弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
宝塚渉猟(4)_ 阪急宝塚線清荒神駅界隈 (2) _ 清荒神境内の鉄斎美術館、そして帰りに清荒神きんつばをお土産に。
0

    (最後の文人画家、富岡鉄斎)

    富岡鉄斎は京都の法衣商の家に次男として生まれ、明治、大正、昭和に渡って活躍した、文人画家です。

     

    富岡鉄斎(1837年1月25日(天保7年12月19日)- 1924年12月31日、wikipedia)

     

    尤も本人は画家と呼ばれることを嫌い、学者であり、絵は余技だとしていました。

    しかし、87年の生涯で、後半生においてその盛名は高まるばかり。

    色彩感覚に優れ、自由奔放な画風は独創的。

    日本画家の梅原龍三郎や評論家の小林秀雄は絶賛しました。

    また海外での評価も非常に高いようです。

     

    (鉄斎美術館が清荒神清澄寺境内にある理由)

    清澄寺第37代法主光浄和上は、歌劇と温泉くらいしか無い宝塚に、宗教と芸術文化が融合した理想郷のようなものを作りたいと常々考えていました。

    そんなところに富岡鉄斎との出会いがあり、彼の作品、人格に魅せられた和上は、鉄斎の作品の収集と研究に生涯を捧げました。

    その遺志を継いだ第38代法主光聰和上が、鉄斎芸術を世間に広く知らせるため、鉄斎美術館を建てたというわけです。

     

    DSC03052.jpg

     

    DSC03045.jpg

     

    しかし、残念ながら今年は収蔵資料の整理のため閉館しており、史料館の方で作品の公開を無料で行っています。

     

     

    ちなみに、鉄斎美術館の裏手は散策路の様になっていて、一番奥には、小振りながら姿の良い龍王の滝が有りました。

     

     

    鉄斎美術館の別館である史料館では、新天皇の御即位の年を記念して、鉄斎が生涯篤く敬った皇室に関連する作品、資料を”天子知名”と銘打って、2期に分けて公開しています。

     

    DSC03133.jpg

     

    和風と現代的な様式を融合した素敵な建物です。

    竹中工務店の設計施工ですね。数々の建築の賞を受賞しています。

     

     

     

    紅葉にはまだもうちょっというところでしたが、ピークの時期には前庭の大銀杏、背後の桜などの紅葉が美しいとのことでした。

     

     

    エントランス前にはとても大きな水盤があり、水鏡の様になっています。

    ともあれ、鉄斎美術館が再び公開されるようになったら、改めて訪ねてみたいと思います。

     

    拝観を終えて、もと来た道を戻って、清荒神駅に向かいました。

    途中、清荒神のきんつばの店(泉寿庵)があったので、買い求めました。

     

    DSC02911.jpg

     

     

     

    津軽塗の小振りのお盆に乗せると映えますね。

    もちろん味も、程よい甘さ、皮の食感の良さ、実に美味しく頂けました。

     

     


    兵庫県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #兵庫県 #宝塚市 #清荒神 #清澄寺 #富岡鉄斎 #最後の文人画家 #鉄斎美術館 #史料館 #御即位記念 #天子知名 #水鏡 #紅葉の見頃はもう少し後 #きんつば #泉寿庵 #津軽塗 #盆

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの"北のまほろば掲示板

     

    | 弘前りんご | 紀行 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
    宝塚渉猟(3)_ 阪急宝塚線清荒神駅界隈 (1) _ ベガホールから清荒神清澄寺参拝へ
    0

      (宝塚のお寺といえば、清荒神)

      宝塚界隈で、著名な寺といえば、中山寺清荒神の名で知られる清澄寺

      今回は清澄寺を訪れました。

       

      (ちょっとその前にベガホール)

      阪急宝塚線清荒神駅の前からすぐ参道が始まります。

       

       

       

      がしかし、そこに向かう前にちょっと寄り道。

       

      DSC02874.jpg

       

      音楽ホールとして関西では名の知られるベガホールが、やはり清荒神駅そば、歩いて1−2分の距離にあります。

       

      DSC02879.jpg

       

      最後に聴いたのは、大阪に住んでいた頃ですから、30年近くも前になります。

      その時の印象は、程よい大きさの音の良いホールだったと記憶しています。

       

      DSC02881.jpg

       

      そうそう、ホールにオルガンが有り、定期的に演奏会もやっているようです。

       

      DSC02883.jpg

       

      また私の誕生日にメサイアが (*^^*)

      これからはたびたび通うことになるかなと思っています。

       

      (さて、今度こそ清荒神さんへ)

      緩やかな傾斜が1.3kmほど続く参道。

      その両側にはいろんなお店が並んでいます。

       

      DSC02905.jpg

      老舗の佃煮屋(さん志ょうや本家

       

      友人の情報では、このお店の向かいの食堂で、佃煮を色々と試食できるようです (*^^*)

       

      DSC02917.jpg

      温泉地宝塚ということで?炭酸せんべいのお店。

       

      DSC02921.jpg

      荒神名物のおかげ巻とおでんを出す食事処

       

      DSC02926.jpg

      ばらずしという看板に、心惹かれます ^^;)

       

      ところで、ばらずしとちらし寿司の違いはご存知ですか?

       

      DSC02938.jpg

       

      途中、参道またぐように走る中国自動車道が、静寂を破っていました。

       

      DSC02930.jpg

       

      徒歩で20分ほどで清澄寺の三門に到着。早朝だったせいか参拝客も多くなく、お店もまだ開いていないところが多かったです。

      しかし、帰りには大勢の人と行き交い、多くのお店が開店していました。

       

      DSC02946.jpg

       

      境内に入ると、新と旧が入り混じった不思議な感覚の空間が広がっていました。

       

      DSC02947.jpg

       

      洒落た近代的なテイストの建物が売店。

       

      DSC02953.jpg

       

      手水舎で手を清め、赤い橋を渡って拝殿へ。

       

      DSC02969.jpg

      アルバイトの学生さんかな?

      清荒神は、火の神を祀っているのですが、それに関連して、火箸の供養が行われています。

       

       

      すごい数の火箸に圧倒されました。

       

      境内には実に様々な堂塔伽藍があり、参拝者は思い思いにそれらにお祈りをしていました。

       

      拝殿(天堂)

       

      本社(護法堂)

       

      本堂前の一願地蔵尊 息子さんに伴われてお母さんがお参りといったところでしょうか。

       

      (後半に続く)

       

       

       

       


      兵庫県ランキング

       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #宝塚 #阪急宝塚線 #清荒神駅 #ベガホール #清荒神清澄寺 #真言宗 #参道 #老舗の佃煮屋

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの"北のまほろば掲示板

       

      | 弘前りんご | 紀行 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
      津軽渉猟(11)_ お得な切符を使って、大鰐、そして黒石でお写んぽ (2)黒石編 _ こみせ通り
      0

        (弘前駅から出発)

        弘南鉄道弘南線。

        こちらは残念ながらサイクルトレインは運行していないので、オレンジカウンティ号 ^^;)は、弘前駅前地下にある市営駐輪場に預けて、中央弘前駅に向かいました。

         

        弘前駅中央口駐輪場(http://www.hirosaki-c-parking.jp/usage.html#centralbike

        自転車のメインテナンスもやっている、自転車ユーザーの強い味方です。

         

        (弘南鉄道弘南線)

         

        DSC01071.jpg

         

        弘前と黒石を結ぶ線ですが、こちらも途中にいくつか寄ってみたいスポットがあるにはあります。

         

        DSC01081.jpg

         

        DSC01085.jpg

         

        しかし、こちらも時間の都合で一気に黒石を目指しました。

         

        DSC01099.jpg

        ラッセル君。現役最古のラッセル車ではないかと。

         

        DSC01100.jpg

         

        黒石駅にはラッセル君が停まっていました。活躍の場はもう少し先ですね。

         

        DSC01103.jpg

         

        (生憎の雨)

        駅の外にでてみると、あいにく雨が降り出しました。

        急ぎ雨宿りも兼ねて、こみせ通りに向かいました。

         

        DSC01104.jpg

         

        大きな杉玉を掲げた、名酒玉垂の”中村亀吉酒造

        先代の社長さんは、東京の薬科大の出身と伺っています。

         

        DSC01115.jpg

         

        そしてもう一軒の造り酒屋、鳴海醸造

        今年、その大吟醸酒”稲村屋文四郎”が、全国新種品評会で金賞を受賞しました。

        とても美味しいお酒です。

         

        DSC_3241.jpgDSC_3242.jpg

         

        流石に朝から歩き通しで疲れたので、古民家カフェに。

        こみせ通りにある、重要文化財の高橋家です。

         

        DSC01106.jpg

         

        中に入ると、

         

        DSC01107.jpg

        DSC01108.jpg

         

        中庭に面したところがカフェになっています。

         

         

        庭を見ながらコーヒーを頂けば、悠久の時間の流れに身を委ねたような気分になりました。

         

        黒石はエリアも広く、温泉もあり、名刹もあり、またいつか改めて訪ねて来たい思いがします。

         

        その後、黒石駅に戻り、また弘南鉄道弘南線に乗って、弘前駅に戻り、大鰐、黒石の旅は終わりました。

         

        DSC01117.jpg

         

         


        青森県ランキング

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        このリンクか上の青森県ランキングのボタンを押してください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #青森 #黒石 #弘前 #弘前駅中央口駐輪場 #弘南鉄道 #弘南線 #ラッセルくん #こみせ通り #中村亀吉酒店 #玉垂 #鳴海醸造 #稲村屋文四郎 #古民家カフェ #高橋家

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの"北のまほろば掲示板

         

        | 弘前りんご | 紀行 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE