弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
<< 今日12月4日は、聖バルバラの日! | main | だれや! Johann Nicolaus Graf de la Fontaine und d'Harnoncourt-Unverzagt って (^_^;) >>
最初から画家だった者は、一人も居なかった _ 琳派の系譜に見る歴史の妙
0

    琳派の系譜を調べているとき、まさに歴史の妙というものを実感しました。

     

    日本画のルーツは、例えば源氏物語の絵巻に現れる物語絵が一つですが、それらを描いたのは名も無き絵師たち。いわば職人の絵。そしてそれは流派、絵師集団を形成してゆきます。
    従って絵を描くにはその流派に入門して、高度な技術を習得する修行を積んで、初めて一人前の絵師となるのが一般的な道でした。
    例えば、狩野派土佐派四条円山派と言った具合に。

    しかし、琳派と呼ばれる日本画の系譜を構成する代表的な画家、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一

    そのいずれもが、その道を辿っていないのは非常に興味深いことです。なにせ、お互いに会ったことはなかったのですから。というより、会うことは不可能だったのです。


    風神雷神図屏風(俵屋宗達)

    俵屋宗達は、もともと京の扇屋を営んていた人。生没年さえ不明の謎の存在で、誰かについて絵を習ったという情報はありません。



    本阿弥光悦(1558年 - 1637年2月27日 wikipedia)

    当時の一大芸術プロデューサー的存在だった本阿弥光悦に見出され、本格的に画家の道を進むことになります。

     


    鶴下絵和歌巻(部分)(下絵・宗達、書・本阿弥光悦)京都国立博物館(wikipedia)

     

    この作品では、ほぼ同じ鶴の絵が、繰り返し描かれていますが、その配置が絶妙です。

    風景画というより、商業デザインのような趣です。この特徴は、次に登場する尾形光琳の、例えば、燕子花図屏風にも言えます。

     

    尾形光琳:燕子花図屏風 (wikipedia)

    カキツバタの集まりが繰り返し、パターンとして描かれています。



    紅白梅図(wikipedia)

    さて、宗達の百年後に登場する尾形光琳(1658年  - 1716年7月20日)は、京の有名呉服屋の若旦那。30過ぎまで家の商売に手を付けず、放蕩の限りを尽くしていました。しかし父親が死んで商売も傾き、生活の糧を得無くてはならなくなり、見よう見まね(独学)で絵師になったという経歴。そんな彼が本気で絵師の道に進むきっかけとなったのが、俵屋宗達の風神雷神図屏風との出会い。それをコピーし、更にそこに彼独自の画風を加えて、彼の風神雷神図屏風を残します。オマージュ作品の優れた典型例かと。


    「風雨草花図」(通称:「夏秋草図屏風」)wikipedia

    更にその100年後に登場する酒井抱一(1761年8月1日 - 1829年1月4日)は、武士の生まれ。それも名門酒井雅楽頭家の次男に生まれました。相続のいざこざで武士に嫌気を差したのか、風雅の道に進むことになります。そして彼も、尾形光琳の作品との出会いから、本格的に画家の道を邁進します。


    彼もまた、会ったことのない先達尾形光琳へのオマージュとして、風神雷神図屏風を残します。しかもその屏風の裏側にこの絵(風雨草花図)を、表の光琳の絵と状況をリンクさせて描いています。
    風神の裏には風になびく草花、雷神の裏には雨に打たれる草花というように。

    作品のみを通しての出会いが、琳派という偉大な日本画の系譜を形成したということになり、正に歴史の妙としか思えません。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #琳派 #系譜 #俵屋宗達 #本阿弥光悦 #尾形光琳 #酒井抱一 #風神雷神図屏風 

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

    | 弘前りんご | 美術 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2757
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
      藤田伊織 (05/08)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      弘前りんご (04/10)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      てんし (04/10)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      弘前りんご (03/11)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      にゃんこ (03/11)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      弘前りんご (01/01)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      takehope (01/01)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      弘前りんご (12/02)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      河野 實 (11/28)
    • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
      弘前りんご (10/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE