弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 津軽麺紀行(78)_ SobaBar Ciliegio(チリエージョ)(弘前市・元長町) | main | 金曜日はフラッと@hls弘前で、マンドリン・ギターコンサート >>
今日8月18日はモーツァルトの敵役?アントニオ・サリエリの誕生日
0

    映画”アマデウス”で、すっかりモーツァルトの敵役とされてしまった作曲家アントニオ・サリエリ。

    天才を理解できる凡人の不幸という何ともつらい描かれ方でした。

     

    アントニオ・サリエリ(1750年8月18日 - 1825年5月7日、wikipedia)

     

    生前はオペラ作曲家、宮廷楽長として活躍し、モーツァルトより遥かに人気があったようです。

    またベートーヴェン、シューベルト、リストなどの後進を育てた教育者としても功績もおおきかったですね。

    しかし、死後急速に忘れ去られ、映画の敵役で再び注目を浴びるに至ったという皮肉な経緯です。

     

    しかし、彼のモーツァルト暗殺説は後世のモーツァルト信奉者あたりからの後知恵的な解釈ではないでしょうか。当時の彼の社会的ステイタスの高さ、人気度から考えて暗殺する動機があったとは考えにくいと思います。

    そのような噂が立つようになった理由の一つには、当時の宮廷における音楽家のイタリア派とドイツ派との対立があるようです。ロッシーニを代表とするイタリア派がドイツ・オーストリアの音楽界を席巻していて、ドイツ派がそれをよく思わず、ちょうど長らく楽長職にあったサリエリが攻撃の的にされたのではないでしょうか。

     

    それはともかく、最近様々な機会に彼の作品が演奏されるようになってきて、再評価が進んでいるようでなによりです。

     

    ピアノ協奏曲変ロ長調

    https://www.youtube.com/watch?v=8bUz6460s90

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 06:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
    これのことかしら? (*^^*)
    https://www.youtube.com/watch?v=wXPqGuCZ8VQ
    | 弘前りんご | 2017/08/20 7:02 AM |
    そんな敵役との共作も見つかりましたね。
    どんな曲なんでしょう、是非聞いてみたいです。
    | てんし | 2017/08/20 4:03 AM |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2232
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + RECOMMEND
     (JUGEMレビュー »)

    (弘前りんご)
    原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
    私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
    タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
    下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
    小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
    この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
    救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
    そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    旅屋おかえり [ 原田マハ ]
    旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
    ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

    旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

    またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

    旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

    そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

    まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
      イーザス (09/12)
    • 大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
      omachi (08/19)
    • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
      弘前りんご (07/09)
    • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
      てんし (07/09)
    • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
      弘前りんご (07/08)
    • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
      てんし (07/08)
    • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
      弘前りんご (06/11)
    • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
      てんし (06/11)
    • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
      弘前りんご (06/05)
    • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
      川村昇一郎 (06/05)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE