弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 9月13日はルネサンス期一の戦略家チェーザレ・ボルジアの誕生日 | main | 津軽麺紀行(番外編)_末廣ラーメン本舗(仙台) >>
この本で、いかに日本の近代政治史を正しく理解していなかったかを痛感させられました。
0

    その本とは、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(江崎道朗、PHP新書)

     

     

    私は、いわゆる陰謀論は信用しませんが、最近次々と公開される日本に関するアメリカの公文書にその証拠があれば別です。

    例えば、大政翼賛会とは、”全体主義を目指す国家革新運動であり、右翼に依って担われ、左翼知識人がそれと戦った” ものと思って居ましたが、それは大いなる誤解であって、実は右翼全体主義者(保守自由主義者とは全く異なる)の動きに、左翼全体主義者(昭和研究会に集まった左翼知識人など)結びついて、ファシズム運動を興し、担っていたということ。

    これを読んで、くらくらと目眩がする思いでした。

     

    そのルーツを辿れば、ソビエトの打ち立てたコミンテルンの行動原理(すなわち、資本主義国の中に深く入り込んで政治を裏から操り、例えば戦争を起こさせ、長期化させて疲弊を導き、その体制を崩壊させて、敗戦革命を起こす)に基づいて居るということです。

     

    中国との戦争(あえて支那事変と呼んで矮小化し、軍部が独走できるようにした)を長期化させ、結局日本を敗戦に追い込んだのは、確かに陸軍の統制派が覇権を握って暴走したという面はありますが、それもその方向に誘導したのは上記の事情によるということ。

     

    また、今は一緒くたに扱われていますが、保守自由主義と右翼全体主義は異なり、前者は戦争を避け、やむなく戦争に至っても早期に終結させるという立場だした。一方、右翼全体主義は左翼全体主義と結局は共闘して日本を戦争へ、そして長期化させて結局は敗戦へと誘導していった事実をはっきりと認識する必要があります。

     

    レーニンとスターリン

     

    レーニンの共産主義は、結局ソ連でもその他でも、国の経営には大失敗し、崩壊しましたが、日本を含む他国に潜入して戦争へと誘導するという行動は多いに成功し、今も生き続けて居るようです。

    昨今のマスメディア、野党が捏造してでも、なにがなんでも現政権を倒そうというところに、その匂いを感じます。

     

    大東亜戦争における愚を繰り返さないためには、それらを単に力で押さえつけるのではなく、そのメカニズムをよく理解し、そのような動きを未然に防ぐ手立てを考えなくてはいけないと思わされました。

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

    | 弘前りんご | 文学 | 05:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2259
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE