弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
青い森は木の国なり!_ ”わにもっこ” に行ってきました。(大鰐町 大字早瀬野 字坂本72の2)
0

    ぶな原生林白神山地世界遺産に指定されて有名ですが、木曾ヒノキ、秋田スギと並んで、青森ヒバも、日本三大美林の一つに数えられて、青森の誇る山林資源です。

     

    そんなヒバを含め、青森の森林資源を様々な木工製品、実用品だけでなくアート作品にも活用する施設が、大鰐にあります。

    それが、わにもっこ大鰐町木材工芸センターの愛称のようです。

    建物の外には ”わにもっこ” と一切、書かれていないので、ナビで行ったにもかかわらず、入って確認するまでは不安でした ^^;)

     

    大鰐町木材工芸センター

     

     

    工作場内部

     

    中の方が説明してくださいました。

    豪華列車 ”四季島” のツアー客に配るんだとか。なかなか誇らしげでした (*^^*)

     

    いろんなものを入れるケース

     

    動物の足跡をあしらった木皿

     

    いくつか、今製作中の作品を見せていただきました。

     

    いろんな木を材料に、知育玩具としての積み木を作っています。

    孫の英ちゃんの誕生日に買ってやりたい (*^^*)

     

    ここは工作場なので、隣のショールームに行ってみてくださいと言われ、そちらも覗いてみました。

    ショールームというだけあって、素敵な空間でした。

     

     

    赤いエントランスが印象的

     

    中は天井の高い、広々とした展示スペース

     

    可愛い動物の背もたれの椅子。

     

    ぬくもりの感じられる木の玩具が、様々ありました。

     

    ずっと座っていたい椅子やテーブルがいろいろとありました。

     

    観ているだけでも楽しくなる空間に心癒される思いがしました。

     

     

    弘前への帰り道、チロリン村が実在するのを見つけ、さっきまで見ていたのはファンタジーだったのか、と錯覚してしまいそうでした。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  

    気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #大鰐 #ヒバ #森林資源 #木工工芸センター #積み木 #椅子 #チロリン村 #四季島 #知育玩具 #木のぬくもり

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 紀行 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
    いよいよ弘前の町中も紅葉の季節 _ 最勝院五重塔の境内も、少しずつ色づいてきました。
    0

      桜は裾野から、紅葉は山の端からと言われますが、弘前市内の色んな所で紅葉が始まったという話を聞きます。

      この日は午前中時間があったので、職場に行く前に最勝院五重塔の境内を覗いてみました。

       

       

      山門から境内を見ると、石の観音菩薩像を覆うように、確かに紅葉が始まっていますね。

      振り返ってみると、

       

       

      結構色づいています。

       

       

      苔むした石像の背後に紅葉が囲むようにあって、まるで光背のように輝いています。

      春は桜の花だったのですが、これはこれでまたいいですね。

       

       

      生憎の雨でしたが、紅葉した部分に載った水滴がルビーのように輝いています。

      ひどい降りではないので、情緒があっていいでしょう。

       

       

      五重塔の基壇の周りにそのうち赤や黄色の落ち葉が溜まると、また風情が出ますね。

       

       

      常緑の生け垣の上に紅葉の枝が降りてきています。もう少し経てばこれも真っ赤に色づき、赤と緑のコントラストが美しくなることでしょう。其の頃にまた来なくちゃ。

       

      三連休は台風25号が来るので、ちょっと外出が躊躇われますが、様子を見て今度は弘前公園の方にも足を伸ばしてみたいとおもいます。

       

      ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  

      気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #紅葉 #最勝院五重塔 #山門 #観音菩薩の石像 #台風25号 #三連休 #弘前公園

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 紀行 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      今日9月23日は秋の彼岸の中日(秋分の日)ですね。ちなみに彼岸は20日ー26日の7日間。
      0

        仏教の教えに拠れば、もともと彼岸とは、現世のしがらみや煩悩を離れることが出来ると(修行などに依って)、到達できる悟りの境地のことです。しかし、現代では秋のこの期間に寺院などで法要を行い、もっぱら亡くなった人を弔う、あるいは先祖供養する事となっています。一方、春のお彼岸では、自然を讃えて、生きとし生けるものを慈しむという意味合いが強いようですね。

         

         

        さて、秋のお彼岸につきものといえば、彼岸花(曼珠沙華)でしょう。

         

         

        彼岸花(曼珠沙華)の自生の北限は、文献的には秋田県のようですが、ここ弘前でも彼岸花は見られます。自生なのかどなたかが植えたのか、そのへんはわかりませんが。

         

         

        私の職場近くにも、彼岸花が美しく咲いている場所があります。そこは五重塔がある最勝院の境内。隠れたスポットだったのが、SNSなどで知られるようになったのか、この日もたくさんの人が撮影に訪れて、結構な賑わいでしたよ。

         

        この花は田んぼのあぜ道などでよく見かけますが、このお寺の境内では行儀よく並んで咲いているところを見ると、自生ではなく植えられたのではないだろうかと思います。

         

        ちなみにこの花の鱗茎からとれる植物アルカロイドのガランタミンは、コリンエステラーゼの阻害作用があり、近年の高齢化社会で問題となっている認知症である、アルツハイマー病の治療薬になっています。

         

        でも、最近ボケてきたからと言って、彼岸花の球根を食べようなんて思わないでくださいね。ガランタミン以外の薬理作用(毒性)を持つ成分が一杯入っていますから ^^;)

         

        しかし、そのようなことはともかく、秋の訪れを知らせる鮮やかな色の花ですね。

         

         

        ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。 
        気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

         ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #彼岸 #秋分の日 #彼岸花 #認知症 #アルツハイマー病 #治療薬 #ガランタミン #コリンエステラーゼ阻害薬

         

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

         

        | 弘前りんご | 紀行 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        旅屋おかえり [ 原田マハ ]
        旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
        ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

        旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

        またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

        旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

        そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

        まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          弘前りんご (10/21)
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          河野 實 (10/21)
        • 今年はレオナール・フジタの没後50年_東京都美術館、藤田嗣治展
          dezire   (10/09)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          弘前りんご (09/24)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          河野 實 (09/24)
        • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
          イーザス (09/12)
        • 大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
          omachi (08/19)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/08)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE