弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
今日4月29日は何の日かって?昔から昭和の日に決まっているでしょう。えっ違うの?
0

    今日4月29日は、祝日として何度か名称を変えています。

     

    (1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日, wikipedia)
     

    この日は昭和天皇がご存命の頃は、”天皇誕生日”として祝われていました。

    しかし崩御されてからは、ご自身が生物学者であられたこと、自然をこよなく愛されていたことに因んで、”みどりの日”とされました。

     

    しかし、それを制定した法律に、昭和天皇を偲ぶという趣旨が盛り込まれていなかったため、超党派でその趣旨を明確にするため、名称を昭和の日とする法案が提出されました。何度か廃案になりながらも、2005年に成立し、2007年から”昭和の日”と呼ばれて今に至っています。

     

    それに伴って、”みどりの日”は5月4日に移されたという次第。

     

    (*) ところで、

      4月29日が、”羊肉の日”でもあることをご存知ですか?

      429(羊肉:ようにく)の語呂合わせ (^_^;) 
      ジンギスカン食普及拡大促進協議会が
      消費が伸び悩んでいた羊肉の需要拡大を狙って
      制定したようです。さて、その目論見はあったのでしょうか?
       
    | 弘前りんご | 日常 | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    誰かが、なすびが美味しいねと言ったから、今日は なすび記念日! (^_^;)
    0

      なんでも、今日4月17日は、”なすび記念日”だそうです。

      417(よいな[すび])の語呂合わせと、なすびが好物だった徳川家康の命日でこの日にしたとか。

       

      川家康(1542年12月26日ー1616年4月17日、wikipedia)

       

       

      (http://zatugaku1128.com/hatuyume/ より)

       

      一富士、二鷹、三なすびが、初夢にみると良いとされるものですが、

      (日本一高い)富士、(高く速く舞い上がる)鷹、(事をなす)なすび、といずれも吉兆に通じることから来ているのでしょう。しかし、考えてみると、これらはいずれも徳川家康の縁の土地である駿河の名物、名産です。江戸時代以前から、折戸なすが栽培されていて、江戸幕府に献上されていたとか。

       

      ひょっとすると、川家康がなすびが好きというのは、今で言う地域振興のキャッチフレーズだったのではないでしょうか? (^_^;)

       

      | 弘前りんご | 日常 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
      日本の伝統文化、お箸
      0

         

        箸は日本の伝統というと、そんなことはない、箸は東アジアの共通のものだというツッコミが来そうですね。でも、日本食はもっぱら箸のみで食するのに対して、例えば中国、韓国は匙が主で、箸は従という位置づけ。だから、汁物も箸で食べるため、日本のみが器を持ち上げる作法になっているわけです。また東南アジアで箸を使うのはもっぱら麺類を食べる時。だから日本のような塗り箸は、麺が滑るために発達しなかったようです。

         

        事程左様に箸が重要な存在であったため、日本語には箸にまつわる表現が多いですね。

        箸にも棒にかからない。

        箸より重いものを持たない。

        箸を取る(食事をする)・・・ご飯を食べる(炊いた米ご飯を食べることが、イコール食事をすることを表現するに似ている)

         

        月岡芳年「素戔嗚尊(スサノオのみこと)出雲の簸川上(ひのかわかみ)に八頭蛇(やまだのおろち)を退治し給う図」(県立古代出雲歴史博物館蔵)

         

        古事記にも、スサノオが出雲の国で、箸が川を流れてくるのをみたのが契機で、ヤマタノオロチ退治をすることになるとあります。

         

        過去のあるいは伝統的な話だけではありませんね。

        最近は宇宙飛行船の中では、スプーンではなく箸を使うことが多いとか。

        無重力空間では食べ物が浮遊するため、スプーンではしっかりと食物を捉えることが難しいというのが理由のようです。

        また、生命科学・医療の分野でも、脳の機能を発達させる、あるいは加齢によって低下させないようにするために、箸を積極的に使うという考え方もあります。

         

        これまでも、これからも、箸は我々にとって無くてはならないもののようですね。

        | 弘前りんご | 日常 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
        雪国で暮らすということ。
        0

          旅人であれば、

           

           

          こんな光景や、

           

           

          こういった光景は、普段自分の住む土地では見られないので、素敵だと感じる方も多いことでしょう。

          私も、大阪・仙台に住んでいた頃はそう思っていましたし、弘前に移り住んだ当初もそう思っていました (^_^;)

           

          しかし、弘前に住んで毎冬、

           

           

          こんな状況や、

           

           

          こう言う自然と格闘しなくてはいけないという現実に直面します。

          もちろん最初の写真のような情景に心を動かされる気持ちを失いたくないと思っていますし、そう思うからこそ寒い中に立って撮影もしているわけですから。

           

          そんな雪国に住むためには、清濁併せ呑む器量が求めらます、ほんと (^_^;)

           

          | 弘前りんご | 日常 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
          好きになるということは、その対象に囚われるということ? (^_^;)
          0

            最近、職場に入ったドトールにお昼を食べに行くことが多くなりました。

             

             

             

             

            行くと決まって、頼むのはミラノサンドのセット。

            サクッとした食感のパンに、サラダとローストしたチキンとか、牛肉が程よい味付けで挟まれているのを、淹れたての珈琲を飲みながら食べるわけです。
            周りが病院の外来受付フロアということもあって、本来なら喧騒の中なんですが、何故かそれが気にならず、落ち着きます。
            いつだったかテレビで、勉強するならファーストフードの店内のほうが物音一つしない静かな喫茶店より捗る、という検証をしていましたが、そういうものかもしれないですね。
            それはさておき、度々来るようになったので、それならとドトール会員カード(ドトールバリューカード)を作っちゃいました。
            スイカなどと同じく(と言ってもドトール全店舗でしか使えませんが)、1000円単位でチャージしておけば、会計は現金を取り出さずに済みますし、スマフォからもチャージできます。またチャージ額に応じて、また支払い額に応じてもポイントがつくので、リピーターには便利でお得なカードです。ドトールのキャンペーンにも、自動でエントリーしてくれますし。
            これはビジネスモデルで言えば、囲い込みという手法ですね。
            カードを持っていれば便利だ、お得だという刷り込みが働き、次にどこかに食べに行こう、買いに行こうとふと思ったときに、強く意識をしていないにしても、どうせならカードのある店や、webサイトに行こうという行動につながるというわけです。
            人間の行動って、自分の意志でやっているようで、案外なにかに囚われてのものかもしれませんね。ましてや好きなものに対しては....(^_^;)
            | 弘前りんご | 日常 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
            今年の初詣_岩木山神社
            0

              ここの所、毎年正月の3日あるいは4日には、岩木山のふもとの百沢温泉にあるアソベの森いわき荘に泊まることにしています。そこで、初詣はそれに合わせて、翌日の早朝に岩木山神社でというパターンになっています。

               

               

              到着した日は雪のため、部屋から岩木山を眺めることが出来ませんでしたが、目を覚ますと一瞬晴れ渡って、わずかですが山頂近くまで観ることが出来ました。

               

               

              夕べの豪華な夕食 (^o^)で満腹だったはずなのに、翌朝になるとちゃんとお腹が空いていて、バイキングでついつい取りすぎてしまうという悲しいさが (^_^;)

              そうはいうものの、ここの朝食は特に煮物、漬物が種類も豊富で、取らざるを得ないというのも事実。

               

              さて朝食を堪能して、宿を後にして岩木山神社に向かうことに。

               

               

              駐車場に行くと、一晩でこんな状態に。おそらく20cmほど降ったかと思われます。

               

               

              岩木山神社に着く頃には、また天気が崩れて雪が降り出しました。

               

               

              流石5日ともなると、参拝客は少なく、例年ならつるつるで滑りやすい参道も、雪が降って少し歩きやすくなっていました。

               

               

              銀世界の中に朱色の灯籠が鮮やかに立っていました。

               

               

              そして鮮やかで勇壮な楼門が迎えてくれました。

               

               

              凍りつくような冷たい水で手を清め、本殿へ。

               

               

               

              大きな絵馬には、今年の干支の酉が描かれていました。

               

               

              大きな注連縄の下をくぐって、拝殿へ。

              家族の無病息災を願ってお参りし、今年の初詣を済ませました。

              ちなみに、おみくじは家人は中吉でしたが、私は末吉で、くじ運の無さは今年も通常運転のようです ^^;)

               

              | 弘前りんご | 日常 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
              毎年恒例の、いわき荘での家人の誕生会
              0

                毎年1月3日あるいは4日に、家人の誕生会を、岩木山の麓の百沢温泉郷にある、アソベノ森いわき荘で行っています。今年も4日にやってきました。

                 

                 

                入り口に門松が、正月モードであることを示しています。

                 

                 

                いわき荘では、部屋に全てりんごの名前が付けられていますが、今回は昇林。

                知らない名前です (^_^;)

                 

                岩木山が見える側の部屋が取れたのですが、生憎の雪空で。。。。(^_^;)

                 

                 

                外は深々と雪が降って、中庭の木に白い花が (*^^*)

                 

                 

                これが今夜の食事のお品書き。

                 

                 

                誕生日ということで、グラスワインがサービスされました。

                 

                料理はどれも作り手の思いが伝わってくる素晴らしいものばかり。

                 

                前菜からして素晴らしい。これだけでもお酒が進みます。

                 

                新鮮なお造り

                 

                ホタテ入りりんごのグラタン。器のりんごももちろん食べられます。

                 

                真鱈の上にタツ(たらの白子)の上にさらに白子柚子胡椒が載っています。

                 

                谷川牛の串焼き。

                 

                アワビ酒蒸しとカニ爪サラダ仕立て

                 

                フカヒレ和風リゾット

                 

                しじみ汁

                 

                最後に水菓子

                 

                1時間半ほど掛けて、ゆったりとした気分でごちそうを味わうことができました。

                 

                | 弘前りんご | 日常 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
                新年あけましておめでとうございます。
                0

                   

                  皆様、明けましておめでとうございます。良き新年をお迎えのことと存じます。

                  そして、今年もまた素晴らしい時が刻まれることを願っております。
                  毎日ブログを書き綴って5年あまり。
                  読んでくださる方が居られるという思いがあるからこそ、これまで休まず書き綴って来れました。
                  これからもできるところまで続けてゆきたいと思っております。
                  どうかよろしくお願い申し上げます。
                  2016年酉年元旦 弘前りんご 拝
                  | 弘前りんご | 日常 | 00:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  今日は大晦日。今年もお世話になりました
                  0

                    いよいよ、2016年も残すところあと僅か。

                     

                     

                    今年も色々とありましたが、何と言っても最大のイベントは娘の結婚披露宴で、人前で演奏したこと(結婚式・披露宴そのものと違うんかい!^_^;)

                     

                    その話が持ち上がったのが、結婚式の少し前。

                    そのため、毎晩仕事から帰って、夜中に家人と合奏の猛特訓。

                     

                     

                    お陰様で、大きな破綻も無く、息子の歌も合わせて演奏を無事終えることができました。やればできるもんですね。

                     

                    ということで、来年もいろんなことに挑戦してゆきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

                     

                    | 弘前りんご | 日常 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    昨晩は、医学部管弦楽団の追い出しコンパでした。
                    0

                      昨晩は、顧問をしている医学部管弦楽団の追い出しコンパでした。

                      会場は新鍛冶町のけん太旬彩館の3階。

                      忘年会シーズンのためか、結構な賑わいでした。

                       

                       

                      卒業生は医学科2名、保健学科2名の計4名。

                       

                       

                       

                       

                       

                      それぞれ新天地で活躍してくれることでしょう。

                      活躍を期待しています、楽しみです。

                       

                       

                      | 弘前りんご | 日常 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      伊東忠太動物園
                      伊東忠太動物園 (JUGEMレビュー »)
                      藤森 照信,伊東 忠太
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      + 本ブログへの訪問者数
                      20140518 13時 60000人到達
                      + Amazon
                      + にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
                      にほんブログ村 弊ブログが気に入ったら、ボタンを押してください (*^_^*)
                      + Google Adsense
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE