弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 弘前ねぷた2017観戦記 (*^^*) | main | 青森 食のコンシェルジュ? >>
パーカッショングループ ファルサの定期演奏会
0

     

    お世話になっているM先生が出演されるというので、弘前市民会館の大ホールに聴きに、パーカッショングループ、ファルサの定期演奏会にやってきました。もう38回目だそうです。

     

     

    マリンバ、シロフォン、ドラム、トライアングルなどなど、打楽器だけで奏でる多彩な音の競演

     

     

    男性陣(メンズ・ファルサ ^_^;)のために委嘱された作品の演奏。

     

     

    思わぬ方向から音が聞こえて来たので振り向くと、客席の入口近くで演奏。

    いわゆるバンダ(舞台以外で演奏する)でしょうか (*^^*)

     

     

    前日に、講師を招いての恒例の打楽器講習会があったそうですが、その生徒さん達も参加しての成果発表の演奏も。

     

     

    アンコールは、手拍子や体を叩いての演奏。

     

     

    実に楽しい演奏会でした。

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

    | 弘前りんご | 音楽 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2227
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + RECOMMEND
    Tributelogy
    Tributelogy (JUGEMレビュー »)
    モルゴーア・クァルテット
    モルゴーアは、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するために結成されたカルテット。それぞれのパートは、日本の一流オケのコンマスあるいはパートの首席が務めています。

    * モルゴーア・カルテット ”ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲集1”

    そのリーダー的存在であるヴァイオリンの荒井英治は、強く感銘を受けたキングクリムゾンやELPなどのプログレッシブ・ロックにも精通しており、その活動の中でそれらの名曲を弦楽四重奏団用に編曲して、折々にCDリリースしてきました。

    * 原子心母の危機 Atom Heart Mother is on the edge (モルゴーア・クァルテット)

    なかでも、エマーソン・レイク&パーマ(ELP)のメンバーとも親交があり、ELPが解散して、独自に活動していたキース・エマーソンのバンドとも共演する話も持ち上がっていました。

    しかし、残念なことにエマーソンが2016年に急逝し、その追悼に彼の作品を入れたCDを出す話になっていたところに、同年12月にグレッグ・レイクまで亡くなってしまいました。そこで全曲ELPの曲で構成するCDに切り替えて、今回このCD ”tributology” がリリースされました。

    * モルゴーア・カルテット ”Tributelogy”

    クラシック、ロックのファンの区別なく、是非聴いてみてください。
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE