弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
今日10月23日は津軽弁の日
0

    なぜ10月23日が津軽弁の日かというと、青森県の誇る方言詩人、高木恭造の命日にあたるからだそうです。

     

    青森県近代文学館のポスター

     

    wikipediaによれば、高木 恭造(たかぎ きょうぞう、1903年10月12日 - 1987年10月23日)は、日本の方言詩人(津軽弁)、医師。

     

    眼科医院を開業する傍ら、詩や小説を書き、精力的に津軽弁の詩の朗読会を全国で開催したようです。

    代表作「まるめろ」は、海外でも翻訳出版され、高い評価を得ました。

    フランス語にも似た (^_^;) 独特のイントネーション、全国版の車のCMでも紹介されていましたね。

     

    その高木恭造に惹かれたタレント伊奈かっぺいらが、高木の死後、その命日を津軽弁の日としました。津軽弁に関する「短歌、俳句、川柳」「体験記」「詩」を募集し、優秀な作品は伊奈かっぺいを始めとする面々がこの日に会場で朗読する行事として始まりました。

    今やローカルのテレビ放送でも放映され、人気を博しています。

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

     

    | 弘前りんご | 日常 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
    今日10月10日は銭湯の日、でもあります (*^^*)
    0

      今日10月10日は銭湯の日。

      なぜって、月日を続けて書くと、1010(せんとう)だからだそうです (*^^*)

      お風呂好きの日本人にとって、重要な存在でした。

       

      子供の頃、大阪と言っても平野区(当時は東住吉区)という大阪市の南東の外れに住んで居ました。小学校に上がるまではアパート住まいで、お風呂は近くのお風呂屋(銭湯)に行ってました。

      大きな浴槽でつい泳いでしまって、近所の大人に叱られても、次には忘れてまた泳いでしまったりしたのを思い出します。また、風呂上がりに飲むコーヒー牛乳、帰り道のお肉屋さんの店頭で揚げたて熱々のコロッケを食べるのが楽しみでした。いっぱしのコロッケ評論家を気取っていた時期でもあります (^_^;)

       

       

      風呂のある家に住むようになってからは、わざわざ出かけてお風呂に入るのは旅行で温泉旅館に泊まる時くらいになってしまいました。旅とお風呂は私の頭の中でセットだったのです。

       

      ところが東北に移り住んで、特に青森県の弘前に来てみると、そこらじゅうに温泉があります。しかも泊まらずとも多くの宿で日帰り入浴が出来ます。日帰り入浴専門の温泉もあります。泉質も多彩で、設備も充実していて、休みの日など、一日居られそうなところもあります。

      私が朝出かける頃に、朝風呂から戻ってくるご近所のある方は、家風呂はあっても、お風呂は日帰り温泉入浴と決めておられるようです (*^^*) 

       

      湯の国おおいた(大分県庁)

       

      青森は自然が多い、豊かだと常々思っていますが、それに温泉も含まれます。
      大分県が湯の国宣言をしましたが、青森県もそう主張しても何らおかしくないのではないでしょうか。

       

      *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

      | 弘前りんご | 日常 | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
      黒森山浄仙寺で珈琲茶会
      0

        昨年に続いて今年も、成田珈琲店の成田専蔵さんに、珈琲茶会と宗谷岬殉難津軽藩兵法要にお招きいただきました。

         

         

        ここは紅葉の名所でもあるのですが、見頃はもう1週間ほど先のようです。

         

         

         

        法要に参列される方の中に篠笛の奏者の方が居て、茶会と法要の合間に、境内で奉納演奏されました。

         

         

         

         

        幕府の命で蝦夷地に派遣された津軽藩兵が寒さと栄養失調で浮腫に苦しんでいることを知った幕府が、薬として当時日本に伝わって間もなかった珈琲を彼らに送ったと伝えられています。珈琲に含まれるカフェインの利尿効果で、浮腫の改善をはかったとのことです。

         

        成田珈琲の成田専蔵さんが、27年前に津軽で珈琲文化を確立させたいとの思いで、浄仙寺で津軽藩兵の供養と、彼らを偲んでの珈琲茶会を始められました。

         

         

        成田専蔵さん自らドリップで入れてくださった珈琲を味わい、珈琲に纏わる話を聞く楽しい珈琲茶会30分。それが終わると、お寺の本堂で珈琲法要です。

         

         

        60人分の珈琲が入った巨大な珈琲カップを奉納。

         

         

        参列者全員がお焼香をあげ、そのあとご住職の講話がありました。

        このお寺はこの御住職が、当時荒れ寺であったこの寺を一人で復興されました。

         

        このあと、津軽の昔っこ(津軽に伝わる民話の津軽弁によるお話の会)が宗谷の地で亡くなった津軽藩兵にたむけられました。

         

        タコにホネがない話

         

        津軽のじょっぱりな殿様のお話

         

        三匹の狐の話

         

        南京玉すだれ

         

        津軽弁はいまだ全ては解るわけではないものの、その巧みな話術に引き込まれ、面白さが十分に伝わってきました。

        大変充実した法要でした。

         

        *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

        | 弘前りんご | 日常 | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        マスカレード・ナイト
        マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
        宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
        もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
        ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 指揮者とオーケストラの関係_ライナー、セル、ミンシュそしてカラヤン
          弘前りんご (10/30)
        • 指揮者とオーケストラの関係_ライナー、セル、ミンシュそしてカラヤン
          てんし (10/30)
        • 津軽麺紀行(93)_かふく亭_寒くなってきたので温かいそばがいいですね。
          弘前りんご (10/28)
        • 津軽麺紀行(93)_かふく亭_寒くなってきたので温かいそばがいいですね。
          てんし (10/28)
        • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
          てんし (10/15)
        • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
          弘前りんご (10/14)
        • 大阪人のソウルフード、たこ焼き
          てんし (10/14)
        • 今日8月18日はモーツァルトの敵役?アントニオ・サリエリの誕生日
          弘前りんご (08/20)
        • 今日8月18日はモーツァルトの敵役?アントニオ・サリエリの誕生日
          てんし (08/20)
        • 津軽麺紀行(73)_中華そば きたやまー予想外の組み合わせが (^_^;)
          弘前りんご (07/25)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE