弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
建築界の水木しげる?_伊東忠太
0

    岩木山神社

     

    神社と言うのは古いもの、という先入観があって、その設計者がいる(わかっている)なんて思ったことがなかったのは不覚でした (^_^;)

    奈良の橿原神宮、平安神宮、そして東京のあのユニークな築地本願寺や、今色々と話題の靖国神社、広大な敷地に佇む明治神宮、そして湯島聖堂などなど。有名所の神社建築が一人の建築家によって設計されていたとは。

     

    伊東忠太(wikipedia)

     

    その建築家の名は、伊東忠太。米沢に生まれ、東京帝国大学建築科を卒業しました。

    近代建築学を学んだ人は大抵欧米に留学するのですが、彼は日本の建築のルーツを知るため、中国・インド・トルコをめぐりました。

     

    そして彼の建築に欠かせないものが、幻獣。実在しない動物の装飾が実に効果的に使われています。

     

    (Travel book より)

     

    (Travel book より)

     

    それにスポットをあて、彼の建築を語った本が、伊東忠太動物園(藤森照信 編)

     

     

    神社と幻獣の取り合わせ、実に面白いですね。

    建築界の水木しげるのようです。

     

    | 弘前りんご | 建築 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    現代建築家のいわば始祖と言える、アンドレア・パラディオ。
    0


      (アンドレア・パラディオ 1508年11月30日 - 1580年8月19日 wikipedia)



      建築の設計図を平面に書くというのは、今では当たり前ですが、このイタリアの建築家アンドレア・パラディオが始めました。それまの彫刻家や芸術家が関わった建築の場合、それとは違ったものでした。したがって、彼がいわゆるプロの建築家の始祖と言えるでしょう。



      なぜ唐突に、建築の全く素人の私がこんなことを書いたかというと、彼の設計のスタイルが、生物の進化の機序と本質的に共通する点があると知ったからです。








      どういうことかというと、彼の設計スタイルは、建物全体の輪郭(平面図上で)をあるルールに従って分割して行き、最終的に個々の部屋を決定するという手法です。もちろんそれ以外の簡単なルールがあって、窓をどの向きにするかとか、分割比率を2分割なら1:1、3分割なら1:2:1と言ったものを適宜組み合わせることで、無限の最終設計図が出来上がります。







      そのアルゴリズムをコンピュータに覚えこませ、設計させた所、細部は異なっても、まさにパラディオ風の建物が設計できたそうです。



      一方、方向は逆(分割するか、組み上げてゆくかという点で)でも、生物も環境に適応した種を作り出すため、例えば蛋白分子も、RNA分子も、基本のパーツのいろんな組み合わせを試行し、最適なものを見つけ出すということをやっています。そういう点で人による工学も、生命の基本も共通点があると言えますね。



      | 弘前りんご | 建築 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
      完成に間に合うかも。長生きしなくっちゃ。
      0

        (サグラダファミリア教会 wikipedia)

        石でできた聖書といわれる、ガウディのサグラダファミリア。





        (wikipedia)

        それは建物の外壁を、聖書のエピソードを表す彫刻で埋め尽くしているから。



        (完成予想図 サグラダサファミリア教会公式発表)

        ”神は完成をお急ぎではない”という彼の言葉通り、推定工期およそ300年。完成予定が2100年以降と言われ、自分が生きている間に完成を目にすることが無いなと思っていました。

        完成までにそんなに時間がかかる理由ですが、そもそも、ガウディの元々の設計図が失われたこと。残された写真やその他の資料を基に、可能な限りガウディの考えに沿った設計図を作りながらのため、時間がかかるというわけです。

        ところが、なんとつい最近発表があり、画期的な工法の導入によって、工期が100年も短縮され、12年後の2026年に完成する言うではないですか (^_^;)

        その技術としては、まずIT技術の進歩による設計の飛躍的高速化。
        次に建築技術、建築機器の進化。
        さらには、観光客の激増から建築資金調達が容易になったこと。




        いずれにしても、天才ガウディの思いが固まった建築が我々の目の前に、その全貌を表すのも、あと12年。かえって待ち遠しいぞ!(^_^;)
         
        | 弘前りんご | 建築 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE