弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
これがMS社の頑として変わらないスタンス?(^^;)印刷のデフォルト設定に、難あり
0

    ああっ、またやっちまったあ ^^;)

     

    なにって、WORDで作成した文書の印刷ボタンを押してから、

    印刷モードが ”すべてのページを印刷” になっていたことに気づいたのですが、後の祭り。

     

     

    急ぎプリンターのところに走り、印刷中止ボタンを連打して、印刷を止めました。

    何もしなければ(設定を変更しなければ)、印刷したいページに関係なく、ドキュメントを最初のページから最後まで(たとえば100ページあれば100ページ)全てを印刷してしまいます。

    パソコンとプリンタが互いにそばにあれば、気づいてすぐに止められるからいいですが、別の場所にあるプリンターであれば、悲劇です ^^;)

     

    1ページだけの原稿なら問題ないのですが、何ページにも亘るドキュメント、例えばそこに新たに追加したページのみを印刷したいときは、

     

     

    このように、”現在のページを印刷” に設定し直すか、其の下のページ指定欄に印刷したい箇所を指定してやる必要があります(WORDだけじゃないですね、MS社の他のソフトもそうですが ^^;)ページ指定の場合、ページ確認しなくてはいけないし、それはそれで面倒なので、前者でOKです。

    しかし、WORDの印刷設定のデフォルト(ソフトを立ち上げた時の既定の条件)は、”すべてのページを印刷”になっています。
    印刷時に設定を確認しないのが悪いと言う人がいるかも知れません。
    しかし、考えても見てください。
    頭を絞って、文章作成に時間を掛けて、推敲もして、やっと完成。
    ほっとして印刷ボタンを、ついポンと押してしまうのは、人の性。
    皆さんも経験があるのではありませんか?
    そこに悲劇が待っています ^^;)
    そしてこれは、コントロールパネルのプリンター詳細設定(デフォルト値の変更)では変更できません。
    何度か要望メールを出しましたが、なぜかマイクロソフトは、WORDが登場して以来、ガンしてデフォルトを”すべてのページを印刷”から変えようとしません。紙屋と結託しとるんかい!
    仮にデフォルトを”現在のページを印刷”にしておけば、ついポンとボタンを押して、本当は全てを印刷したかったとしても、残りを一手間増えるけど、追加印刷すれば済むこと。大した被害は生じません。
    逆の場合、たった1ページだけの印刷がしたかったのに、何ページも無駄な印刷をしたら、それこそ今の時代のトレンドであるエコに大いに逆行すること。
    ほんと、マイクロソフトは何を考えているんでしょうね。
    いや某国の高級官僚と同じく、変化を嫌い同じことを踏襲することに価値を見出しているのでしょうか? そうだとしたら、この会社に未来はないですね。
    IT企業の雄として君臨したのは、今や昔、google、amazonに抜かれ、引き離されて、栄光は観る影もありません。そんな大企業体質が生じたときから、凋落が始まったのでは?
    ああっ、言いたいこと言ったら、すっきりしました。
    いや、待て。そうすることに依って、紙に印刷する文化を破壊し、電子化を促進しようという深謀遠慮の策か?
    な訳無いか ^^;)

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  

    気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #ワード #MS #デフォルト設定 #印刷 #すべてのページを印刷 #現在のページを印刷 #会社の未来

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | PC | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
    連休にできることをやる(2)_ノートパソコンのドライブ換装(2014.11.02の記事の再投稿)
    0

      (* なんと、4年も前の、2014年11月2日に投稿した記事を読んでくださった、本記事で取り上げているメーカー様より、内容の修正依頼(誤字訂正)があったので対応しました。PCストレージの容量は4年前より飛躍的に増えているのですが、書いている内容はそれほど陳腐化していないように思うので、参考までに改めて投稿しました。)


      現在使っているノートPCの速度が心なしか遅くなったようなので、調べてみました。すると、SSD128GBを二つに切って、起動ドライブにしているCドライブ(30GB)が、満杯状態。これでは遅くなるはず。しかし広げようにも、もう一方のDドライブもあまり余裕がありませんでした。



      ちょうど、ネット上で評価の高いCrucialというメーカーの、512GBのSSDが安く出ていたので、それに換装することにしました。



      ノートPCの裏蓋を開け、



      128GBのSSDを取り出し、



      コピー機(裸族のお立ち台DJ revoというすごい名前)で、SSD 128GB → SSD 512GBに、スタンドアローンでコピー(PCの仲立ちを必要とせず、速度が速い)。待つこと40分ほどでコピー完了。



      今度は新しい512GBをノートPCに挿入し、再起動。無事認識したのを確認して完了。実に簡単です。

      速度もウィンドウズエクスペリエンスのデータ転送速度の値が6.6から7.9に。大幅な改善です。



      512−128=384GBが未使用領域になっているので、CとDの各ドライブに適当に割り振り(フリーのパーティション変更ソフト(EaseUS Partition Master)で)完成です。

      https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html


      起動ドライブにも使用容量とほぼ同等の空きが出来ました。データドライブもほとんど未使用状態ですから、仮にCドライブが一杯に近づいても、必要なだけ譲ること(パーティションの割り振りの割合を変更することで)が出来ます。これで当分余裕で使えることでしょう。

      (後日談、その後4年の2018年でやはり一杯になり、今度は1TB SSDにコピーと相成りました ^^;)

       

       

      ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
      気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #ストレージ #ドライブ換装 #SSD #HDD #パーティション #EaseUS #パーティションマスター

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | PC | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
      今日6月20日は、ウィキメディア財団の設立の日
      0

        日頃お世話になっているwikipedia(インターネット百科事典)を運営する非営利企業ウィキメディア財団が2003年の今日、アメリカ・フロリダ州に設立されました。

         

        wikipediaのロゴマーク

         

        その前身であるヌーペディアが、専門家によって執筆編纂されたものであるのに対して、wikipediaはより広く開放され、自由参加者によって執筆編纂されています。いわば集合知を実現したものとして認知され、今や欠かせない存在になっています。

        ウェブサイトには一切広告が掲載されず、運営費は寄付金によって賄われています。また、記事内容は自由に複製を認め、誰もが新規記事の執筆や既存の記事の編集を行える自由なシステムになっています。

         

        一方、執筆者は匿名でもよく、その内容の正確性や中立性はwikipediaは一切保証していません。それを担保するシステムとして、多くの読者による修正の議論が行われています。

        従ってその点をよく理解して、利用する必要がありますね。

         

        | 弘前りんご | PC | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        + RECOMMEND
        失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
        失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
        (弘前りんご)

        自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

        しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

        手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

        修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

        その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

        研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

        いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

        最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

        ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          弘前りんご (07/19)
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          yoko (07/19)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          てんし (07/18)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          弘前りんご (07/18)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          てんし (07/18)
        • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
          藤田伊織 (05/08)
        • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
          弘前りんご (04/10)
        • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
          てんし (04/10)
        • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
          弘前りんご (03/11)
        • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
          にゃんこ (03/11)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + TSUTAYA
        + Google Adsense
        + Gracia
        + Google AdSense
        + dヒッツ
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE