弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
<< 気になるお店シリーズ (4)_つがるひろさき食堂(弘前市富田町) | main | 気になるお店シリーズ(5)_門外4丁目、という住所が店名の中華料理店 >>
エストニアって、どこですか? ^^;)
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、

    下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

     

    エストニアという名前、知ってはいたものの、旧ソ連の崩壊後、独立した都市国家(人口が沖縄くらい)ぐらいの認識しかありませんでした。そもそも地図上のどのあたりにあるかもあやふやでした。

     

     

    それが今世界中から注目を浴びる存在になっているようです。

     

    それは行政機構のほぼ完全な電子化(e-Estonia)を実現している事によります。

    その基本は国民一人ひとりがIDを持ち、そのID一つで全ての行政サービスをオンライン(もちろん24時間)で受けられます。

     

    行政サービスだけではなく、ブティックでもレストランでもキャッシュレス。

    その際駐車違反してもその場で罰金をスマフォで支払いできます ^^;)

     

    IDで国民を紐付けすることに対する、心理的な反発はどこの国でもあるでしょう。

    それに対する回答が、行政の内容の透明化です。たとえば国の機関の議事録などがいつでもオンラインで見ることができます。

     

    日本でマイナンバーが導入と決まったときには、まさにこのようなことが実現すると期待したのですが、その後のぐだぐだの展開で、今やその存在さえ忘れてしまいそうになっているのとは、雲泥の差。

    さすが先進国と呼ばれる国々の中で、電子化3等国と呼ばれるだけのことはあります。

     

    しかし、それだけなら利便性が高いというだけで終わるのですが、e-Estoniaは違います。

    e-Residency(電子居住)という制度があるため、世界から注目され、それだけではなく、商取引のハブ国家に変貌しつつあるからです。100ユーロと言う一万円ほどの安い手数料を払えば、このエストニアの電子居住者になれるのです。

     

    それって、なにがいいの?

    エストニアに会社を設立したり、銀行口座を開設でき、EU内で事業を行えるのです。

    そして上述のような電子国家ですから、事業運営に関わるいろんな手続きなどがオンラインでスピーディーに行えます。

    現実に、エストニア電子国家を足場に、EUだけでなく、世界への事業展開をはかるベンチャービジネスができてきているようです。

     

    さて、そこで心配になるのが、セキュリティの問題や、サイバー犯罪ですね。

    実はソ連時代、エストニアはそのサイバーセキュリティ研究所などが置かれ、そういった問題の人材が豊富にいたようです。

    e-Estonia確立に際して、それらに対する対処として世界でも最も進んだ技術を導入しています。

     

    もちろんこんな大きな変革が、すんなりと決まったわけではなく、それによって職を失う(行政書士等)人々の反対などもあったはずです。

    しかし、いつまたロシアに飲み込まれるかも知れないという強い危機感が、e-Estonia推進の力になったようです。

    仮にリアルな土地の侵略があっても、国家はサイバー空間に存在することで、完全に奪われることが無いという考えからです。

    ここでもどこかの国のように、激動の国際情勢に無頓着で、脳天気にモリソバ・カケソバに明け暮れている国民との違いに愕然とせざるを得ません。

     

    参考: 

    https://forbesjapan.com/articles/detail/19386/1/1/1

    http://diamond.jp/articles/-/165529?page=2

        

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #エストニア #電子国家 #セキュリティ #ソ連 #ロシア 

     

    | 弘前りんご | 社会 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2511
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      弘前りんご (10/29)
    • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
      てんし (10/26)
    • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
      葛西美幸 (10/23)
    • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
      てんし@弘前 (10/14)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      弘前りんご (09/12)
    • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
      てんし (09/12)
    • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
      菊地 尚則 (08/19)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      弘前りんご (08/12)
    • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
      今井 正治 (08/12)
    • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
      弘前りんご (07/19)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + Google AdSense
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE