弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
さすが落語協会会長、高座に座っただけで (^o^)
0


    駅前のヒロロで開かれるヒロロ寄席、第三回目にして落語協会会長に52歳の若さで就任した、柳亭市馬さんが登場。



    出囃子が鳴り、登場までの時間に期待が高まりました。

    さすが最年少で落語協会会長になるだけあって、高座に上がるだけ強烈なオーラが出ていました。
    そして、たっぷりの枕(これだけでも聴きに来る価値はありました)で、聴衆をすっかり市馬ワールドに引き込んでいました。
    師匠であった小さんのエピソード、小さんが好きだった相撲に絡ませたエピソード。久しぶりに大笑いさせてもらいました。

    そしていよいよ江戸落語。2題を途中休憩を入れて30分ずつ。
    まずありえないシチュエーション(長屋の八五郎と、その妹が奉公に入り、子をなした大名との、珍妙でしかし最後は泣かせる対面)を描いた”妾馬(めかんま)”。
    親に勘当され、船宿に居候する若旦那が、時間を持て余し、船頭を勤めることで起こる騒動を描いた”船徳”
    いずれも堪能しました。

     
    | 弘前りんご | 演劇 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
    なにやら、クラシックファンには目が離せない2つの舞台: ”ホロヴィッツとの対話”と”テイキングサイド”
    0
      片や一時期精神疾患まで煩っていたというピアノの魔術師ホロヴィッツ、片やナチスとの関係を取りざたされるカリスマ指揮者フルトヴェングラー。それぞれを主人公とした舞台(”ホロヴィッツとの対話”と”テイキングサイド”)が話題を呼んでいるようです。



      演じる役者も強者揃い、これは楽しみな舞台ですね。

      ホロビッツとの対話の方は、天才ピアニスト、ホロビッツと彼に使える神に雇われた者(お抱えのピアノの調律師)との会話から、芸術とは、芸術家とは何かを問うといった内容のようです。

      一方、テイキングサイドは、ナチスに寵愛されたカリスマ指揮者フルトヴェングラーと、ヒトラーを憎むことから、フルトヴェングラーを法廷で執拗に追い詰めるアメリカ軍少佐アーノルドの対決から、全く相反する立場にありながら、共に自分の信じる物のために戦う人々を描く作品です。

      ただ地方にいると見ることはむつかしいので、是非テレビで放送して欲しいです。
      もっとも、生の舞台に勝るテレビ放送はないでしょうけどね。


       
      | 弘前りんご | 演劇 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
      生の舞台の素晴らしさ_イッセー尾形
      0
        ”クラゲが眠るまで”という奇妙なタイトルの二人芝居のDVDに遭遇したのは今から10年以上前でした。今やアイドルから演技派の女優に見事転身した、永作博美が演じる(三十路手前ながら、高校生といっても通用する雰囲気)の若い妻の、本厄42歳の夫の役を演じていたのがイッセー尾形。彼は気弱そうでいながら、様々なことにこだわりを持つため、些細なことで二人はぶつかりながら、最後には仲直りをするという二人の関係を、面白おかしく描くシチュエーションドラマでした。
        (ただしこの作品の脚本は、長年イッセー尾形のひとり芝居の脚本を手掛けた森田雄三ではなく、通の評価が非常に高かったテレビドラマ”すいか”の木皿泉によるもの)


        (イッセー尾形と永作博美の”くらげが眠るまで” ポニーキャニオン)

        その後いくつかビデオやDVDを買うことがありましたが、ついぞ生の舞台を見るチャンスはありませんでした。しかし、数年前から盛岡で毎年公演をやっていて、今回幸い時間があったので見に出かけました。


        (イッセー尾形 ”これからの生活 2012 in 盛岡” 公式HPより)

        会場は盛岡バスセンターからほど近い、住宅街の中に立つ盛岡劇場。公民館の建物の中にあるメインホールと言えばいいでしょうか。


        幟が何ともいい雰囲気を醸し出しています。


        開催を案内する立て看板。イッセー尾形の似顔絵が礼をしています。


        開場後、開演までの間、イッセー尾形のグッズを買い求める入場者。

        いい意味でシンプルな舞台でしたね。
        まず、開始前のお願い(ケータイの電源を切るなど)は、イッセー尾形自身のアナウンス。約2時間の間に8つほどのエピソードを一人で、休憩を入れずに一気に演じきったのには驚かされました。またそれぞれのエピソードはすべて別の人物になって演じるのですが、その衣装の着替えを舞台左袖に設けたコーナーでやってしまうんですね。着替えもパフォーマンスの一つというところでしょうか。見てる方はなかなか興味深くていいですが、本人は観客の視線をその間ずっと浴びるわけで、気の休まる時間がないですね。いや、緊張が切れる方が厄介なのかもしれませんが。


        中央の白いL字型の場所が舞台。左の端にあるのが楽屋という設定。

        エピソードは、たとえば結婚式当日の夜に通夜となった初老の男であったり、相手によって態度を豹変させる、小さな水族館の切符売り場のおばあさんだったり、田舎のホテルに泊まろうとしてすったもんだする都会から来た女性であったり、就航60周年の瀬戸内航路の客船内のイベント(ウクレレを弾いてハワイアンを歌う)に登場した老歌手(なにせ就航時から歌っていて、その時40歳の遅いデビューだったという設定(笑))、商社(あるいはIT関連会社?)のイケメン社員、大手町にたどり着けない博多から来た中年の男などなど。その変わり身のはやさ、特徴の表現のうまさ。そして観客と呼吸を合わせる運びのうまさ。これがまさに生の舞台の面白さ、というところです。

        すべてを演じ終えたイッセー尾形が暗転後に再び現れて、来場のお礼のあいさつをしたのですが、それがまた爆笑の連続。いやはや、フルコースの後に結構ヘビーなデザートが出てきた感じで、生の演劇の舞台の醍醐味というものを堪能して来ました。



        | 弘前りんご | 演劇 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE