2番が多いのではないでしょうか。というかそれ以外は、一般の人は殆ど知らないかと。

     

    フィンランディア

    https://www.youtube.com/watch?v=qOSaT6U4e-8

     

    しかし、交響曲だけでも7曲。そのほか交響詩、協奏曲、劇音楽、歌曲、ピアノ曲と多岐にわたります。恐らく、演奏会や放送で演奏されるものだけ聴いたとしたら、上記の3曲の以外を耳にすることは殆どないのではないでしょうか。

     

    交響曲で言えば、私は第6番がいちばん好きですし、

    https://www.youtube.com/watch?v=uV2Sh56TK_g

     

     

    ピアノ曲も実に魅力的です。

    ソナチネ Op.67-1 (ピアノ:グレン・グールド)

    https://www.youtube.com/watch?v=ZVR-PIGHpYI&list=RDZVR-PIGHpYI&t=10

     

    知らないでいるのは実にもったいないと思います。

     

    (そしてブラームスは?)

     

    ヨハネス・ブラームス(wikipedia)

     

    またブラームスの作品にしても、果たしてどれほど知られているか?

    私のピアノ曲のお気に入りは、必ずしもメジャーとはいえない、インテルメッツォ(間奏曲)集

    https://www.youtube.com/watch?v=j-rF98HSKNc

     

    こういった余り知られていない素敵な曲に出会えることが、クラシックを聞き続けている楽しみの一つなんです。

     

     


    青森県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    上の青森県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #シベリウス #ブラームス #知られざる名曲 #出会い #フィンランディア #グールド #ベルグルンド #インテルメッツォ

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの"北のまほろば掲示板

    | 弘前りんご | 音楽 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/3098
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      弘前りんご (09/12)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      てんし (09/12)
    • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
      菊地 尚則 (08/19)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      弘前りんご (08/12)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      今井 正治 (08/12)
    • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
      弘前りんご (07/19)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE