弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
<< ランチさ迷い人(53)_ 久しぶりのワンコインランチ、それもプレミアムで _ 鮨覚(弘前安原店にて) | main | ランチさ迷い人(52)_ 久々に来々軒の五目チャーハンですが、変わらず美味しい。(弘前市茂森町) >>
悪魔から魂を取り戻して、愛する女性に捧げた?_ ニコロ・パガニーニのギター作品
0

     

     

    Nicoro Paganini(1782年10月27日 - 1840年5月27日、wikipedia)

     

    『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』映画オリジナル予告編より

     

    その容姿と超絶技巧を繰り出すヴァイオリンの演奏から、

    パガニーニは、悪魔に魂を売り渡して、その見返りにその超絶技巧を手に入れた』と噂されました。

     

    ニコロ・パガニーニ: ヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章『ラ・カンパネラ』 

    https://www.youtube.com/watch?v=NqhAB7gAZKk&index=3&list=RDshaARcop8RA

     

    ヴァイオリンの演奏で名高いため忘れられがちですが、彼自身作曲家であって、もちろんヴァイオリンの曲を作曲しましたが、ギターの作品も数多く残されています。ヴァイオリニストとしての表舞台から退いた1800年初頭あたりから精力的に作曲をしています。

     

    余談ではありますが、

    その頃のギターは、現代ギターとは趣の違う19世紀ギターという細身のもの。その音色はコンサートホールでの大音量の華やかな演奏より、サロンなどでの演奏に向くように感じます。

    さらに現代ギターと違うところは、各弦の響き(音色)がほぼ均一なこと。現代のギターは弦毎に音色が違い、例えばギターの神様と呼ばれたセゴビアはそれを活かした奏法(同じ音でも、どの弦で鳴らすのが、最もふさわしいかを熟知していた)で、魅了しました。そしてこれはあくまでロマン派以降のものでした。

     

     

    N. パガニーニ:ギターのためのメヌエットとロンド(19世紀ギターによる演奏)

    https://www.youtube.com/watch?v=L0bq1dlCaJ0

     

    ギターの曲を手掛けたのは、その当時の恋人がギタリストで、彼女のために作曲したためとも言われています。

     

    彼のヴァイオリンとギターのための二重奏曲集は、彼がその技巧の粋を尽くして演奏したヴァイオリンの曲とは全く趣が違い、実にチャーミングな曲が多いですが、それも上のような事情であれば、納得の行く話ではありますね。

     

    悪魔に売り渡した心を取り戻し、今度は女性に捧げたのかも ^^;)

     

     

    Paganini for two (Nicoló Paganini Works for Violin and Guitar)

    G. Shaham(Violin)、G. Sollscher(Guitar)

    1925年のヒット曲、ティー・フォー・ツー(二人でお茶を)をもじったタイトルですね (*^^*)

    素敵な曲ばかりですので、ぜひ一度お聞き下さい。

     

    https://www.youtube.com/watch?v=_3PBCq06brE&t=612s

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #パガニーニ #超絶技巧 #ヴァイオリン #悪魔に魂を売り渡した男 #ギター #二重奏曲 #恋人がギタリスト #ギルシャハム #イエランセルシェル

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2804
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
      藤田伊織 (05/08)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      弘前りんご (04/10)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      てんし (04/10)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      弘前りんご (03/11)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      にゃんこ (03/11)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      弘前りんご (01/01)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      takehope (01/01)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      弘前りんご (12/02)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      河野 實 (11/28)
    • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
      弘前りんご (10/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + ポーラ
    + Google Adsense
    + 特別な日のサプライズ メリアルーム
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE