弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 津軽のフライドチキン_こばしょぐ | main | 今日は何の日?私の誕生日。自分で言ってるし (^_^;) >>
今日12月7日は、神戸開港記念日
0

    今からちょうど150年前の、慶応3年(1867年)、明治維新の前年ですが、その12月7日の今日、神戸港が外国船の停泊地として開港しました。

    ただし、これは旧暦で、新暦では1月1日となり、そちらも併せて記念日としています。

    そして神戸はその後、国際都市へと発展したことは皆さんもご存知のことと思います。

     

    神戸港の夜景(wikipedia)

     

    そんな美しい神戸が、22年前の1995年1月17日に未曽有の災害、大震災に見舞われました。

     

    ポートアイランドから撮影された長田地区の火災(wikipedia)

     

    人々の懸命の努力で、今はほとんどそれがあったことがわからないほどに見た目は復興しました。しかし、決してそれを忘れてはいけないことだとして、震災の記憶をとどめるモニュメントを作り、また明日から始まるルミナリエ(震災の年の12月から始まる)で、亡くなられた方の鎮魂と、前に進む決意を新たにしています。

     

    神戸ルミナリエ(wikipedia)

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 歴史 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2345
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    マスカレード・ナイト
    マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
    東野 圭吾
    大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
    宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
    もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
    ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE