弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 今日6月8日は、画家ミレーの誕生日 | main | ミケランジェロはお好きですか? >>
Beaux Arts Trio、なんて読むか分かりますか? ^^;)
0

    解散後にソロ活動を活発化させてからの、新たな注目度の高さ、目を見張るものがあります。

    誰のことかって? メナヘム・プレスラー(piano)のことですよ。

     

    ボザール・トリオ(公式HPより)

     

    解散したのはボザール・トリオ(Beaux Arts Trio、初めて見たときは何と読むのか皆目分からず ^_^;)で、彼はこのトリオを創設し、50年以上に渡ってこのトリオを引っ張ってきました。他のメンバーは全員何度か変わっていますが、彼だけは変わらずに居ました。

     

    常設のピアノトリオと言うのは非常に珍しく(唯一?)、大概はそれぞれの名手が何かの目的で(レコーディング用に、あるいは音楽祭などのイベント用に)一時的に結成されるのが普通でしたが、このトリオは常設でした。したがってそのアンサンブルの息の合い具合はとても良いものです。

    そして、プレスラーは結成以前はソリストとして評価が高かったにも関わらず、結成後ソリストとしての活動を基本行わず、このトリオでの活動に専念していました。

     

    一方、ジャンルとしてのピアノ三重奏と言うのは、どちらかと言うと地味な室内楽の中でも、一層マイナーな感があります。

    それをずっと続けてきたことに一種の感慨を覚えざるを得ません。人によれば愚直だというでしょう。

    しかし、その音楽性に共感し、愛したクラシックファンが居たことも事実でしょう。その長い活動の中での演奏は高い評価を得ていますし、それだけでなく現代曲の初録音とか、秘曲の発掘などの貢献もありました。

     

    BEAUX ARTS TRIO Complete Philips Recordings 

     

    今回、これまでのロングセラーを集めたボックスが発売されました。

    なんと名演揃いの60枚のCDと分厚い解説書付きで、超廉価。買うしか無いでしょう ^_^;)

    一つ一つ楽しみながら聴いて行きたいと思っています (^o^)

    ベートヴェン ピアノトリオ ”大公”

    https://www.youtube.com/watch?v=5kOw6l02Ua0&t=1086s

     

     

    | 弘前りんご | 音楽 | 06:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
    そのCD、私も買いました。
    資料的価値も高くお買い得ですね〜\(^O^)/
    車用にSDにバックアップしながらのんびり聴いていますよ。
    | てんし | 2017/06/11 6:04 PM |
    前評判と値段を見て、買うっきゃないと思って買ったのですが、聴いてみて、間違いなかったと改めて思いました (*^_^*)
    | 弘前りんご | 2017/06/11 9:34 PM |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2157
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + RECOMMEND
    Tributelogy
    Tributelogy (JUGEMレビュー »)
    モルゴーア・クァルテット
    モルゴーアは、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するために結成されたカルテット。それぞれのパートは、日本の一流オケのコンマスあるいはパートの首席が務めています。

    * モルゴーア・カルテット ”ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲集1”

    そのリーダー的存在であるヴァイオリンの荒井英治は、強く感銘を受けたキングクリムゾンやELPなどのプログレッシブ・ロックにも精通しており、その活動の中でそれらの名曲を弦楽四重奏団用に編曲して、折々にCDリリースしてきました。

    * 原子心母の危機 Atom Heart Mother is on the edge (モルゴーア・クァルテット)

    なかでも、エマーソン・レイク&パーマ(ELP)のメンバーとも親交があり、ELPが解散して、独自に活動していたキース・エマーソンのバンドとも共演する話も持ち上がっていました。

    しかし、残念なことにエマーソンが2016年に急逝し、その追悼に彼の作品を入れたCDを出す話になっていたところに、同年12月にグレッグ・レイクまで亡くなってしまいました。そこで全曲ELPの曲で構成するCDに切り替えて、今回このCD ”tributology” がリリースされました。

    * モルゴーア・カルテット ”Tributelogy”

    クラシック、ロックのファンの区別なく、是非聴いてみてください。
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Google Adsense
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE