弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
<< 最初から画家だった者は、一人も居なかった _ 琳派の系譜に見る歴史の妙 | main | 友情と、妻への愛が生んだ、珠玉の名曲達 _ バルトーク 管弦楽のための協奏曲、ピアノ協奏曲第三番 >>
だれや! Johann Nicolaus Graf de la Fontaine und d'Harnoncourt-Unverzagt って (^_^;)
0

    1929年12月6日にお生まれになったこの方の出生名の長いこと。

    そう、古楽演奏の旗手だった、あのニコラウス・アーノンクール氏のことです。

    ハプスブルグ家の流れをくむ名門Unverzagt家の生まれで、貴族(伯爵)でした。

     

    ニコラウス・アーノンクール(1929.12.6-2016.3.5 wikipedia)

     

    ちなみに、その翌年の1930年の同日に、浪速のモーツァルトこと、キダタロー氏が生まれています (^_^;)

    ”もしキダが200年早く産まれていれば、今頃はモーツァルトの方が『ウィーンのキダ・タロー』と呼ばれていただろう”と、言われたとか言われなかったとか (^_^;)

     

    話をアーノンクールに戻します。

     

    モダン楽器で、ビブラートを効かせる奏法は、おおよそ19世紀以降の主流となりましたが、それ以前、少なくともバロック時代の演奏は、そのようなものではなかったと考えられています。

     

    コンサートホールでも十分聴きごたえのある大音量を出せるように改造されたモダン楽器ではなく、それ以前の古楽器(もちろん当時は古かった訳ではありません、あくまでモダン楽器に対するそれ以前の楽器)を用いて、ピリオド奏法(曲が作られた当時の奏法で、一般的にはビブラートを用いない)によって、演奏されていたと考えられます。

     

    その様式に則って、単に当時の音楽を再現するのではなく(ここが誤解されやすいところなんですが)、音楽を再創造し、クラシック音楽に新しい息吹を吹き込むというのが、古楽運動の理念です。

     

    折しも、同じ時期、オランダのチェンバロ奏者レオンハルトや、リコーダーのブリュッヘンらが同じく古楽運動を始めており、共に活動することで、一大ムーブメントを作り出しました。

     

    そして、今ではモダンと古楽は対峙するのではなく、融合すると言う言葉の通り、著名なオーケストラ、たとえばベルリン・フィルなども、そういう奏法を取り入れて演奏するようになりました。

    そして、アーノンクールも、自身の作った古楽演奏のためのオーケストラだけでなく、ベルリン・フィルやウィーンフィルに呼ばれて指揮をするまでに時代は変わりました。

     

    惜しくも2015年に引退し、その翌年の2016年に亡くなりましたが、引退の直前まで意欲的な演奏活動を続けていました。

     

    ちょっと早いですが、彼の手兵、ウィーン・コンセントゥス・ムジクスによる、バッハのクリスマス・オラトリオをお聞き下さい。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #アーノンクール #古楽演奏 #ピリオド奏法 #誕生日 #キダタロー #浪速のモーツァルト

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2758
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
      藤田伊織 (05/08)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      弘前りんご (04/10)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      てんし (04/10)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      弘前りんご (03/11)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      にゃんこ (03/11)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      弘前りんご (01/01)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      takehope (01/01)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      弘前りんご (12/02)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      河野 實 (11/28)
    • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
      弘前りんご (10/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE