弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
ヨーロッパと日本の相互作用の成果_ひろしま美術館コレクション”日本と欧州の絆”展
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

     

    明治以降、日本の美術は、長らく西洋の影響をいかに受容し、消化し、独自のものとしていったかといった視点で語られてきました。

     

    しかし近年、たとえば江戸の浮世絵が、印象派の画家たちに与えた影響の大きさが知られるところとなり(ジャポニズム)、今では日欧の相互作用、絆といった視点でも捉え直す様になってきました。

     

    モネ『ラ・ジャポネーズ』

     

    さて、広島が原爆の惨事から立ち直るのに、芸術の力が大切であるということから作られたのがひろしま美術館。

    広島銀行創業100周年を記念して設立された公益財団法人による運営です。
     

    ひろしま美術館(By At by At - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=27759351

     

    ルノアール『パリスの審判』(wikipedia)

     

    ゴーギャン『ブルターニュの少年の水浴』(wikipedia)

     

    その開館までの10年を掛けて収集した、特に印象派を中心としたコレクションの質の高さは知る人ぞ知るところです。

     

     

    今回その中の名品と、影響を与えあった日本の作品とをそのコンテキストに沿って紹介する美術展が、青森県立美術館で開かれていました。

     

     

    チケットは入手していたものの、なかなか見に行くチャンスが無く、なんと会期最終日のこの日曜日に午後から行ってきました。

     

     

    流石に最終日でしかも日曜日。更に良いお天気にも恵まれたということもあって、館内はもちろん、館外にも人が一杯いました。混むことのない青森の美術館としては珍しい (^_^;)

     

    それはさておき、中身はなかなかの名品揃い。しかも影響を及ぼしあった日本の美術も有機的に展示され、見ごたえがありました。

     

    個人的には、ポール・シニャックの点描画と、それとは対象的な上村松園の絵が印象深かったですね。もっと早くにゆけばよかったと思いました。そうすれば、もう一度訪れるチャンスもあっただろうに。

     

    最初、見終わった後はそのまま帰るつもりだったのですが、ここで思わぬ展開が。それはまた明日 (^_^;)

     

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #青森県立美術館 #展覧会 #絆 #最終日 #すごい人出 #ひろしま美術館

     

    | 弘前りんご | 美術 | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
    リンパって、なあに?
    0

      *ブログランキングに参加しています (^o^)

      気に入ったら、この文をクリックするか、

      下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

      あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

      よろしくお願いします (*^^*)

       

       

      いえ、リンパではなくて、琳派です。

       (俵屋宗達のふすま 槙楓図)

       

       

       

      フィクサー、いやプロデューサーとしての本阿弥光悦、クリエイターの俵屋宗達のコラボから始まった、江戸時代の芸術の系譜。

      それに続く、尾形光琳、酒井抱一....

       

      その特徴としては、装飾性、意匠化の素晴らしさ等々、色々と取りざたされています。

      しかし、なにより本人同士が直接会うこと無く、先達の作品への強い敬意、オマージュが大きな制作動機になっていることではないでしょうか。

       

      だいたい、光悦・宗達、光琳、抱一それぞれの活躍の時期は100年程度の開きがあります。実際に会うことは叶わなかったわけです。直接指導をしたり、受けたりした間柄ではありません。その作品から強い感銘を受け、それが自身の創作意欲を強く突き動かしているという、他の流派には見られない特徴ですね。

       

      そういう意味で、更に抱一後の次の時代(鈴木其一は、抱一の弟子で、直接教えを受けています)に、この琳派からインスピレーションを受けたりして、創作活動をした作家達(菱田春草、速水御舟、安田靫彦、小林古径、加山又造、奥村土牛 などなど)が連綿と続いているのも、ある意味必然だったわけですね。

       

      さて、グラフィックデザイナーである田中一光(1930年1月13日 - 2002年1月10日)。

       

      田中一光の作品(西武百貨店の包装紙のデザイン)

      By Hotel Stationery - Flickr: IMG_2723, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=32332383
      田中一光 JAPAN(俵屋宗達 平家納経願文 から)
      平家納経願文見返し(俵屋宗達 画)
      田中一光 Toru Takemitsu:Music Today(尾形光琳の”光琳かるた”から)

      田中は、宗達、光琳の作品に出会い、強いインスピレーションを得て、自身の作品にそれらのモティーフを大胆に取り入れた制作をしました。

      そういう意味で、まさに近現代において、琳派の系譜に連なる作家と言えるのではないでしょうか。

       

       

       

      いま、東京広尾にある山種美術館で、特別展 ”琳派 俵屋宗達から田中一光へ”が開催中です。

        

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      #琳派 #俵屋宗達 #本阿弥光悦 #尾形光琳 #酒井抱一 #田中一光

       

      | 弘前りんご | 美術 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ハッピー・バースデー! エッシャーさん ( ^)o(^ )
      0

        *ブログランキングに参加しています (^o^)

        気に入ったら、この文をクリックするか、

        下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

        あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

        よろしくお願いします (*^^*)

         

         

         http://www.escher.jp/

        今日、6月17日は、オランダの画家 エッシャー(Maurits Cornelis Escher)の誕生日。

        今年は生誕120年(1898年生まれ)なんですね。

        おりしも、東京の上野の森美術館で、ミラクル・エッシャー展が開催中です。

         

        By Photographer: Hans Peters (ANEFO) - Ga het na (Nationaal Archief NL), CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=35966994

         

        エッシャー的透視法で描かれた立法体(wikipedia)

         

        何とも不思議な絵(だまし絵?)を書く画家だと、初めて彼の作品を見た子供の頃に思ったのを思い出します。

         

        彼は、”世間の人にとって、紛れようもない、疑いようのないものを見ると、それに挑戦したくなる” という自身の言葉通り、我々をあっと言わせる視覚のマジックともいうべき作品を数多く発表しました。

         

        今回、その大規模な作品展が、上野にて公開中ですので、その挑戦を受けてみてはいかがでしょうか。(この後、大阪、福岡、愛媛、と巡回する予定だそうですよ)

         

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        #エッシャー #オランダ #画家 #誕生日 #ミラクル #上野の森美術館

          

        | 弘前りんご | 美術 | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
        フランスとイギリス、どちらが芸術的に保守的? 先進的?
        0

          *ブログランキングに参加しています (^o^)

          気に入ったら、この文をクリックするか、

          下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

          あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

          よろしくお願いします (*^^*)

           

           

          テムズ河畔、アターベリーストリートに面した、古代ローマ風の建物。
          テートブリテン。大英博物館と並んで、イギリスが誇る国立美術館です。

           

          By Rept0n1x - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11291827

           

          元々は、1897年にミルバンク刑務所の跡地に建てられたもの。
          最初はイギリスの絵画を専門に公開するナショナルギャラリーの分館としてスタート。

          しかし、そのうちイギリス以外の近現代の作品も多く所蔵展示するようになり、
          テートギャラリーとして1955年に独立しました。

           

          しかし、2000年に近現代美術専門館として、テートモダンができたため、
          再びイギリス美術の専門館としてテートブリテンの名で再出発しました。

          したがって、イギリス美術の全貌を見るには、ここに来ればよい、ということになります。

           

          収蔵品には、ロセッティやジョン・エバレット・ミレーなどのラファエル前派、アメリカ人ながらイギリスで活躍したホイッスラーの作品などがあります。

           

          ターナー自画像(Wikipedia)

           

          しかし、何と言っても量、質で群を抜くのがターナーの風景画。

           

          出世作の”難破船”や

           

          "解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号"

           

          "雨、蒸気、スピード−グレート・ウェスタン鉄道"

           

          しかし、例えばこの作品、あのモネの”印象・日の出”という作品の50年も前に書かれたという事実。

           

          モネ ”印象・日の出”

          By art database, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=23750619

          モネの作品の方はパリで大いに物議をかもして、後に印象派と呼ばれる彼らの作品が受け入れられるのに何年もかかったのに、50年も前のイギリスでは、ターナーの作品を評価しているんですね。

           

          芸術の都パリ、と言いながら、フランスが意外に保守的であるのに対して、イギリスの画壇、市民が実に柔軟に芸術を受け入れていたという事を示す事実ではないでしょうか。

           

           

          ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

           

          #テートブリテン #イギリス #ロンドン #テムズ川 #ラファエル前派 #ターナー #フランス #印象派 #保守的

           

          | 弘前りんご | 美術 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
          土曜日は、いろいろと忙しい(あっち行ったり、こっち行ったりの)1日でした。(その1 ^^;)
          0

            *ブログランキングに参加しています (^o^)

            気に入ったら、この文をクリックするか、

            ブログランキングURLをクリックするか、

            あるいは、下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

            よろしくお願いします (*^^*)

             

             

            まず、この日から始まった、弘前市立博物館での、歌川国芳展

             

             

            江戸の浮世絵の中でも、特異な存在。

            日本美術史研究者の辻惟雄さんの言説で行けば、奇想の系譜に連なる浮世絵師、歌川国芳。

            以前から好きで、カタログや美術雑誌ではよく目にしていましたが、大量のオリジナルが目にできるということで期待して見に来ました。

             

             

            既に開場していたこともあってか、外にはあまり人が見当たらず、人ではそれほどでもないのかと思って入ってみると、中は結構な人の数。国芳の人気のほどがわかる気がしました。

             

             

            この博物館自体がこじんまりとしているせいもあって、作品がびっしりと並んでいる感じがしました。

            いつもなら、常設展示も併設しているのですが、今回はそれはありませんでした。

            その分国芳のデビュー時代から晩年までの、いろんなジャンルの絵が並び、これでもかという感じで展示され、見応えも十分でした。

             

             

            ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

             

            #歌川国芳 #弘前市立博物館 #展覧会 #浮世絵 #奇想の系譜

            | 弘前りんご | 美術 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            + RECOMMEND
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
            自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

            しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

            手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

            修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

            その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

            研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

            いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

            最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

            ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            カラフル (文春文庫)
            カラフル (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
            森 絵都
            自殺を図った主人公の少年にとって、その家庭は灰色に見えたのだろうけれど、実はいろんな色を持つということが、わかってきます。
            自分は孤独だと思っていた少年が、実はその家庭にとって欠かせない一員だったことに、気づいてゆく過程を、軽やかな筆致で描いてゆきます。しかし内容はかなり重いものです。
            そして、その少年と同じ様な境遇の悩める少年・少女に、いや大人にとっても、小説の最後は、力強いエールになっています。
            久しぶりに、良い後味の小説を読んだという強い印象です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実 (JUGEMレビュー »)
            小名木 善行
            学校で習った百人一首の解説は、藤原定家という自身歌の名手が、古今の名歌の中からおのが美意識に基づいて100首選んで、気ままにまとめた、といったところです。
            しかし、その考えに懐疑的な著者は、歌い手と歌の選出、歌われた時代背景、そしてその並べ方に盛り込まれた定家の思いを徹底的に解析し、その結果明らかになったことを解説していきます。
            すなわち、歌人や歌の選定、配列等の構成が実に綿密に行われ、百首全体で一つの壮大な歌のようになっているというのです。
            もちろん、一つ一つの歌の解説を読んですっと納得の行くものです。
            久しぶりに目からウロコの本に出会ったという印象です。
            + RECOMMEND
            ヨチヨチ父 とまどう日々
            ヨチヨチ父 とまどう日々 (JUGEMレビュー »)
            ヨシタケシンスケ
            ページをめくるたび、お子さんのいる男性なら、そういえばそんな気持ちになったなあと、いちいち頷かされることでしょう。
            かく言う私も遠い昔を思い出して頷きました(^^;)

            作者は、絵本作家のヨシタケシンスケ。

            『あるかしら書店』、『りんごかもしれない』などの、妄想爆発、抱腹絶倒(?)の作品を出しています。

            『ヨチヨチ父』は、作者自身の子育てにまつわるエピソードを、簡潔な、しかし微笑ましくも涙ぐましい絵で綴る絵本です。

            子供が生まれる10ヶ月も前から女性は母親になるけれど、男性は父親目指して成長してゆく(その気があればですが ^^;)ものであることがわかります。

            それは、言い古された言葉ですが、我が子を10ヶ月もお腹の中で育み、そのおなかを痛めて生んだ女性と、生まれたときにはじめましてという、実感という意味では遥かに希薄な男性の違いでしょう。

            だからこそ、誕生の日からの毎日が、その実感を確かなものにしてゆく過程であり、父親になるというなんでしょうね。

            そして常に脇役でしか無い。
            それなら、名バイプレイヤーをめざすしか無いっしょ^^;)

            それにしても、『男はつらいよ』は映画のタイトルだけではありませんね。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            マスカレード・ナイト
            マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
            宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
            もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
            ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/08)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/08)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              弘前りんご (06/11)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              てんし (06/11)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              弘前りんご (06/05)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              川村昇一郎 (06/05)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              弘前りんご (05/09)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              Hirobumi Ohno (05/09)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Google Adsense
            + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            + Amazon
            + BLOG RANKING
            + 本ブログへの訪問者数
            20140518 13時 60000人到達
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE