弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
チコちゃんてだ〜れ?
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、

    下の方にあるブログランキングのURLをクリックするか、

    あるいは、やはり下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

     人はだれでも、ガツンと言われる(叱られる、怒られる)のは、嫌ですよね。

     

     

    (それが好きという方も、中には居られるようですが、知らんけど ^^;)

    ましてや、大のおとなが自分よりはるか年下、5歳位の子供に言われるとしたら、なんとも。

     

    しかし、それをコンセプトにしたNHKの番組があり、密かに人気だとか。

    (元々単発の番組だったのが、最近レギュラー化したことで人気のほどが分かります)

    タイトルも、”チコちゃんに叱られる”

    http://www4.nhk.or.jp/chikochan/

     

    番組のMCの一人がチコちゃん。きぐるみで、顔はCGのようですね。(番組HPより)

     

    見聞きすることはあるけど、よく考えるとなぜ?というような疑問をクイズ形式でチコちゃんが出し、大人のゲスト回答者が答えるという形なんですが、彼らが適当な答えを出して行くうち、突然チコちゃんが切れて、般若の顔に変わり ^^;)

     

    NHK 番組HPより

    ”ボーっと生きてんじゃねーよ!”と、子供らしからぬ捨て台詞で凄むというところが、受けているんだとか。

    ちなみに、チコちゃんの声は、あの木村祐一らしい ^^;)

     

    日頃、マスメディアが流す、検証も十分でない、あるいは偏向捏造された情報を、養鶏場のブロイラー宜しく、ただただ鵜呑みにしている方々には耳が痛いかと。いや、通じていないか ^^;)

    そもそも、それをマスメディアの代表のNHKが流すというのも....

     

    「見たがらない人間ほど、ひどい盲人はいない」

    「想像力とは目に見えぬものを見る芸術である。」(ジョナサン・スウィフト)

     

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #NHK #番組 #チコちゃんに叱られる #ボーっと生きてんじゃねーよ! #子供 #大人 #スウィフト

     

    | 弘前りんご | テレビ | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
    痛快!半沢直樹
    0
      池井戸潤といえば、”下町ロケット”。そこでは下町の工場に生きる人々の、苦しい中でも忘れない心意気が感じられる小説でした。


      池井戸潤は銀行員としてスタートしています。人物観察の才に長けた彼なら、熾烈な権力闘争の中に生きる人々の生き様を感じ取らないはずはありません。


      そう、それが小説として結実したのが、彼の半沢直樹シリーズ。上司から押し付けられる無理難題。成功すれば上司の手柄、失敗すれば全て責任を押し付けられるという、不条理の世界。銀行に父を殺されたも同然の彼が、あえて就職先をその銀行にしたのはなぜか?

      ドラマ”半沢直樹”は、その小説のテレビドラマ化。演ずるは、堺雅人。窮地に追い込まれても、決して諦めず、きっちり相手に倍返しするのを心情とする半沢直樹にピッタリのキャスティング。その彼をある時は叱咤し、ある時は優しく見守る妻には、上戸彩。こちらもなかなかいい味を出しています。

      一回目の最後の数分間。査問委員会に対して、半沢直樹が反撃の狼煙を上げる場面に痺れました。ドラマはまだ始まったばかりですが、これからの展開が楽しみです。
       
      | 弘前りんご | テレビ | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      あー、空飛ぶ広報室、終わってしまった!
      0
        あー、終わってしまった。


        そう、贔屓のテレビ番組、”空飛ぶ広報室”が、ついに最終回を迎えて終わってしまったのです。この作品はずっと続いて欲しいと、埒もないことを考えるほど、面白かったですね。


        主人公の男女二人だけでなく、登場人物のいずれもが際立って個性的。そしてみんなそれぞれに重荷を背負って、それでも懸命に生きている、等身大の存在。それが愛おしく感じました。


        有川浩の原作を読んで、航空自衛隊の広報室という、全くその存在さえも知らかなった部署があることも知りました。今の日本の屈折した平和感によって翻弄される自衛隊の苦悩と、それでも職務に忠実であろうとする姿を描いて、感動的な作品でした。


        原作とは違って、テレビドラマの方は、主人公二人がめでたく結ばれることで終わります。
        作品を読んで、そのように描かれていないことに、その時は疑問に思いました。しかし、小説が完成する頃に起こった東日本大震災。作品の中で重要な役割を果たすブルーインパルスが、被災地松島を本拠地とすることから、それに触れない訳にはいかないと、震災前後の顛末を有川浩が最後に書き加えたという経緯があります。おそらくそのような状況で、さすがのラブロマンスの名匠、有川浩でも、二人を単にハッピーエンドに描くことにためらいが合ったのではないかと推察します。


        このドラマでは、ブルーインパルスのT4をはじめ、自衛隊の様々な航空機が活躍します。航空機ファンにはたまらない映像がいっぱいありました。
        だから、”飛行機は美しいから飛べる” という主人公の言葉がすんなり納得出来ました。


        | 弘前りんご | テレビ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        旅屋おかえり [ 原田マハ ]
        旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
        ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

        旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

        またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

        旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

        そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

        まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 今年はレオナール・フジタの没後50年_東京都美術館、藤田嗣治展
          dezire   (10/09)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          弘前りんご (09/24)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          河野 實 (09/24)
        • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
          イーザス (09/12)
        • 大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
          omachi (08/19)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/08)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/08)
        • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
          弘前りんご (06/11)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE