弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
<< マンドリンアンサンブルの演奏会 | main | 3ヶ月ぶりの佐嶋 >>
桜が散ったらりんごだね (*^_^*)
0

     

    5月初めまでの桜の喧騒がすぎると、それを追うようにりんごの花が咲きます。

     

    奥がさくら、手前がりんごの花の蕾

     

    桜の花がいわば鑑賞の花とすれば、りんごの花は実用の花。受粉させることで秋にりんごの実がなるわけです。

    花の命の短さの代名詞のように思われるソメイヨシノは自然に散りますが、りんごの花はより大きな実を成らせるため、間引かれる(摘花される)ので、意外に見どころの時期は短いようです。

    なので私のような休日カメラマンは、ベストの時期に遭遇するのは意外に難しいのです。

     

    それでも桜の花のような華やかさはないものの、りんごの花の清楚な姿に惹かれて、懲りずに撮りに行くわけです。

    この週末に出かけましたが、お天気があいにく曇りで、花が映えにくい条件でした。それでも洗いたての白い生地のような清々しい花を見ることが出来ました。

     

     

     

    あと何回見ることが出来るんでしょうか。

    | 弘前りんご | 紀行 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://kitamahokif.jugem.jp/trackback/2137
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    マスカレード・ナイト
    マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
    東野 圭吾
    大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
    宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
    もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
    ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 指揮者とオーケストラの関係_ライナー、セル、ミンシュそしてカラヤン
      弘前りんご (10/30)
    • 指揮者とオーケストラの関係_ライナー、セル、ミンシュそしてカラヤン
      てんし (10/30)
    • 津軽麺紀行(93)_かふく亭_寒くなってきたので温かいそばがいいですね。
      弘前りんご (10/28)
    • 津軽麺紀行(93)_かふく亭_寒くなってきたので温かいそばがいいですね。
      てんし (10/28)
    • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
      てんし (10/15)
    • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
      弘前りんご (10/14)
    • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
      てんし (10/14)
    • 今日8月18日はモーツァルトの敵役?アントニオ・サリエリの誕生日
      弘前りんご (08/20)
    • 今日8月18日はモーツァルトの敵役?アントニオ・サリエリの誕生日
      てんし (08/20)
    • 津軽麺紀行(73)_中華そば きたやまー予想外の組み合わせが (^_^;)
      弘前りんご (07/25)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Google Adsense
    + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
    + Amazon
    + BLOG RANKING
    + 本ブログへの訪問者数
    20140518 13時 60000人到達
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE