弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
私をあの頃に連れてって!(^_^;)
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、

    下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

    季節外れの話題で恐縮ではありますが、バブル華やかなりし頃、トレンディーな映画として人気を博した 『私をスキーに連れてって』。 ご覧になったことありますか?

    主演の三上博史、原田知世、素敵でした (*^^*)

    私も毎冬、シーズン初めにこの映画を見て、モチベーションを上げて、スキー場に通ったものです。若かったなあ、あの頃 (遠い目)

     

    https://www.youtube.com/watch? v=nfva16u25ec (映画 ”私をスキーに連れてって” youtube)

     

    この映画自体の評価というと、表面的なノリの軽さばかりが取りざたされていますが、実によく出来た映画だと思います。

    前半の生真面目な二人の初々しいラブストーリー。いろんな行き違いを乗り越えて結ばれます。

    しかしラブシーン一つ無いストイックな展開。これは非常に良く計算された演出だと思っています。

     

    そして後半は一転、大自然の中で展開される滑走シーン、手に汗握る展開がノンストップでエンディングへと続きます。

     

    そして、全体を通じて、その場面場面にピッタリのユーミンの楽曲。

    ブリザード、ブリザード、ふふふーふ、ふふふ (^_^;)

     

    こんな何とも前向きな古き良き時代、明日を信じていられた時代。懐かしい。

    あの頃に今一度連れて行ってほしいと心ひそかに思います。

     

    さて、そんな映画も誕生して30年が経ちました。

    それを記念して、映画とJRがコラボして、この映画へのオマージュ(いや、パロディか)のCMを製作し、2017−18のシーズンに、公開しました(てか、してました。今頃気づいたのです ^_^;)。しかし、ここまでやるとは。

     

    JR東日本 JR SKISKI

     

    それがJR SKISKI ”私を新幹線でスキーに連れてって”

     

    映画の印象的なシーンにアテレコしているんですが、映画を知っているものには、くすぐりから抱腹絶倒まで。大いに笑わされます。間違っても電車の中で見ないでください!

    ヒャッホイホイ (*^^*)

     

    JR SKISKI 2017-18 CM

    https://www.youtube.com/watch? v=rTOY7Uq9tY8(JR SKISKI CM1、youtube)

    https://www.youtube.com/watch? v=Qk1ACBmYMfc (JR SKISKI CM2、youtube)

      

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #私をスキーに連れてって #JR SKISKI #パロディ #CM #バブル #映画 #新幹線

     

    | 弘前りんご | エンターテインメント | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    鬼の呟き (^_^;)
    0

      津軽の鳥居には鬼がいる。

      これまでにも何度も、ブログでも紹介しましたが、

      岩木山の麓一体の神社の鳥居には様々な鬼の像が乗っています。

       

      五所川原市 金木喜良市 桔梗野40の立野神社

       

      それこそ、鬼そのものの形のものもあれば、

       

      五所川原市 金木喜良市字千苅73 熊野宮

       

      朝青龍や白鵬かと思わせる力士型のもの、

       

      五所川原市 藻川 村崎の胸肩神社

       

      あるいは仙人の形のものもあります。

       

      長い間鳥居の上にいて、村人たちを見守ってきた鬼たちは何を思っているのでしょうか。

       

      ちょっと聴いてみましょう。

       

      弘前市 撫牛子の八幡宮

       

      *ブログランキングに参加しています (^o^)

      気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、
      またはリンクボタンを押してくださいね。

       よろしく (*^^*)

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

       

      | 弘前りんご | エンターテインメント | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      何事も第一印象が大きい (^_^;)
      0

        マット・デイモンと言うと、グッド・ウィル・ハンティングで、ロビン・ウィリアムズと共演したときの感受性の高い、脆い若者というイメージがずっとあったのですが。

         

        今回、ジェイソン・ボーンを主人公とするボーン・シリーズ全5作(ただし、内一作(レガシー)はボーン自身は登場しないのですが)を一気に見て、全くそのイメージは変わりました。

         

         

        そう思って、彼の出演作を改めて見てみると、多くがタフな主人公役が多いことに気づきました (^_^;)

         

        いやはや、第一印象というのは強いもんですね。

         

        それはともかく、ボーン・シリーズ(ボーン・アイデンティティ、スプレマシー、アルティメイタム、(レガシー)、ジェイソン・ボーン)は、どれもこれでもかというくらい、主人公に巨大な組織(CIA)から精神的、肉体的ストレスが掛かる中、たった一人でそれをはねのけ、打ち勝ってゆく姿が、実に痛快です。

         

        もちろんそこにヒロインが登場し、か弱く見えても要所で強さを発揮するのは、ハリウッド映画のお約束。

         

        それから、登場するCIA長官、どいつもこいつも日本の時代劇に見られる悪代官みたいなものばかり (^_^;) それだけアメリカの一般市民には、印象が悪いんでしょうかね。

         

        いやはや、この連休は映画三昧でした。


        *ブログランキングに参加しています (^o^)

         気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、

         またはリンクボタンを押してくださいね。

         よろしく (*^^*)

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        | 弘前りんご | エンターテインメント | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
        前人未到の大記録_永世七冠
        0

          将棋の7大タイトル(今年度できた新しいタイトル叡王を除く、永世名人、永世王将、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世棋聖)をすべて、それぞれが決めている条件(通算回数、あるいは連続獲得回数)を満たした場合に与えられる栄誉称号です。

           

           

          一つのタイトルを取るだけですごいことなのに、それを何回も取り、さらに7大タイトル全てでそれを果たすなんて、超人的です。

          登場した時から、世間の注目を浴びた天才羽生善治さん。宇宙人とまで称されました。そして、1996年に7冠を独占するという快挙を成し遂げました。

           

          その羽生さんにしても、いちど7冠を同時に保持するところまで上り詰めたあと、2004年には、一冠に陥落しました。

          しかし、2008年には3冠までに復帰し、さらには永世6冠となり、大山康晴、中原誠の5冠を抜くなど、快進撃。

          ただ、最後の竜王はその後度々挑戦するも、当時の竜王渡辺明さんに阻まれました。

           


          そしてついに今年の挑戦で渡辺さんを破り竜王に返り咲き、永世竜王となって、見事永世7冠の称号を獲得しました。

          棋界の頂点に立ち続ける、その息のながさにはため息が出るばかりです。

           

          私事ですが、このブログが青森地域でのランキングで遂に一位になりました。
          ”みなおか”です (*^^*)

          羽生さんのそれに比べるのもおこがましいですし、私の場合は皆さんのお陰で得たものですが、これからも精進してなんとかそれを続けていけたらと思っております(最後は自分のブログの宣伝かい! ^^;)

           

          *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

          ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

           

           

          | 弘前りんご | エンターテインメント | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
          いよいよ最後の旅が始まる。MYST V "End of Ages"
          0

            子供が小さいときに一緒にやって、私の方が嵌ってしまったゲーム MYST。

             

            その後ゲーム機を手放し、十数年近くご無沙汰していました。
            しかし、2年前にたまたまネットでPC版が出ていることを知り、それならと購入してぼちぼちとやり始めました。
            番外編とは言え、シリーズ最大規模の URU Complete Chronicles。通常のゲームの3本分くらいの分量がありました (*^_^*)
            つぎにMYST IV Revelationと来て、
            ついに最終章 MYST V End of Ages。
            ただ、Vはパッケージ版がすでに販売終了し、中古品がとんでもないプレミアがついて出ているのみ(なんと2−3万円)。さすがにそれはと躊躇していたのですが、アメリカのゲームサイトに、ダウンロード版ながら20分の1の価格(10ドル)で出ていることを知り、迷わずダウンロード (^_^;)
            最新OSのwindows 10に対応し、グラフィックはきれいだし、サクサク動くし、言うことなし。
            これからちょっとずつ謎解きしながら、進めていこうと思います。

            *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

            ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

            | 弘前りんご | エンターテインメント | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            + RECOMMEND
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
            自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

            しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

            手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

            修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

            その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

            研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

            いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

            最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

            ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            カラフル (文春文庫)
            カラフル (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
            森 絵都
            自殺を図った主人公の少年にとって、その家庭は灰色に見えたのだろうけれど、実はいろんな色を持つということが、わかってきます。
            自分は孤独だと思っていた少年が、実はその家庭にとって欠かせない一員だったことに、気づいてゆく過程を、軽やかな筆致で描いてゆきます。しかし内容はかなり重いものです。
            そして、その少年と同じ様な境遇の悩める少年・少女に、いや大人にとっても、小説の最後は、力強いエールになっています。
            久しぶりに、良い後味の小説を読んだという強い印象です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実 (JUGEMレビュー »)
            小名木 善行
            学校で習った百人一首の解説は、藤原定家という自身歌の名手が、古今の名歌の中からおのが美意識に基づいて100首選んで、気ままにまとめた、といったところです。
            しかし、その考えに懐疑的な著者は、歌い手と歌の選出、歌われた時代背景、そしてその並べ方に盛り込まれた定家の思いを徹底的に解析し、その結果明らかになったことを解説していきます。
            すなわち、歌人や歌の選定、配列等の構成が実に綿密に行われ、百首全体で一つの壮大な歌のようになっているというのです。
            もちろん、一つ一つの歌の解説を読んですっと納得の行くものです。
            久しぶりに目からウロコの本に出会ったという印象です。
            + RECOMMEND
            ヨチヨチ父 とまどう日々
            ヨチヨチ父 とまどう日々 (JUGEMレビュー »)
            ヨシタケシンスケ
            ページをめくるたび、お子さんのいる男性なら、そういえばそんな気持ちになったなあと、いちいち頷かされることでしょう。
            かく言う私も遠い昔を思い出して頷きました(^^;)

            作者は、絵本作家のヨシタケシンスケ。

            『あるかしら書店』、『りんごかもしれない』などの、妄想爆発、抱腹絶倒(?)の作品を出しています。

            『ヨチヨチ父』は、作者自身の子育てにまつわるエピソードを、簡潔な、しかし微笑ましくも涙ぐましい絵で綴る絵本です。

            子供が生まれる10ヶ月も前から女性は母親になるけれど、男性は父親目指して成長してゆく(その気があればですが ^^;)ものであることがわかります。

            それは、言い古された言葉ですが、我が子を10ヶ月もお腹の中で育み、そのおなかを痛めて生んだ女性と、生まれたときにはじめましてという、実感という意味では遥かに希薄な男性の違いでしょう。

            だからこそ、誕生の日からの毎日が、その実感を確かなものにしてゆく過程であり、父親になるというなんでしょうね。

            そして常に脇役でしか無い。
            それなら、名バイプレイヤーをめざすしか無いっしょ^^;)

            それにしても、『男はつらいよ』は映画のタイトルだけではありませんね。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            マスカレード・ナイト
            マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
            宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
            もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
            ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/08)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/08)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              弘前りんご (06/11)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              てんし (06/11)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              弘前りんご (06/05)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              川村昇一郎 (06/05)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              弘前りんご (05/09)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              Hirobumi Ohno (05/09)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Google Adsense
            + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            + Amazon
            + BLOG RANKING
            + 本ブログへの訪問者数
            20140518 13時 60000人到達
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE