弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< 弘前市民会館での講演会(演者は本郷和人氏)の前に、三忠塩分町分店で腹ごしらえ。 | main | オペラ作曲家として一世を風靡するも、その後にオラトリオで再起を図ったヘンデルの最高傑作「サウル」 >>
学術講演会なのに、漫談よりもおもしろかった! 本郷和人氏講演会 _ 東北を歴史から考える − 津軽を中心に −
0

    (講演会)

    FBの友達から案内をいただいたので、弘前市民会館大会議室で開催された、本郷和人氏講演会を聴きに行ってきました。

     

     

    (講演会の案内の、FBページより)

     

    本郷和人氏は、日本中世史を専門とする歴史学者で、東京大学史料編纂所教授です。

    最近は、NHKの ”偉人たちの健康診断" という番組のコメンテーターとして、テレビで見た方も多いかと思います。

     

    会場の、弘前市民会館管理棟(ホールとは別の、大会議室のある棟)に向かいました。

    開始30分ほど前に着いてしまったのですが、すでに定員90名の席の半分以上は、お年寄りによって埋まっていました。

    まあ、平日の昼間なので、そうなるだろうとは思っていましたが、自分も客員研究員の自由の身になったおかげで来れました (^_^;)

     

    (講演会の内容)

    講演会は2部に分かれていて、第一部は主催団体”紫陽花の会 なとわ” による、日本のエネルギー問題を考えようという講演でした。

     

    2011年以降、国民の原子力アレルギー(多分に、当時の政府やマスコミの誘導によるものが大きいと思いますが)が発症しました。その直前には火力発電(石油、LPG,石炭)の電力量が66%だったものが、そのせいで2011年83%に拡大し、それまでのCO2温暖化の問題など吹っ飛んでしまった感があります。

    政府、マスコミ、そして国民の、CO2問題への取り組みが、いかにファッションに過ぎなかったかを、如実に示しています。

     

    また、日本のエネルギー自給率は2010年には20%あったものが、それ以降9.5%にまで落ちています。

    にもかかわらず、石油、LPGを中近東に依存し、地政学的に極めて高いリスク(いつ何時、その輸送路を遮断されるかもしれない)抱えています。

     

    この矛盾を解決するための最大の障害が、国民の無関心、無知だということです。

    こういった講演会が少しでもそれを改善できることを願っています。

     

    (本郷和人氏の講演)

    さて、本命の本郷和人氏の講演ですが、最初に枕として振られた話が、なんと、テレビに頻繁に出てくる大学の先生は偽物だというもの (^_^;) 大学にも、学会にも居場所がない(大事にされていない)人が、活路としてテレビに出ているというのです。

    ”お前はどうなんだ”とご自分でツッコんでましたが、本郷氏は自分は大学にも、学会にも居場所はあり、大事にされていると。

    ただ、家に居場所がないからテレビ(NHK、偉人たちの健康診断)に出ているんだという自虐的ギャグで、まず笑いを取っていました (^_^;)

    また、意外な津軽とのご自身のつながりも披露されて、聴くものを惹き込んでいました。

     

     

    しかしその後は、真面目なお話。もちろん笑いを取ることを忘れていませんでしたが (^o^)

    歴史学が学問として成立するためには、検証可能なことが重要で、そのためには一次資料(当時に成立した古文書等)が必要。それが無い場合は、考古学、民俗学を援用して、肉付けしていく必要があるとの意見に、納得しました。

     

    そして、津軽に即した話では、立ち上がるたびに何度も打ちのめされてきたと東北の歴史にスポットを当てました。

    その中で、なぜ津軽が江戸幕府にそれほどいじめられずに来たのかという問題を取り上げ、幕府のブレーンだった天海とのつながりなどで例証していきました。

     

    また、これまでの日本は西日本中心に進んできて、行き詰まってきている。まだまだ未開拓の余地がある東北を、学問研究だけでなく、社会的インフラの開発の対象とすることで、もっと発展できるのではないかという見解も披露されていました。

     

    講演時間1時間強、ほとんど息を切らす事なく話し続けるマシンガントーク (^o^)

    しかし、要所要所を締める展開で聴くものの気をそらすことが有りませんでした。

    その後の質疑応答も力が入っていました。

    出来ることなら、こんな講演を自分でもやってみたいなあ、というのが率直な感想でした。

     

    いずれにしても、有意義な会に参加できて、お誘いいただいた畑山さんには感謝です。

     

     


    青森県ランキング

     

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の青森県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #エネルギー問題 #原子力 #本郷和人 #講演会 #NHK #偉人たちの健康診断 #弘前市民会館 #大会議室 #東北を歴史から考える #津軽 #満天姫 #天海 #石田三成 #杉山源吾

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの"北のまほろば掲示板

    | 弘前りんご | 歴史 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/3091
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      弘前りんご (09/12)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      てんし (09/12)
    • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
      菊地 尚則 (08/19)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      弘前りんご (08/12)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      今井 正治 (08/12)
    • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
      弘前りんご (07/19)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE