弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
津軽渉猟(11)_ お得な切符を使って、大鰐、そして黒石でお写んぽ (2)黒石編 _ こみせ通り
0

    (弘前駅から出発)

    弘南鉄道弘南線。

    こちらは残念ながらサイクルトレインは運行していないので、オレンジカウンティ号 ^^;)は、弘前駅前地下にある市営駐輪場に預けて、中央弘前駅に向かいました。

     

    弘前駅中央口駐輪場(http://www.hirosaki-c-parking.jp/usage.html#centralbike

    自転車のメインテナンスもやっている、自転車ユーザーの強い味方です。

     

    (弘南鉄道弘南線)

     

    DSC01071.jpg

     

    弘前と黒石を結ぶ線ですが、こちらも途中にいくつか寄ってみたいスポットがあるにはあります。

     

    DSC01081.jpg

     

    DSC01085.jpg

     

    しかし、こちらも時間の都合で一気に黒石を目指しました。

     

    DSC01099.jpg

    ラッセル君。現役最古のラッセル車ではないかと。

     

    DSC01100.jpg

     

    黒石駅にはラッセル君が停まっていました。活躍の場はもう少し先ですね。

     

    DSC01103.jpg

     

    (生憎の雨)

    駅の外にでてみると、あいにく雨が降り出しました。

    急ぎ雨宿りも兼ねて、こみせ通りに向かいました。

     

    DSC01104.jpg

     

    大きな杉玉を掲げた、名酒玉垂の”中村亀吉酒造

    先代の社長さんは、東京の薬科大の出身と伺っています。

     

    DSC01115.jpg

     

    そしてもう一軒の造り酒屋、鳴海醸造

    今年、その大吟醸酒”稲村屋文四郎”が、全国新種品評会で金賞を受賞しました。

    とても美味しいお酒です。

     

    DSC_3241.jpgDSC_3242.jpg

     

    流石に朝から歩き通しで疲れたので、古民家カフェに。

    こみせ通りにある、重要文化財の高橋家です。

     

    DSC01106.jpg

     

    中に入ると、

     

    DSC01107.jpg

    DSC01108.jpg

     

    中庭に面したところがカフェになっています。

     

     

    庭を見ながらコーヒーを頂けば、悠久の時間の流れに身を委ねたような気分になりました。

     

    黒石はエリアも広く、温泉もあり、名刹もあり、またいつか改めて訪ねて来たい思いがします。

     

    その後、黒石駅に戻り、また弘南鉄道弘南線に乗って、弘前駅に戻り、大鰐、黒石の旅は終わりました。

     

    DSC01117.jpg

     

     


    青森県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の青森県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #青森 #黒石 #弘前 #弘前駅中央口駐輪場 #弘南鉄道 #弘南線 #ラッセルくん #こみせ通り #中村亀吉酒店 #玉垂 #鳴海醸造 #稲村屋文四郎 #古民家カフェ #高橋家

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの"北のまほろば掲示板

     

    | 弘前りんご | 紀行 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    津軽渉猟(10)_ お得な切符を使って、大鰐、そして黒石でお写んぽ (1)大鰐編 _ 鰐come、大円寺、日景食堂
    0

      (お得な切符)

       

      DSC00966.jpg

       

      大黒様きっぷ

      なんだかご利益の有りそうな御札のように見えますが、これは弘南鉄道の弘南線(弘前ー黒石)大鰐線(弘前−大鰐)の両方を一日乗り放題できるきっぷ(大黒様きっぷ)です。

       

      普通にきっぷを買って、どちらも単純に往復すると、940円+880円=1820円かかります。

      それが何度どこでも乗り降りしても1000円ですから、とてもお得です。

      (なお、大鰐温泉だけが目的なら、鰐カムの入浴料500円+200円のお買い物券と中央弘前−大鰐の往復きっぷ880円がついて1000円のさっパスがあります)

       

      なお、お得きっぷ取り扱い駅は以下のとおりです。

      ■取扱駅 大鰐線有人駅(大鰐駅・中央弘前駅)
      弘南線有人駅(弘前駅・弘前東高前駅・平賀駅・津軽尾上駅・黒石駅)

       

      (いよいよ出発)

      さて、今回はこれを使って、大鰐、そして黒石に行こうと思い立ちました。

      そこで、大鰐線の始発駅、中央弘前駅へ。

       

      DSC00962.jpg

       

      (大鰐線 サイクルトレイン)

      それからもう一つ、大鰐線はサイクルトレインが冬の時期を除いて運行しています。

       

      平日は9:30から14:30

      土日は、全ての便で自転車を持ち込めます。

       

      DSC00964.jpg

       

      ということで、私もオレンジカウンティ号(今命名しました ^^;)を持ち込んで、大鰐を目指しました。

      と言っても34分の旅ですが。

       

      途中、津軽大沢と言う、鉄ちゃんの聖地などがありますが、今回は大鰐温泉に入るということで、途中下車は断念しました ^^;)

       

      DSC00991.jpg

       

      そして、大鰐駅に到着。

       

      DSC01016.jpg

       

      ここで1つ問題が発生 ^^;)

       

       

      弘南鉄道大鰐駅は、JR奥羽線大鰐温泉駅と並んでいるのですが、正面(大鰐温泉側に行くには、下の写真の陸橋を上り下りする必要があります。

       

       

      自転車を押して行くのは、出来ないことはないですが、それだけでエネルギーをかなり消耗しそう。

       

       

      それを避けるとすると、北側(地図の北側、駅裏ですね)に出て、ちょっと西側の踏切まで戻って、線路を渡る必要があります。

       

      DSC01031.jpg

      右が弘南鉄道大鰐駅、左側がJR大鰐温泉駅。

       

      そしてようやく駅の正面に出ました。

       

       

      直ぐ南側に、日帰り温泉の湯の駅 鰐com(ワニカム)があります。

       

       

      鰐comeは、大鰐町地域交流センターでもあり、産直コーナーもあって、地元の人で結構賑わっていました。

      http://www.wanicome.com/

       

      また食事処が、産直コーナーの隣と、日帰り温泉の建物の中にもあり、入浴後の楽しみもあります。

       

      DSC01033.jpg

       

      今回のさ迷いの目的の一つが大鰐温泉に入浴です。

      JAF会員には、割引がありますよ。

       

      入ってからわかったのですが、男湯の方の露天風呂が改修工事中(10月9日までの予定)で、内風呂のみだったのは少々残念でした。

      でも、お湯はなかなか良かったです。

       

      (大鰐でお写んぽ)

      温泉で汗を流した後、次に大円寺に向かいました。

       

       

      ここは、大鰐の大日様として、篤い信仰を集める、高野山真言宗の名刹です。

       

      DSC01060.jpg

       

      DSC01055.jpg

       

      お大師様の像に向かって熱心に拝んでいる、おそらく地元の人がいました。

       

      DSC01050.jpg

       

      また、ちょっと早めの、おそらく七五三詣りの親子連れも。

       

      参拝を終えたのが12時すこし前。そこで大円寺前の食堂である、日景食堂に入りました。

       

      DSC01036.jpg

       

      年季の入った建物で、創業明治30年。まさに津軽百年食堂の一つですね。

       

      せっかく大鰐温泉に来たので、名物大鰐もやしを使ったラーメンを頼みました。

      大鰐もやしは、大鰐温泉の湯を使って育てた伝統野菜です。

      シャキシャキと歯ごたえのある、ミネラル豊富なもやしです。

      何でも350年以上前から栽培されてきたそうです。

       

      DSC01066.jpg

       

      DSC01067.jpg

       

      他の店でも色々と大鰐温泉もやしを使った料理を出しているようですが、ここのは五目塩ラーメンをベースに温泉もやしの炒めたものをトッピングするというものでした。

       

      もやしはもちろん炒めてあってもシャキシャキ感は失われておらず、食べごたえがあります。

      またきくらげがたっぷりはいっているのも特徴です。

       

      DSC01068.jpg

       

      麺は普通の太さの縮れ麺。

      並盛でも量はたっぷり、食べごたえがありました。

       

      (今度は黒石へ)

      食べ終えると、また来た路を戻り、大鰐駅へ。

      そして中央弘前駅まで、大黒様きっぷを使って戻りました。

       

      続いて、次は弘南鉄道弘南線ということで、弘前駅に向かいました。

       

      (次回に続く)

       

       

       


      青森県ランキング

       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      このリンクか上の青森県ランキングのボタンを押してください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)


      #津軽 #弘前 #弘南鉄道 #大黒様きっぷ #津軽渉猟 #大鰐線 #鰐come #大鰐温泉 #日帰り入浴 #JAF割引 #露天風呂 #大円寺 #大鰐のお大師様 #真言宗 #津軽百年食堂 #日景食堂 #大鰐温泉もやし 

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの"北のまほろば掲示板

       

      | 弘前りんご | 紀行 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
      小樽はもはや昔の小樽ではなかった (*^^*) _ なんだか異空間に迷い込んだような。
      0

        (なんと30年ぶりの小樽)

        まあ、たしかに30年も経てば、今浦島のように感じるのは致し方ないけれど、記憶にあった小樽のイメージとはことごとく違っていました。いや決して悪い意味での変化ではありませんが。

         

        (小樽へのエントリーは南小樽駅から)

        ある方から、小樽を歩いて尋ねるのであれば、南小樽駅から出発し、小樽駅をゴールとすべきとのサジェスチョンを受けました。

        その理由は、まず道が南小樽から小樽に向けて結構な下り坂であること。逆に行くのは結構きついとのこと。

        第二に、南小樽駅エリアは、小樽駅前の観光エリアに比べて、古き良き小樽の趣を残していること。

        第三に、帰りの便がエアポートライナーなら、始発の小樽駅でないと、観光シーズンなら、南小樽では空席がないことが多いとのこと。

         

        DSC00106.JPG

         

        そこで、南小樽駅で降りて、まずは田中酒造亀甲蔵を訪ねました。

         

        (古い造り酒屋)

         

         

        田中酒造の創業は明治32年(1899年)で、この亀甲蔵は昭和2年のものです。小樽市の歴史的建造物に指定されています。

         

        DSC00114.JPG

         

        しかし、中はそれを活かしつつ、なかなかおしゃれにリフォームされています。

        中では試飲もできて、楽しめます。

         

         

         

         

        (メルヘン交差点)

        そこから洋館、古い建物が並ぶ通りのメルヘン交差点を目指しました。

         

        DSC00151.JPG

         

        そして最初に入ったのが、小樽オルゴール堂。3階建ての広い空間に、所狭しと様々なオルゴールが並んでいます。

         

         

        お土産用に買えるものから、アンティークで貴重なものまで。見ていて楽しいですね。

         

        (小樽運河)

         

        DSC00230.JPG

         

        慈愛の目。なんだか彫刻に溶け込んでいて、微笑ましい (*^^*)

         

        次に小樽運河沿いに更に進んで、観光の中心街に着きました。

         

        DSC00260.JPG

         

        DSC00274.JPG

         

        北一硝子のホールは素敵なカフェ空間になっていました。まるでヨーロッパの町のようです。

        しばしこちらで休憩したのち、ランチのために駅前に向かいました。

         

        DSC00198.JPG

         

        DSC00196.JPG

         

        途中、北海道発の鉄路であった、旧手宮線の線路が残されていました。

         

         


        青森県ランキング

         

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        上の青森県ランキングのボタンを押してください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #小樽 #観光 #南小樽駅 #観光 #田中酒造 #亀甲蔵 #メルヘン交差点 #小樽運河 #旧手宮線 #小樽オルゴール堂 #北一硝子 #北一ホール #レトロなカフェ 

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの"北のまほろば掲示板

         

        | 弘前りんご | 紀行 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          今井 正治 (08/12)
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          弘前りんご (07/19)
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          yoko (07/19)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          てんし (07/18)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          弘前りんご (07/18)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE