弘前りんご_新参者の宝塚日記

大阪から転勤で仙台8年、青森県弘前で21年暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
河鍋暁英って、誰? どうもジョサイア・コンドルのことらしいですよ。
0

    5年前の6月に観に行った展覧会(三菱一号館美術館で”画鬼暁斎” 幕末明治のスター絵師とその弟子コンドル展)

     

    (三菱一号館美術館)

     

    三菱一号館美術館(Wiiii - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9264704による)

     

    東京千代田区丸の内にある美術館で、私のお気に入りの美術館の一つです。

    1894年に三菱が丸の内に第一号の事務所(三菱一号館)として建築しました。

    イギリス・クイーンアン様式の煉瓦作りの建物です。

    尤も、現在の建物はオリジナルではなく、1968年に老朽化を理由に解体されました。

    そして2009年に美術館として復元されたものです。

     

    (ジョサイア・コンドル)

     

    ジョサイア・コンドル(1852年9月28日 - 1920年6月21日、​WP:Ja user Otraff, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12103469による)

     

     

    この三菱一号館を設計したのが、ジョサイア・コンドルです。

     

    個人宅も手掛けていて、

     

    旧岩崎邸(Wiiii - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11177862による)

     

    旧古河虎之助邸(Wiiii - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6617669による)

     

    (日本への貢献)

    日本政府から、工部大学校(現・東京大学工学部)の建築学教授として招聘され、傍ら明治政府関連の建物の設計を手がけました。その一方で、教育での貢献はめざましく、片山東熊(赤坂離宮)辰野金吾(東京駅)ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築きました。

     

    (日本文化への傾倒)

    彼は日本女性を妻とし、明治の奇才浮世絵師の河鍋暁斎に師事して日本画を学びました。

     

    河鍋暁斎(wikipedia)

     

     

    教えられたのは狩野派の流儀だったとか。

    弟子入りした際、河鍋暁斎から、”英国人だから河鍋暁英”と号を授かったとか ^^;)

    その他、日本舞踊、華道、落語といった日本文化の知識も深かったそうです。

     

    今日6月21日はそんなジョサイア・コンドルの命日でした。

     

     

     応援のお願い 

    フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

    FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
    しかし、それはブログランキングには反映されません。
    恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

     


     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #ジョサイアコンドル #三菱一号館 #明治 #建築家 #河鍋暁斎 #河鍋暁英 #日本文化に傾倒

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

    | 弘前りんご | 建築 | 06:08 | comments(0) | - |
    今日、5月14日は、弘前にゆかりの深い建築家、前川國男の誕生日です。
    0

      (別れの場)

      命には限りがあり、いつかは死を迎えます。
      最後の瞬間が幸せであってほしいと願いますが、一方、先立たれた家族や親しい人が、いかにしてその現実を受け入れるかが、これからも生きて行かなくてはならない人にとって、大事な問題です。
      お別れの場が、それにふさわしい場所であれば、少しはそれもたやすくなるのではないでしょうか?

      この建物は、弘前市斎場です。

      ”建物はその場所に溶け込んでいなくてはいけない”、と言う建築家の主張にふさわしく、禅林街を抜けた更に奥の林の中にひっそりと立っています。

      たっぷりと取った深いひさしが、これから故人を送り出す家族や親しい人を優しく包んでくれるようです。
       

       

      (弘前にゆかりの深い建築家)
      その建築家とは、前川國男その人で、彼は昭和期を代表する建築家です。
      前川國男は、その作品が世界遺産にも指定された、かのル・コルビジェの弟子で、東京上野の文化会館 、神奈川県立音楽堂などの設計で知られています。

       

      縁あって、弘前には彼が設計した建物が、

      財団法人木村産業研究所(通称、こぎん研究所)

      弘前市民会館

      弘前市役所

      弘前市立病院

      弘前市博物館

      青森県立弘前中央高校講堂

      弘前公園緑の相談所

      弘前市斎場

      と、8つも存在します。
       

      前川國男(1905年5月14日 - 1986年6月26日、wikipedia)

       

      前川國男の母親の実家が弘前藩の藩士の家だったことがその縁です。

       

      木村産業研究所(弘前市在府町)

       

      ここは、前川がフランス留学から帰国して最初に手掛けた作品でもあります。

      いわば彼の原点。弘前市在府町。弘前大学医学部の敷地の近くにあります。 

       

      弘前市立博物館(弘前市下白銀町)

       

      弘前市民会館エントランス(弘前市白銀町)

       

      彼の作品が東京を除いて地方は弘前が群を抜いて一番多い(10作品で8作品が現存)ということを、弘前の人は誇りに思っていいと思いますよ。

       

       

       応援のお願い 

      フェイスブック(FB)からお越しの方へ。

      FBでいいねをして下さり、ありがとうございます。
      しかし、それはブログランキングには反映されません。
      恐縮ですが、下のブログランキングボタンあるいは、その下のリンクを、改めてクリックしていただければ嬉しいです。

       


       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

       

      #前川國男 #誕生日 #弘前 #木村産業研究所 #弘前市斎場 #弘前市民会館 #弘前市役所 #弘前中央高校 #緑の相談所 #弘前市立病院 #弘前市立博物館

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの北のまほろば掲示板  

      | 弘前りんご | 建築 | 13:57 | comments(0) | - |
      今日でサヨナラ_宝塚ホテル(阪急今津線 宝塚南口駅そば)
      0

         

        (偶然? 営業終了のところをはしごしました)

        この日(3月31日)は、偶然というか、意図的と言うか ^^;)

        営業終了するところを2軒はしごしました。

        いずれも90年を越す歴史を持っていました。

        1軒目は老舗の食堂でしたが

         

        2軒目は、100年ホテル。

         

        (宝塚ホテル)

        創業94年。老舗ホテルですね。

        独立したホテルとして出発しましたが、創業後数年にして阪急が経営を引き継ぎ、現在に至っています。

        六甲山にも分館ができましたが、そちらは最終的に独立して、六甲山ホテルとなっているようです。

         

         

        建物の老朽化もあって、今年5月には宝塚歌劇の大劇場横に移転します。

        そしてこちらは3月31日を持って営業を終了となりました。

        宝塚歌劇のオフィシャルホテルでもあるので、大劇場により近いところに移るのは、県外のヅカファンにとっては都合が良いのかも。

         

         

        94年前に建てられた頃は、いわゆる大正浪漫の文化が華やかだった頃。ホテルもその雰囲気を今に伝えています。

         

         

         

         

         

        最後ということで、普段以上に華やかな装飾がなされていますね。

         

         

        心残りは、弘前から宝塚に引っ越してきた際、泊まるホテルをここにしなかったこと ^^;)

        (美味しいケーキ)

        ここのケーキが美味しいと聴いていたので、思い出に買って帰ることにしました。

         

         

        フラゴラ(ルビーチョコのフリルの中に、ピスタチオクリームと苺のジュレが)

         

        いちごのミルフィーユ

         

        移転したホテルは5月に開業とのこと。

        どんなふうに変わるのか、行ってみたいですね。

        そして、閉館した建物はどうなるのでしょうか、気になります。

         

         

         

         

         応援のお願い 

         


         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

         

        #建築 #ホテル #創業94年 #阪急阪神ホテルズ #移転 #宝塚南口駅前 #ケーキ

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの北のまほろば掲示板  

        | 弘前りんご | 建築 | 06:06 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          弘前りんご (05/24)
        • オンライン飲み会、事始め_”たくのむ”を使って
          takehope (05/24)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          弘前りんご (05/14)
        • 待っていては始まらない。自分から動かなくては。特別定額給付金申請に於いて思ったこと。
          大野博文 (05/14)
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE