弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
<< 同じ轍を踏むか? カツ専門店のカツカレー | main | 気になるお店シリーズ(10)_一乃矢食堂(弘前市城南) >>
癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

    スティーブ・ライヒを扱った番組というと、この方、作曲家 吉松隆さんが良く登場しますね ^^;)

     NHK芸術劇場 ”スティーブ・ライヒ”

    https://www.youtube.com/watch?v=BsCLCVwrh9s

     

    御本人の作品は、別にライヒの影響を受けているという訳ではないでしょうが。

     

    スティーブ・ライヒ(wikipedia)

     

    それはともかく、先日紹介したフィリップ・グラスや、テリー・ライリーとともに、スティーブ・ライヒは、ミニマル・ミュージックの三羽烏と呼ばれています。

     

    いずれもアメリカ人で、今やヨーロッパにも、アルヴォ・ペルトのような作曲家が登場していますが、ミニマル・ミュージックはアメリカが生誕地と言われています。

     

    スティーブ・ライヒは、タクシー運転手として生計を立てながら作曲を続けていました。

    そして、今ミニマル・ミュージックと呼ばれる、短いフレーズを執拗に繰り返し、微妙に変化させていくことで、グルーブ感といったジャズやロックに通じる作曲を始めた頃、クラシック音楽界は徹底して無視したのに対して、ポップスの音楽家、建築家、芸術家がこぞって注目しました。

     

    そして今や、難解、晦渋と受け取られるクラシックの現代音楽の中で、一般の人々に人気のあるジャンルになっています。クラシック音楽は、しかめっ面して聴くものではないということを知らしめた点でも大きな影響を与えています。

     

    芸術作品の価値が、認められるのにたとえ長い時間がかかったとしても、最後はどれだけ多くの人に感銘を与えたか、影響を与えて後に続く人を作り出したかで測られるとしたら、ミニマル・ミュージックは現代における最も偉大なクラシック音楽であると言っても過言ではないでしょう。

    (それはともかく、一度楽譜から落ちたら二度と戻れないような気がする: 今どこ?状態に^^;)

     

    ぜひ一度聞いてみてください。きっと気に入ってもらえるのではないかと思います。

     

    スティーブ・ライヒ 18人の音楽家のための音楽

    https://www.youtube.com/watch?v=PMsYuFrKUQ8

     

    管楽器、弦楽器と鍵盤楽器のためのヴァリエーション

    https://www.youtube.com/watch?v=Sgjwiadze1w

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #スティーブ・ライヒ #ミニマル・ミュージック #吉松隆 #グルーブ感 #クラシック音楽 #現代音楽

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 07:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
    冗談は、よしこさん (^^;
    | 弘前りんご | 2018/07/09 7:14 AM |
    いえいえ、先生のギターでグラスを!でございます。
    | てんし | 2018/07/09 3:00 AM |
    寝落ちしないように頑張ってください (^_^;)
    | 弘前りんご | 2018/07/08 7:00 AM |
    こんどフィリップ・グラスの伴奏を務めさせて頂きますよ。演奏しながら睡魔に襲われそうな、そんな摩訶不思議なミニマル・ミュージック。曲自体は大変美しく親しみが持てます。
    | てんし | 2018/07/08 3:22 AM |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2560
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
      藤田伊織 (05/08)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      弘前りんご (04/10)
    • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
      てんし (04/10)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      弘前りんご (03/11)
    • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
      にゃんこ (03/11)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      弘前りんご (01/01)
    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
      takehope (01/01)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      弘前りんご (12/02)
    • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
      河野 實 (11/28)
    • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
      弘前りんご (10/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    + Google Adsense
    Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE