弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 板柳町界隈 II. 教会カフェ | main | いつかはクラウン! じゃなかった、カフェのマスター? >>
ルネサンスここに始まる。ドレの神曲を読んで。
0

    ギュスターブ・ドレの版画のおかげで読破できたダンテの神曲、これがなぜ
    ルネサンスの開始宣言とも云うべき記念碑的な作品なのかが、ようやく合点が
    行きました。


    (ドレの神曲の中の版画 平凡社)

    煉獄編の中において、ダンテが 
    ”人間が神によって作られたならば、どうして世は乱れ、
    道徳や徳が消えうせ、逆に悪は栄えるのか?”
    と問うたのに対して、マルコ答えた言葉が、
    ”万事が神によって定められているのならば、生まれる意味がどこにある?
    天が人間の動きを呼び起こすが、それを人が知り、光として、そしてそれを自らの
    力としてゆくならば、天の動きにすら打ち勝てるはずだ。それが自由というものだ。
    乱れは君たちの中にある。”

    ルネサンスというと、多くは芸術作品において語られることが多いですが、本質は
    その精神の中にあります。それが作品として結実したのが、ダ・ビンチの絵で有り、
    ミケランジェロの彫刻だと云うことです。そしてその時代精神、キリスト教のくびき
    によって閉塞していた人間の精神を解き放とうする意識、全ての価値観がキリスト教
    の教義に基づくところから、人間の自由な精神活動こそがその基盤であるべきだと
    いう考えに移るということが、正にこのマルコの言葉によって語られています。

    そう、まさにここがルネサンスの出発点であったといえます。


    | 弘前りんご | 文学 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/277
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    マスカレード・ナイト
    マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
    東野 圭吾
    大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
    宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
    もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
    ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE