弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
ハッピーバースデー! ル・コルビュジエ! 今日10月6日は建築家ル・コルビュジエの誕生日
0

     つい最近、世界に点在する彼の建築がまとめて世界遺産に指定された、建築家 ル・コルビュジエ(Le Corbusier, 1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍しました。

     

     ル・コルビジェって、本名じゃなかったんですね (^_^;)
    本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。

    確かに(?)ル・コルビュジエの方が、売れる名前のような気がします。

     

    ル・コルビュジエ(wikipedia)


     さて、彼はフランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と讃えられています。

    世界遺産に指定された彼の作品の一つとして、私も度々美術展で訪れる、東京上野公園の国立西洋美術館がありますが、彼の日本人弟子である前川國男が設計した東京文化会館が、向かいに立っています。

     

    国立西洋美術館(wikipedia)

     

    東京文化会館(By 663highland - 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=667464


     師匠と弟子の作品が相対しているんですね。なんだか微笑ましい。

     

     ル・コルビュジエは、時計職人の子としてうまれ、行く行くは時計職人になるべく修行をしていましたが、生まれつき視力に問題がありました。

    そのうち細かい時計加工は無理とわかり、職人になることを断念せざるを得ませんでした。

    美術学校時代の校長がそんな彼の美的才能を惜しんで、視力が問題にならない、建築の道に進むことを勧めたようです。

     

     しかし、そのような経緯から、大学の建築学の正統教育を受けていません。建築事務所に入って、実地教育を受けて、その才能を花開かせていったようです。日本の建築家、安藤忠雄と経歴はその点が似通っていますね。

     

     今日はそんな彼の131回めの誕生日です。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  

    気に入ったら、このブログランキング(または下の白いボタン)を押してください

     ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

    #ル・コルビュジエ #誕生日 #建築家 #世界遺産 #近代建築の三大巨匠 #時計職人 #職人を断念 #国立西洋美術館 #前川國男 #東京文化会館 #上野公園

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 建築 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    建築界の水木しげる?_伊東忠太
    0

      岩木山神社

       

      神社と言うのは古いもの、という先入観があって、その設計者がいる(わかっている)なんて思ったことがなかったのは不覚でした (^_^;)

      奈良の橿原神宮、平安神宮、そして東京のあのユニークな築地本願寺や、今色々と話題の靖国神社、広大な敷地に佇む明治神宮、そして湯島聖堂などなど。有名所の神社建築が一人の建築家によって設計されていたとは。

       

      伊東忠太(wikipedia)

       

      その建築家の名は、伊東忠太。米沢に生まれ、東京帝国大学建築科を卒業しました。

      近代建築学を学んだ人は大抵欧米に留学するのですが、彼は日本の建築のルーツを知るため、中国・インド・トルコをめぐりました。

       

      そして彼の建築に欠かせないものが、幻獣。実在しない動物の装飾が実に効果的に使われています。

       

      (Travel book より)

       

      (Travel book より)

       

      それにスポットをあて、彼の建築を語った本が、伊東忠太動物園(藤森照信 編)

       

       

      神社と幻獣の取り合わせ、実に面白いですね。

      建築界の水木しげるのようです。

       

      | 弘前りんご | 建築 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
      現代建築家のいわば始祖と言える、アンドレア・パラディオ。
      0


        (アンドレア・パラディオ 1508年11月30日 - 1580年8月19日 wikipedia)



        建築の設計図を平面に書くというのは、今では当たり前ですが、このイタリアの建築家アンドレア・パラディオが始めました。それまの彫刻家や芸術家が関わった建築の場合、それとは違ったものでした。したがって、彼がいわゆるプロの建築家の始祖と言えるでしょう。



        なぜ唐突に、建築の全く素人の私がこんなことを書いたかというと、彼の設計のスタイルが、生物の進化の機序と本質的に共通する点があると知ったからです。








        どういうことかというと、彼の設計スタイルは、建物全体の輪郭(平面図上で)をあるルールに従って分割して行き、最終的に個々の部屋を決定するという手法です。もちろんそれ以外の簡単なルールがあって、窓をどの向きにするかとか、分割比率を2分割なら1:1、3分割なら1:2:1と言ったものを適宜組み合わせることで、無限の最終設計図が出来上がります。







        そのアルゴリズムをコンピュータに覚えこませ、設計させた所、細部は異なっても、まさにパラディオ風の建物が設計できたそうです。



        一方、方向は逆(分割するか、組み上げてゆくかという点で)でも、生物も環境に適応した種を作り出すため、例えば蛋白分子も、RNA分子も、基本のパーツのいろんな組み合わせを試行し、最適なものを見つけ出すということをやっています。そういう点で人による工学も、生命の基本も共通点があると言えますね。



        | 弘前りんご | 建築 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        旅屋おかえり [ 原田マハ ]
        旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
        ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

        旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

        またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

        旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

        そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

        まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          弘前りんご (12/02)
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          河野 實 (11/28)
        • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
          弘前りんご (10/27)
        • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
          坂上和政 (10/27)
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          弘前りんご (10/21)
        • 夫婦の共同作業は、披露宴でのケーキカット以来? (^_^;) _ コープあおもり会員誌 ”はばたき”
          河野 實 (10/21)
        • 今年はレオナール・フジタの没後50年_東京都美術館、藤田嗣治展
          dezire   (10/09)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          弘前りんご (09/24)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          河野 實 (09/24)
        • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
          イーザス (09/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE