弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
<< 津軽の神社で、何故か讃岐うどんの会を催すことになりました ( ^)o(^ ) | main | 津軽麺紀行(130)_ またやってしまいました (^_^;) 極煮干し本舗の辛煮干し豚骨ラーメン >>
愛の妙薬なんて、ある訳ないやろ!いや信じる者は救われる? 今日はドニゼッティの誕生日です。
0

    ドニゼッティ ”愛の妙薬” のオープニング!

    パヴァロッティ(純朴そうには見えるが、青年には....^_^;)

     

    (ストーリーの概略)

    スペインのとある村、純朴な(言葉を変えれば単純な?)青年ネモリーノは、村一番の美人で賢い、でもちょっぴり高慢な娘アディーナに片思い。しかし、アディーナはつれない。彼女は村にやってきた、軍隊のイケメンの若き軍曹に惹かれています。

     

    名アリア ”人知れぬ涙” 皆さんもどこかで聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

    辛い片思いの男の恋心を歌っています。

     

    ネモリーノは、その思いを成就させたいと、ドュルカマーラ博士(名前からして怪しい、素性はインチキ薬売り)に相談し、飲めばたちまち愛が成就するという妙薬を所望します。

     

    いいカモが来たと、ドュルカマーラは普通のワインをその薬だと偽って売りつけます。

    それを飲んでしたたかに酔ったネモリーノは、気が大きくなり、アディーナに、わざとつれない素振りをし、アディーナはその意外な態度に気持ちが揺れ始めます。

     

    そして、ネモリーノの叔父が彼に莫大な遺産を残して亡くなったという話が村に広がり、若い娘たちはみんな玉の輿を狙ってネモリーノのところに押し寄せ、ネモリーノは一躍人気者になります。それを見たアディーナは、心中穏やかで無くなります。

     

    さらに、ネモリーノが自分と結ばれたいがために、愛の妙薬を手に入れようとして、命の保証も顧みず、軍隊に入隊契約して契約金を得たことを知ったアディーナは、自分が本当はネモリーノを愛していることを悟ります。

    契約金を払って、ネモリーノの入隊を解約させたアディーナは、彼と結ばれます。めでたしめでたし?

     

     

    まあ、インチキな愛の妙薬が、本当に効いてしまったという、他愛のない田舎の恋愛騒動ですが、これが大当たり。

    ドニゼッティの名を不動のものにしました。

     

    ドニゼッテイ自身、法律家になるようにという父親からの束縛を逃れる為に軍隊に志願し。兵籍のまま作曲を続けた経験があります。自分の作曲家としての適性を信じ続けたのでしょう。やはり、信じるものこそ救われるということなんでしょうか。

     

    今日11月29日は、いい肉の日、じゃなかった、ドニゼッティの誕生日でした ^^)

     

    ガエターノ・ドニゼッティ(wikipedia:By Etching, Artist unknown - - Private Collection -, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3266446

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #ドニゼッティ #11月29日 #誕生日 #愛の妙薬 #オペラ #人知れぬ涙 #信じるものは救われる

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2750
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
      藤田伊織 (05/08)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      弘前りんご (04/10)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      てんし (04/10)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      弘前りんご (03/11)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      にゃんこ (03/11)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      弘前りんご (01/01)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      takehope (01/01)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      弘前りんご (12/02)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      河野 實 (11/28)
    • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
      弘前りんご (10/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE