弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
躍進にはわけがある。 日本女子カーリング世界選手権銀メダル
0
    珍しく、スポーツネタ?です。


    (日本カーリング協会 HPより)

    先日、日本女子チームがカーリング世界選手権で銀メダルを取りました。
    決勝戦で強豪スイス(今回で3連覇)と対戦して、惜しくも優勝を
    逃しましたが、過去4位が日本の最高成績でしたから立派なもの。
    しかし、それより感心したのは、そこに至る実力アップの過程に、
    日本のスポーツ選手が見習うべき点があること。

    その立役者は、本橋麻里。(写真右から2人目)
    今回は昨年に出産したため、控えに入って実戦はなかったものの
    もともとこのチームの核であるLS北見を作ったのが彼女。
    チーム青森時代は、その美貌への世間の注目が先行し (^_^;)、
    選手としての実力はあまり取り沙汰されなかったようなのですが。
    なんでも、2006年トリノ、2010年バンクーバーの
    両冬季オリンピックで、いずれもメダルに届かなかったのですが、
    その原因を冷静に分析し、世界の強豪の強さの秘密がそのメンタルの強さ
    にあることに気づき、それを実現するため、LS北見を作ったそうです。

    日本のスポーツはとかく精神論をぶつ指導者が多いけれど、意外に
    せった時に精神的に崩れるパターン多い。それをきちんと克服するべく
    自らのチームを作り、それに賛同する若手実力派の選手を集めたのが、
    今回の躍進につながったということです。
    試合中、多く笑顔が見られたのがその現れですね。

    マリリン、見直しました (*^_^*)
    | 弘前りんご | スポーツ | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
    GMTな高校野球部奮闘中!
    0
      終戦記念日から明けた16日、弘前聖愛高校野球部が、東北の初出場校として40年ぶりに初戦を勝利したのについで、 二回戦も突破して、三回戦に進みました。

      聖愛高校応援Facebook Pageより。

      甲子園の観客席に、聖愛高校を象徴する黄色で統一された応援団が懸命の声援を送ったのに対して、見事に答えてくれました。

      元々女子校で、13年前に共学になったのを機に、野球部を創部。当初は部員が9人集まらず、ほかから助っ人を頼んで、練習試合などをしていたと聞きます。
      それが今年、甲子園初出場したのに続いて、初戦、二回戦と快進撃。地元弘前の熱狂ぶりは凄まじい物があります。


      でも、その熱狂ぶりには、もう一つ大きな理由があります。地方の私立高校野球部は、部員の多くが、首都圏、あるいは京阪神(特に大阪)出身であることが多く、県代表で甲子園に行っても、インタビューで、たとえば大阪弁で応える部員の姿に、やはり戸惑いを隠せませんでした。しかし、聖愛高校野球部は、全員が津軽出身者。一層応援に熱が入るのも当然です。まさに、東北を元気づけている朝ドラでいうところの、GMT(地元)そのものです。

      では、なぜそんなに急速に実力を高めたか? 一つには、中高一貫教育の利点を活かして、個人力と言うよりは、チーム力の育成に努めたからと言います。
      また夏の甲子園で東北勢に取って、おそらく不利になる暑さ対策も、50度の部屋でのトレーニング、甲子園に行ってからもサウナで、暑さ対策を怠らなかったのも大きいでしょう。


      こう考えると、突然降って湧いた勝利ではなく、13年の時間を掛けて積み重ねてきた成果と言っていいのではないでしょうか。
      東日本大震災で疲弊した東北地方にエールを送るべく、この後も更に勝ち進み、東北初の優勝にまで進んで行ってほしいものです。


      | 弘前りんご | スポーツ | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>
      + RECOMMEND
       (JUGEMレビュー »)

      (弘前りんご)
      原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
      私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
      タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
      下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
      小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
      この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
      救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
      そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)
      まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
      原田 マハ
      この"まぐだら屋のマリア"は、作品のタイトルから想像されるように、新約聖書の様々なエピソードにインスパイアされて書かれた作品ではないかと思います。

      登場人物のいくつかの名前も、明らかに聖書の登場人物から取っています。

      たとえば、東京の高級料亭の調理人見習いである、主人公 紫紋(イエスの第一の弟子で、初代教皇となったシモン・ペテロから)。

      そしてヒロイン、マリア(本名:有馬りあ、彼女の食堂の客からの呼び名。聖母マリアではなく、おそらくイエスに付き従い、ゴルゴダの丘の処刑に接し、その後の復活も目にした、マグダラのマリア)。

      紫紋も、そして尽果(つきはて)と言う、かろうじて、バスだけは来る、これ以上はない辺境の地に、まぐだら屋と言う食堂を切り盛りするマリアも、共に罪深い過去を持っています。その過去から逃れるため、死に場所を求めて、紫紋はこの尽果にたどり着きます。そしてマリアもまた、自身の贖罪のためにここにやってきた過去を持ちます。

      その二人が天の配剤のごとくに出会い、一緒に食堂を営み、人々に食べる喜びを提供することで、二人もまた最後には再生してゆきます。それは罪が消えるわけではなく、忘れようとして忘れられず、もがいて来たものを、あるがままに受け入れると言う気持ちになったことによってでした。

      原田マハの作品は、美術を題材にした斬新な作品群によって、注目を浴びてきましたが、それ以外にも多彩なカテゴリーの作品を描いています。

      このまぐだら屋のマリアは、たとえば、

      ”本日はお日柄もよく”(http://kitamahokif.jugem.jp/?eid=1940)や、

      ”旅屋おかえり”(http://kitamahokif.jugem.jp/?eid=2615)

      のような、美術にテーマを置いていない一連の作品群に分類されるかと思います。

      いずれにしても、原田マハの多彩な作風に魅了されますね。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      旅屋おかえり [ 原田マハ ]
      旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
      ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

      旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

      またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

      旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

      そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

      まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
        弘前りんご (04/10)
      • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
        てんし (04/10)
      • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
        弘前りんご (03/11)
      • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
        にゃんこ (03/11)
      • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
        弘前りんご (01/01)
      • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
        takehope (01/01)
      • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
        弘前りんご (12/02)
      • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
        河野 實 (11/28)
      • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
        弘前りんご (10/27)
      • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
        坂上和政 (10/27)
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Google Adsense
      + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
      縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
      + Amazon
      + Google Adsense
      + 本ブログへの訪問者数
      20140518 13時 60000人到達
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE