弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
星じゃなくて、つり革に願いを!?
0

    ”ひろさきアフタースクール、弘南鉄道大鰐線応援プログラム”のイベント ”ゆめの列車 〜 つり革に願いを”に、写真撮影クルーとして参加してきました (^_^;)

     

     

    最初 ”つり革に願いを” って、ナンジャラホイと思ったのですが、参加してわかりました (^_^;)

    つり革を七夕の笹に見立てて、つり革の広告の代わりに願い事を書いた短冊(実際は筒状にした紙)をつけるということでした。

     

     

    出来上がりを先にバラしちゃうと、こうなるわけです。

     

     

     

    これは、小学生(と付き添いの大人)が切符を買い、公共交通機関である電車に乗って目的地に向かい、そこでミッション(つり革の飾り作成)を実行し、また元の駅に戻ってくるという体験型イベント。

    中央弘前駅にお昼すぎに集合。12時40分発の列車に乗り込みました。

     

     

     

    車両はアニメ、”ふらいんぐうっち”のラッピング車。

    外側だけでなく、車内もこんな感じ (*^^*)

     

    弘南鉄道の方からの説明を聞く参加者

     

     

    目的地は大鰐線の津軽大沢駅(車庫と検修所があります)。

     

     

     

     

    あいにく、一時的に結構な雨が降りましたが、イベントが始まる頃には上がりました。

     

     

    これに参加者が思い思いの願いを書きました。

     

     

     

     

    書き上げたものを、いよいよつり革に。

     

     

     

     

    ミッション終了後は、津軽大沢駅構内の見学。

     

     

     

    制服を着てのなりきり体験も。

     

     

    ラッセル君も登場 (*^^*)

     

     

    こうして、約3時間の夢の旅は終わりました。

     

    | 弘前りんご | 鉄道 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
    久しぶりの鉄分補給_青函トンネル入口公園?
    0
      今年ついに新幹線が津軽海峡を渡りました。
      渡ったというよりは潜ったというべきでしょうが。
      GW前半、竜飛崎に行った帰りに、青函トンネルの
      本州側の入口に行ってきました。



      なんと入口近くにトンネル神社が祀られていました (^_^;)



      到着した直後に新幹線が通過。急ぎ撮影。
      そしてよく見ると、撮影できるように展望台が線路わきに
      設けられていました。せっかくなのでそちらに移動。





      本数が少ないので、ずいぶんと待ちましたが、ようやく下りの
      列車が来ました。鮮やかなライトグリーンと白の鮮やかな
      ツートンと仕切るピンクのラインがきれいです。
      新幹線と在来線(貨物列車)が走れるようにレールは三本。



      そして入れ違いに、貨物列車が。
      両方を安全に走らせるため、北海道新幹線の青函トンネルの
      通過速度があげられないという問題があるそうですね。
      なかなか難しいところです。

       
      | 弘前りんご | 鉄道 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      鉄分補給 in 北陸(2) 富山地鉄路面電車
      0
        さて、富山での鉄分補給ですが、新幹線開業に合わせて、市内の路面電車が充実されました。



        特に環状線が出来て、市内の主だったところをぐるっと回って、どこまで乗っても200円という魅力的な設定。







        その始発駅が富山駅。新幹線の駅の下に、直角に引き込み線のようになっています。





        その本数は実に多く、富山駅にはひっきりなしにトラムが出入りしていました。



        幸い最終日は快晴となり、街並みに新しいトラムがよく映えていました。

         
        | 弘前りんご | 鉄道 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
        鉄分補給 in 北陸(1)
        0
          鉄分補給は、弘南鉄道でのラッセル君ラッピングの時以来でしょうか。

          今回学会出張で富山でした。北陸新幹線が開通した年でもあるので、飛行機ではなく、JRで往復しました。
          新青森まで新幹線が来て便利になったというけれど、それは青森市周辺の方にとってのこと。
          弘前は新青森まで40分ほどかけてゆかなくてはなりません。
          行きはまだいいにしても、帰ってきて新青森について、これから在来線の普通に揺られて通勤客と一緒に40分も乗るのかと思うと、疲れが増す気がするのですが (+_+)




          それはさておき、今回行きは特急つがるで弘前から新青森まで向かいました。



          ちなみに、今年は奥羽本線全通110周年なんですね。



          次に、はやぶさに乗って (^_^;
          東北新幹線大宮駅まで。




          そこからいよいよ北陸新幹線。
          行きは停車駅数の多い”はくたか”。帰りは最も停車駅数の少ない”かがやき”に乗れました。
          そして富山に到着。ここまで約6時間半。かがやきでなら、5時間45分でした。





          それはともかく、やはり新幹線が来ると、街の雰囲気ががらりと変わりますね。
          あとは目的の路面電車を、時間があれば撮っていました。


           
          | 弘前りんご | 鉄道 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
          弘南鉄道プチ遠足
          0
            地方都市ほど、車依存の社会となって、公共交通機関の存続は非常に厳しいものになっています。
            もちろん、運営側もただ手をこまねいているわけではなく、いろんなイベントを企画して乗客を増やす努力をしているのですが。



            そして潜在的顧客を増やすという意味合いもあって、小さい頃から公共交通機関に慣れ親しんでもらい、その親も一緒に使ってみようという雰囲気を作るというコンセプトから企画された、親子で参加する弘南鉄道プチ遠足。



            子供たちにも人気のラッセル君、その本体であるラッセル車を子供たちにラッピングしてもらい、それを走らせるというものです。もちろん弘南鉄道を使ってもらう、親しんでもらうという目的(これが一番)もあるので、目的地(平賀駅の車庫)に現地集合ではなく、弘南鉄道弘前駅に集合。



            そこから弘南鉄道の黒石行きの電車に乗って、車庫のある平賀駅まで移動。
            そこでラッピング作業をします。




            平賀駅では、子ども達おまちかねのラッセル君が登場。



            子供たちは、早速そこに群がっていました (^_^;)


            ちょっとした段差も、着ぐるみでは難しいようで、要介護 (^_^;)



            ようやく雨も上がったので、駅構内を見学。
            解説は弘南鉄道の中田さんと、
            Umikaze Worksの渡辺さん。



            線路を検査するモーターカー(新幹線のドクターイエローのようなもの)が
            車庫で検査を受けていました。




            年代物のホッパー車(線路に砂利を撒く) 





            次は変電所。東北電力から受けた1万数千ボルトの交流を千数百ボルトの直流に変換し、路線の架線に供給しています。小さな子供たちには、ちょっと難しかったかな?



            そしていよいよラッセル車のラッセル君の図柄でのラッピング作業。



            おおまかなところは予め済まされていて、最後の仕上げを子供たちにやってもらいました。





            そして作業終了後、ラッセル車の内部の見学



            ラッセル君も乗りたそう (^_^;)



            そして、ラッセル車の走行を見学するため、次の目的地、田んぼアート駅に移動。



            あいにく激しい雨が降りましたが、その中を力強く電気機関車に牽引されて、ラッセル車が田んぼアート駅を通過(最初は後ろ向き ^_^;)



            隣の田舎館駅で引き返して、弘前駅に向かってラッセル車がもう一度、田んぼアート駅を通過。
            今度はラッセル車が先頭です。この日限りのラッセル君ラッピングのラッセル車でした。

            ラッセル車を見送った後、弘前駅に戻り、午後5時に解散となりました。
            子供たちの良い夏休みの思い出となって、また電車に乗りたいと思ってくれれば嬉しいですね。

             
            | 弘前りんご | 鉄道 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
            久々の撮り鉄_都電荒川線
            0
              色々と最近は撮る対象が増えたため、なかなか鉄分の補給がママなりません。
              しかし、今回出張で泊まった大塚のホテルの部屋が、なんと都電荒川線を見下ろせる (*^_^*)




              早速夕食に出るついでに、撮影しました。



              大塚駅では、線路がJR山手線と立体交差。
              まるでインドなどのように、列車が走りだしても、直前を渡る人が (^_^;)






              さすが東京ですね。列車が数分ごと、ひっきりなしにやってきます。



              お祭りが近々あるようで、たくさんの提灯が並んだところを走る姿に、風情を感じました。
              明日は乗り鉄かな? (*^_^*)




              夕食は、ホテル近くのワンタンが名物のお店 ”広州市場”



              きんきんに冷えたビールを飲みながら待つこと10分。



              ワンタンがゴロゴロ入ったワンタンメンが出てきました。
              しっかりと具の入ったワンタンが7つも。ひとつはノリの影に隠れています。

              スープはスッキリとした塩味(醤油味も選べますが)。
              麺はストレートで、適度に腰がありまし具がジューシーで、ボリュウムも満点。
              カウンター備え付けのタレに付けて食べても楽しめました。
              久々の夕食にラーメンでした。

               
              | 弘前りんご | 鉄道 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ようやく大阪−高松から帰弘へ
              0
                6日間の休暇を終え、弘前に戻ることになりました。
                行きは大阪から高松に高速バスでしたが、帰りは大阪までJRにしました。





                まずは高松駅から瀬戸大橋を渡るマリンライナーで。
                快速ですが、1号車(岡山行は最後尾)は2階建てのグリーン車でした。





                高松駅に止まっていた他の車両。食パンマンのラッピングのいしづちと伊予行き快速サンポート。



                駅のホームには、懐かしい連絡船うどんが。味の方はどうなんでしょうか。連絡船うどんは連絡船に載って食べるからこそ、うまいと感じるという人も (^_^;)



                岡山の手前の茶屋町駅のホームには、トロッコ列車。











                新大阪行の新幹線まで少し時間があったので、岡山駅で途中下車し、路面電車の撮影に。
                15分間の間に、最新の超低床車を始め、幾つもの車種を撮影出来ました。





                乗ったのはN700系の東京行き”のぞみ26号”
                久しぶりの新幹線でした。





                大阪空港から青森空港へはJAL便で。10分ほど乗る機材が遅れましたが、無事青森に到着。
                ようやく弘前に帰ってきました。

                 
                | 弘前りんご | 鉄道 | 06:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
                久々の撮り鉄_高松コトデンと仏生山駅の修理工場
                0


                  今回高松に行くことになって、久々に撮り鉄をやって来ました。
                  高松といえば、コトデン。
                  そして出発はやはり、高松築港駅から琴平線でしょう。












                  琴平線の仏生山という駅に、車両点検、整備の工場があると聴き、そこに向かいました。



                  駅員さんに聞くと、工場の中の見学は予約制ですと言われたのですが、担当の者に聞いてもらって、飛び入りでもOKということになりました。





                  改札横の敷地の入口には、”100年の時計”という映画で登場した車両が展示されていました。
                  通常の運行からはリタイアしていますが、イベントの際には動かしているそうです。






                  工場ですが、琴平線を挟んで右側は修理工場、左側は点検場だそうです。




                  コトデンオリジナルカラーに塗り替え中




                  日々の運行で摩耗変形する車輪を研磨


                  青いシートの中身は、修理用に貯め置いてあるモーターなどの部品


                  連結器の研磨で火花が派手に飛び散っていました。


                  ブレーキパッドを指し示す、案内担当の方。

                  修理工場の中は解体されて、足回りの台車や車輪、連結器、発電機、シートなどの内装品といった部品ごとに修理が行われていました。




                  コトデンでは京王とか京急から譲り受けた車両を使っていて、40年ものなのが多く、交換部品の確保に苦労しているとか。


                  洗車機


                  車両の屋根の点検


                  足回りの点検場と、抵抗式のブレーキ装置

                  点検上の方には、各車両が4日ごとに入庫して、点検、整備、清掃がされます。






                  見学を終え、近くの仏生山法然寺を見学し、瓦町駅に戻ってきました。
                   
                  | 弘前りんご | 鉄道 | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  にわか鉄ちゃんには、気になるものが。
                  0
                    t特定の分野を舞台にした漫画の、その舞台が随分と変わってきましたね。
                    巨人の星やキャプテン翼などのスポーツを題材にした一般的なものから、もっとマニアックな世界へと。

                     
                    料理人(美味しんぼ)、釣り人(釣りキチ三平)なんかが活躍したものから、農業もの(銀の匙やもやしもんとか)まで。そしてそこにはその世界ならではのうんちくが語られ、それをへぇ〜とか、ほぅ〜とか言いながら感心して読む感じでしょうか。



                    その系列に新しい漫画が参入してきました。
                    テツぼん。鉄道マニアはいまや珍しいものではなく、乗り鉄、撮り鉄、グルメ鉄?、鉄女なんて言葉が一般にも流布する時代ですが、この漫画は、設定が結構面白いんですね。

                    主人公の仙露鉄男は、鉄道オタクでしがないフリーターでしたが、それまで疎遠だった国会議員の父が急死。その支援者たちに、地盤、看板を無理やり継がされて、なんと初当選して国会議員に。
                    国会議員として出会う、今の時代に地方にありがちな過疎化や鉄道の廃線問題に、欲得なく、鉄道を愛する気持ちと、マニアとしての知識を駆使して、問題を解決してゆくというもの。

                    ちょっと荒唐無稽ではありますが、私のようなにわか鉄道ファンには、いろいろと面白い情報が、単なる知識としてではなく、その生かしようと共に展開されるので、なかなか面白いですね。

                    シリーズもので既に10巻出ていますが、全部買ってしまいそう (^_^;)

                     
                    | 弘前りんご | 鉄道 | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    鹿児島の市民の足、路面電車_鹿児島市電
                    0
                      常々、路面電車が走っている町がうらやましいと思っています。



                      今回訪ねた鹿児島市も、路面電車が市民の足として活躍しています。



                      古い型のものもありますが、カラフルで、いろんなラッピングで広告も掲載する車両もあり、経営努力の跡が見られますね。



                      また、最新型の低床車もあります。



                      そして路面電車が走る軌道が緑地化されています。見た目もよく、環境問題対策としてもいいですね。
                      弘前にも路面電車がはしっていたらよかったのにともおもいます。まあ、叶わぬ夢ですが。
                       
                      | 弘前りんご | 鉄道 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      伊東忠太動物園
                      伊東忠太動物園 (JUGEMレビュー »)
                      藤森 照信,伊東 忠太
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
                      + 本ブログへの訪問者数
                      20140518 13時 60000人到達
                      + Amazon
                      + にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
                      にほんブログ村 弊ブログが気に入ったら、ボタンを押してください (*^_^*)
                      + Google Adsense
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE