弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
専門外の学会が楽しい (*^^*)_近畿産業考古学会の見学会に参加して(京都鉄道博物館)
0

    (専門外の学会?)

    大学の専門課程の学生の頃から、生命科学系(基礎系、臨床系共に)の学会に入って、学会活動(研究発表、評議員)はいくつもやってきました。研究者になってからは、全国レベルの年会を運営したこともありました。

     

    さて、昨年末から登録文化財を調査するNPO法人の活動に参加しましたが、そうすると関連学会はこれらとは全く違う、文系、社会科学系の学会になります。

     

    DSC00610.jpg

     

    今回その一つ、近畿産業考古学会が主催する見学会に行ってきました。

     

    JR.jpg

     

    尤もまだ個人会員ではなく、所属するNPO法人が法人会員になっているので、案内が回ってきたと言う次第です。

     

    (京都鉄道博物館)

    今回の見学先は京都市下京区観喜寺町にある、京都鉄道博物館です。

    場所は、JR山陰本線(京都から園部間の愛称、嵯峨野線)の新駅(梅小路京都西駅、2019年開業)の目の前です。

     

    DSC00275.jpg

     

    この博物館の前身は2つあります。

    ・1つは、昭和37年に大阪環状線の弁天町駅に隣接して立てられた、新時代の交通を指向すると言うコンセプトの交通科学博物館

    ・もう一つは、現在の京都鉄道博物館の敷地とオーバーラップした場所に昭和47年に開館した梅小路蒸気機関車館です。

    こちらは国鉄の動力近代化で廃止される運命にあった蒸気機関車を、一部は動態保存(動かすことのできる状態での保存)し、後世に蒸気機関車の文化を伝え残すとの考えから建てられました。

     

    DSC00392.jpg

    梅小路蒸気機関車博物館の頃からの蒸気機関車転車台。

     

    DSC00286.jpg

    旧二条駅舎(二条駅から移築し、梅小路蒸気機関車館の本館として使用していました。現在は京都鉄道博物館のミュージアムショップなどが入っています。)

     

    その後、地域と歩む鉄道文化拠点として、交通科学博物館を梅小路の方に吸収して、新たに京都鉄道博物館として平成30年7月に再スタートしました。

     

    基本コンセプトとして、

    〕茣杣圓家族で楽しめる。

    地域との連携を図って、地域の活性化に寄与する。

    E監司顕蹴萋阿鯆未犬銅匆颪療監擦紡个垢詬解の促進とイメージアップを図る。

    JR西日本の社員が運営に参加し、鉄道の安全性や技術を来館者に直接伝えることで、社員と顧客間のコミュニケーシンの向上を図る。

    を指向しているそうです。

     

    (大層な賑わい)

    DSC00282.jpg

     

    この日は、ハローキティのラッピングした500系新幹線のお披露目、試乗会?があったためもあってか、家族連れ、子供連れの来館者が、開館を待って長い行列を作っていました。

     

    DSC00471.jpg

     

    幸い、我々学会関係者は、団体扱いで開場時に並ばずに中に入れました。

     

    (お宝拝見)

    入場はしたものの、一般の展示見学は後回しにして、1時間ほどを掛けてバックヤード(3Fの資料室、収蔵庫1F)の見学をさせてもらいました。SNSには残念ながら写真は上げられないのですが、拝見した資料では車両のカルテ(点検、修繕、交換の記録簿)であるとか、収蔵品では硬券印刷機や、0系新幹線の先頭のカバーとか、7万点に及ぶお宝の主だったものを見せていただきました。

    集めることは大事だけれど、それをどう管理し、生かして行くかがもっと大事で大変だと言うことです。

     

    (館内ツアー)

    お昼を挟んで、まずは京都鉄博自慢のジオラマ見学。

    そして一般の見学コースを、元館長の方による解説(ここには出せませんが、通常の解説以上に、豊富な裏話、思い出話がとてもおもしろかったです ^^;)を聴きながらじっくり見て回りました。

     

    またいろんな資料もいただき、とても充実した約4時間の見学会でした。

     

    JR.jpg

     

     

    京都鉄道博物館

     

     


    兵庫県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #学会 #京都鉄道博物館 #登録鉄道文化財 #近畿産業考古学会 #梅小路 #蒸気機関車

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

    | 弘前りんご | 鉄道 | 06:32 | comments(0) | - |
    星じゃなくて、つり革に願いを!?
    0

      ”ひろさきアフタースクール、弘南鉄道大鰐線応援プログラム”のイベント ”ゆめの列車 〜 つり革に願いを”に、写真撮影クルーとして参加してきました (^_^;)

       

       

      最初 ”つり革に願いを” って、ナンジャラホイと思ったのですが、参加してわかりました (^_^;)

      つり革を七夕の笹に見立てて、つり革の広告の代わりに願い事を書いた短冊(実際は筒状にした紙)をつけるということでした。

       

       

      出来上がりを先にバラしちゃうと、こうなるわけです。

       

       

       

      これは、小学生(と付き添いの大人)が切符を買い、公共交通機関である電車に乗って目的地に向かい、そこでミッション(つり革の飾り作成)を実行し、また元の駅に戻ってくるという体験型イベント。

      中央弘前駅にお昼すぎに集合。12時40分発の列車に乗り込みました。

       

       

       

      車両はアニメ、”ふらいんぐうっち”のラッピング車。

      外側だけでなく、車内もこんな感じ (*^^*)

       

      弘南鉄道の方からの説明を聞く参加者

       

       

      目的地は大鰐線の津軽大沢駅(車庫と検修所があります)。

       

       

       

       

      あいにく、一時的に結構な雨が降りましたが、イベントが始まる頃には上がりました。

       

       

      これに参加者が思い思いの願いを書きました。

       

       

       

       

      書き上げたものを、いよいよつり革に。

       

       

       

       

      ミッション終了後は、津軽大沢駅構内の見学。

       

       

       

      制服を着てのなりきり体験も。

       

       

      ラッセル君も登場 (*^^*)

       

       

      こうして、約3時間の夢の旅は終わりました。

       

      | 弘前りんご | 鉄道 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
      久しぶりの鉄分補給_青函トンネル入口公園?
      0
        今年ついに新幹線が津軽海峡を渡りました。
        渡ったというよりは潜ったというべきでしょうが。
        GW前半、竜飛崎に行った帰りに、青函トンネルの
        本州側の入口に行ってきました。



        なんと入口近くにトンネル神社が祀られていました (^_^;)



        到着した直後に新幹線が通過。急ぎ撮影。
        そしてよく見ると、撮影できるように展望台が線路わきに
        設けられていました。せっかくなのでそちらに移動。





        本数が少ないので、ずいぶんと待ちましたが、ようやく下りの
        列車が来ました。鮮やかなライトグリーンと白の鮮やかな
        ツートンと仕切るピンクのラインがきれいです。
        新幹線と在来線(貨物列車)が走れるようにレールは三本。



        そして入れ違いに、貨物列車が。
        両方を安全に走らせるため、北海道新幹線の青函トンネルの
        通過速度があげられないという問題があるそうですね。
        なかなか難しいところです。

         
        | 弘前りんご | 鉄道 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE