弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< ワンコインランチ(64)_ 煮干し結社 "濃厚魚介つけ麺"(780円が 500円に) | main | ハッピーバースデー! ル・コルビュジエ! 今日10月6日は建築家ル・コルビュジエの誕生日 >>
もっと早くに出会いたかった _ 沢木耕太郎の3冊目の全エッセイ集 ”銀河を渡る” _
0

    横浜国立大学を卒業して、銀行に就職が決まったのに、なんと出社初日の信号待ちしている間に、退職することに決めたんだそうです ^^;)

    それがなければ、エッセイスト、沢木耕太郎は誕生しなかった。

     

    沢木耕太郎は、旅とスポーツをテーマにしたエッセイを書き綴ってきた作家ですね。最近はフィクションの作品も発表しているようですが。スポーツならともかく、私も好きな旅なら接点があっても不思議はなかったはずですが、これまでなぜか私の視野に入っていなかった作家です。

     

    では何故今回読もうと思ったか、出会ったかですが、全エッセイ集と銘打ちながら、3冊目って何よと、大阪人としては突っ込まざるを得ないキャッチフレーズに引っかかったからに、ほかなりません ^^;)

     

    そこで調べてみると、これまでに10年毎に、一冊ずつの計2冊、それまで発表したエッセイをまとめて全エッセイ集として出してきたこと。それが三冊目は25年も時間が空いてしまって、これ以上まとめないと散逸してしまうという危機感からまとめたということがわかりました。

     

    沢木耕太郎 全エッセイ ”銀河を渡る” 新潮社

     

    そんなこんなで関わりを持ってしまったので、この三冊目の全エッセイ集 ”銀河を渡る” を読んでみようと密林に注文したというわけです。

    しかし、読んでみて、その文体への親和感が非常に高く、もっと前に読んでおきたかったと、今更ながらにちょっと後悔してしまいました。さりげない、しかし確かな目で見据えた上での的確な表現が、魅力と言えます。その目は一般のエッセイストというより、真のジャーナリストの目、真実を追い求めて飽きない精神がベースにあるのでしょう。

     

    今回のエッセイ集の巻頭の文で、若い頃の回想を綴っているのですが、それが実に印象的でした。

    まだ駆け出しの作者が初めて海外に出てその街のレストランで、言葉が通じないことに戸惑っている時に、偶然近くにいた女性が、彼に的確に、しかし押し付けがましくなく指示、示唆を与えてくれたという場面がでてきました。

    それが彫刻家、宮脇愛子だったことをその後知り、自分もかく有りたいと願ったというのです。

    その宮脇愛子もその昔、シュールレアリスト、ダダイストである彫刻家、画家、写真家のマン・レイと出会い、薫陶を受けていたのですね。

     

    マン・レイ (wikipedia)

     

    なんというか、知性の系譜というか、そういった人と人とのつながりというのが、実に素敵で、羨ましく感じました。

     

    そうそう、彼の代表作の一つに、”キャパの十字架”があります。

    あの戦争写真の金字塔的作品と言われる写真を発表して、一躍報道写真家としてスターの座に躍り出たロバート・キャパ

    しかし、その写真については、以前からいろいろと疑義が呈されてきました。

    沢木耕太郎は、その一つ一つを検証し、世界の注目を浴びたあの作品の真相を、ミステリーの探偵のごとく解き明かしてゆきます。しかし、決してその虚像を糾弾するという姿勢ではなく、祭り上げられてしまって、降りるに降りられなくなったものの悲しみに、実は寄り添うように描いています。

    そんなところにも、沢木耕太郎の真心のようなものを感じざるを得ません。

     

    今回のエッセイ集の表紙に、レオナール藤田の子供の絵(バガボンド)が使われているのも象徴的です。

     

    レオナール・フジタ バガボンド(小さな職人)

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #沢木耕太郎 #エッセイ #旅 #スポーツ #宮脇愛子 #マン・レイ #知性の系譜 #ロバート・キャパ #キャパの十字架 #ミステリー #探偵 #レオナール・フジタ #バガボンド

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 文学 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
      弘前りんご (05/24)
    • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
      takehope (05/24)
    • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
      弘前りんご (05/14)
    • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
      大野博文 (05/14)
    • 華麗なるカレーの世界?
      Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
    • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
      てんし (11/27)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + Gracia
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE