弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< 真のグローバル化とは_日本の伝統文化を守る外国人 | main | 音楽に捧げた人生_メナヘム・プレスラー >>
今日5月20日はクララ・シューマンの命日
0

    クララ・シューマン(1819年9月13日 - 1896年5月20日、wikipedia)

     

    後期ロマン派を代表する作曲家ロベルト・シューマンの妻クララ。

     

    ロベルト・シューマン(wikipedia)

     

    指を痛めてピアニストを断念して、作曲家そして評論家に転じた夫ロベルトに対して、クララは結婚前からスターピアニストでした。9歳でプロデビューし、ソリストとしてライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲で共演しています。19世紀を代表するピアニストであったわけです。

     

    ピアノ教師であった父、フリードリヒ・ヴィーク(ロベルトのピアノの先生でもあった)にロベルトとの結婚を猛烈に反対されますが、なんと交際を禁じる父を相手取って裁判を起こしました ^^;)

    めでたくロベルトと結婚し、幸せを掴んだものの、ロベルトはその後精神を病み、自殺を図るまでになりました。その夫を支え続けたクララ。

    それを励まし続けたのが、自身の音楽家への道を開いてくれ、その後も友人として家族のように接してくれたシューマン夫妻を敬愛したブラームスでした。

     

    ヨハネス・ブラームス 二十歳ぐらいの頃

     

    本当のところはわかりませんが、ブラームスがクララに対して、友情、敬愛の情以上の思いを抱いていたのではないかといわれています。
    しかし、ロベルトの亡くなった後も、二人は結ばれることはありませんでした。

     

    | 弘前りんご | - | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2142
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    伊東忠太動物園
    伊東忠太動物園 (JUGEMレビュー »)
    藤森 照信,伊東 忠太
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + Amazon
    + にほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
    にほんブログ村 弊ブログが気に入ったら、ボタンを押してください (*^_^*)
    + Google Adsense
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE