弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
今が潮時かと思いました ^^;)
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、
    下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、
    あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を
    押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

    ここ数週間低迷していたブログのランキングが、おかげさまでまた1位に復帰できました。

     

     

    これは、ブログを読んでいただいている皆様のご協力の賜物であると感謝申し上げます。

     

     

    ブログランキングに参加したのが約2年前の6月でした。
    それから1年ほど経って上位グループに位置するようになり、半年ほど前に初めて1位にランクされましたのを思い出します。


    そして、1位に復帰した今がちょうどいい潮時だし、ブログランキングから引退しようかなとその時思いました (^_^;)

     

    唐突のように感じられるかもしれませんが、ここしばらく考えていたことで、自身としては唐突な感じはしません。
    なぜなら、それまで楽しんで書いていたブログなのに、1位についてからというもの、だんだん順位が気になって、書く楽しさがなんだか薄れてきた様に感じてきたからです。

     

    順位が気になると、グルメ記事はいいねが付きやすいだとか、音楽や芸術などを書くと、確実に落ち込むだとか (^^;)、そういった自己分析がバイアスとして掛かって来ていたように思います。

    それはそれで戦略として間違ってはいないでしょうが、勢い食べ歩き記事が先行していました。これは本意ではありません (本当か? ^^;)

     

    独りよがりはいけませんが、やはり書いている本人がまず楽しんでいるべきだと思うのです。そうでなれければ、ブログを書き続けるモチベーションも、読んでいただく意義も少ないように思います。

     

    勝手な思いを書き連ねましたが、まずは弊ブログにご協力を頂いてきた方々に、心よりお礼申し上げないといけませんね。

     

     

    しかし、吹っ切れました。1位から2位落ちることも、そこから再び1位に復帰も経験しましたし (^_^;)

    もう順位を気にせず、書きたいものを書いてゆきたいと思います。

     

    皆様には、これまで通り、ご笑覧いただければ幸いに存じます。

    またtwitterやFacebookへのブログ記事のリンクも張ります。

    いいね、リツィートなどは励みになりますので、見かけたらよろしくお願いいたします。

     

    まずはお礼方々、ご挨拶まで。

     

    2018年7月9日
    弘前りんご


    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861


    #ブログ #感謝 #ランキング #バイアス #グルメ #音楽 #芸術

     

    | 弘前りんご | 日常 | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
    期間限定と言う名の魔法
    0

      *ブログランキングに参加しています (^o^)

      気に入ったら、この文をクリックするか、下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

      よろしくお願いします (*^^*)

       

      期間限定、なんと魅惑的な言葉だろうか。
      そして何度その言葉に踊らされてきたことか。

       

       

      つい最近でもこれだけのハーゲンダッツの期間限定品のアイスを衝動買してしまいました。
      それだけ抗しがたい魅力があるのでしょう。まさに期間限定商法です。

       

      しかも、それだけではありません。
      期間限定を謳いながら、いつまでという明確な期間が明示されていないのです。

       

      だから、ひょっとすると今度来たときには、いや明日にも、無くなっているかもしれないと言う、恐怖心、猜疑心に駆られて、今買わなくてはという極限の状況に追い込まれて、買ってしまうのではないかと。


      なんともアコギな商売ではないですか。

      ハーゲンダッツの旨さは、味だけではないのです! (^_^;)

       

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      #期間限定 #ハーゲンダッツ #アイスクリーム #商売

       

      | 弘前りんご | 日常 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
      今日は英ちゃんの生誕2ヶ月 (^o^)
      0

        予定日の19日を過ぎても、生まれる気配が全く無くて気を揉ませたのに、

        4月24日に突然デビューした我が初孫、英(はな)ちゃん。

         

         

         

         

        くしゃくしゃの顔で生まれて来たのに、

        あれからたった二ヶ月経っただけなのに、

         

         

         

        今や表情も豊かで、言葉はまだにしても、

        なにかしきりにこちらに訴えかけてくる。

         

         

         

        その驚くべき成長ぶりをみるだに、

        この子が物事をわかるようになったときに、

        楽しいなと思える世の中であってほしいし、

        そんな社会を引き継げるようにするのが、

        我々の責任でもあると強く思います。

         

         

        *ブログランキングに参加しています (^o^)

        気に入ったら、この文をクリックするか、

        下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

        あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

        よろしくお願いします (*^^*)

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         #初孫 #英ちゃん #誕生 #成長 

         

        | 弘前りんご | 日常 | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
        こぎん刺しのこれから_津軽工房社
        0

          こぎん刺し柄のマスキングテープをネットで見かけて、

           

           

          どうにも欲しくなって、それを扱っている津軽工房社までひとっ走り。

           

           

          元寺町の日本基督教団弘前教会の向かいの小さなお店でした。

          無事マスキングテープをゲットしたんですが、

           

           

           

          店内は所狭しと、津軽の工芸品(津軽塗、こぎん刺しの小物からバッグ、こぎん刺しに使う草木染めの糸などなど)が並んでいて、つい嬉しくなって、お店の人に話しかけてしまいました。

           

          何でも最近は、例の”かわいい” ブームに乗ってしまって、こぎん刺しもかわいいって言って、やる若い人が増えているんだとか。

          それはそれで結構なんだけど、こぎん刺しの歴史とか知らない、また日本の運針の経験がなく、いわゆる西洋刺繍と同じ刺し方をする人が増えていて、もう少し歴史も知ってもらえると、嬉しいんですがと、オーナーはおっしゃっていました。

           

           

          また、伝統的なこぎん刺しの柄だけではなく、斬新な色使い、柄のものも増えてきています。

           

           

           

          しかも内側に着物の帯の生地を使って、おっと言わせるもののできています。

           

          伝統を守ることと、そこに新しいものを貪欲に取り入れることがうまく両立できれば、こぎん刺しの将来は明るいのではないでしょうか。

            

          *ブログランキングに参加しています (^o^)

          気に入ったら、この文をクリックするか、下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

          あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

          よろしくお願いします (*^^*)

           

          ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

           

          #こぎん刺し #マスキングテープ #津軽塗 #伝統 #斬新 #着物の帯 #刺繍

           

          | 弘前りんご | 日常 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
          無性に本を読みたくなることって、ありませんか? 忙しい時にかえって (^_^;)
          0

            *ブログランキングに参加しています (^o^)

            気に入ったら、この文をクリックするか、

            下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

            あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

            よろしくお願いします (*^^*)

             

             

            今月に入って、週に講義が3回(当然その準備の時間も数倍かかるし)、実習も始まり、班会議の発表スライドも作らんといかんし、(その上、ブログも書かんといかんし)(^_^;)

            例年通り、バタバタ状態が始まりました。

            そんなときに限って、無性に本が読みたくなって、気づくとアマゾン、楽天ブックスをポチってしまうのです。もちろん専門書や論文雑誌とは違うもの。

            困ったものです。まあ逃避行動ではあるとは思いますが。

             

             

            現在のところ、

            チャールス・ローゼン ”音楽と感情”

            有川浩 ”明日の子供たち”

            八幡和郎 ”江戸時代の不都合すぎる真実”

            橋本幸士 ”「宇宙のすべてを支配する数式」をパパに習ってみた”

            小方厚 ”音律と音階の科学”

             

            同時並行で5冊。しかも雑多。

            流石に多すぎるかと思いますが、それぞれジャンルが違って、頭の切り替えが却って新鮮に感じられるようです。

             

            皆さんは、そんな気持ち、状況になることはありませんか?

             

            そろそろ一冊読み終わるので、次の.....

             

            ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

             

            #読書 #インターネット書店 #逃避 #アマゾン #楽天ブックス

             

            | 弘前りんご | 日常 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            + RECOMMEND
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
            自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

            しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

            手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

            修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

            その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

            研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

            いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

            最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

            ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            カラフル (文春文庫)
            カラフル (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
            森 絵都
            自殺を図った主人公の少年にとって、その家庭は灰色に見えたのだろうけれど、実はいろんな色を持つということが、わかってきます。
            自分は孤独だと思っていた少年が、実はその家庭にとって欠かせない一員だったことに、気づいてゆく過程を、軽やかな筆致で描いてゆきます。しかし内容はかなり重いものです。
            そして、その少年と同じ様な境遇の悩める少年・少女に、いや大人にとっても、小説の最後は、力強いエールになっています。
            久しぶりに、良い後味の小説を読んだという強い印象です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実 (JUGEMレビュー »)
            小名木 善行
            学校で習った百人一首の解説は、藤原定家という自身歌の名手が、古今の名歌の中からおのが美意識に基づいて100首選んで、気ままにまとめた、といったところです。
            しかし、その考えに懐疑的な著者は、歌い手と歌の選出、歌われた時代背景、そしてその並べ方に盛り込まれた定家の思いを徹底的に解析し、その結果明らかになったことを解説していきます。
            すなわち、歌人や歌の選定、配列等の構成が実に綿密に行われ、百首全体で一つの壮大な歌のようになっているというのです。
            もちろん、一つ一つの歌の解説を読んですっと納得の行くものです。
            久しぶりに目からウロコの本に出会ったという印象です。
            + RECOMMEND
            ヨチヨチ父 とまどう日々
            ヨチヨチ父 とまどう日々 (JUGEMレビュー »)
            ヨシタケシンスケ
            ページをめくるたび、お子さんのいる男性なら、そういえばそんな気持ちになったなあと、いちいち頷かされることでしょう。
            かく言う私も遠い昔を思い出して頷きました(^^;)

            作者は、絵本作家のヨシタケシンスケ。

            『あるかしら書店』、『りんごかもしれない』などの、妄想爆発、抱腹絶倒(?)の作品を出しています。

            『ヨチヨチ父』は、作者自身の子育てにまつわるエピソードを、簡潔な、しかし微笑ましくも涙ぐましい絵で綴る絵本です。

            子供が生まれる10ヶ月も前から女性は母親になるけれど、男性は父親目指して成長してゆく(その気があればですが ^^;)ものであることがわかります。

            それは、言い古された言葉ですが、我が子を10ヶ月もお腹の中で育み、そのおなかを痛めて生んだ女性と、生まれたときにはじめましてという、実感という意味では遥かに希薄な男性の違いでしょう。

            だからこそ、誕生の日からの毎日が、その実感を確かなものにしてゆく過程であり、父親になるというなんでしょうね。

            そして常に脇役でしか無い。
            それなら、名バイプレイヤーをめざすしか無いっしょ^^;)

            それにしても、『男はつらいよ』は映画のタイトルだけではありませんね。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            マスカレード・ナイト
            マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
            宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
            もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
            ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/08)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/08)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              弘前りんご (06/11)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              てんし (06/11)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              弘前りんご (06/05)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              川村昇一郎 (06/05)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              弘前りんご (05/09)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              Hirobumi Ohno (05/09)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Google Adsense
            + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            + Amazon
            + BLOG RANKING
            + 本ブログへの訪問者数
            20140518 13時 60000人到達
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE