弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
これって、対症療法ですよね。
0
    最近よく肩が懲ります。
    そのため、枕を変えたり、ぬるいお風呂にゆっくり浸かったりと、色々やってみましたが、今ひとつ効果が有りません。そんなところに、肩凝りに効くという体操が、Facebookに出ていました。




    確かに効果があります。楽になる感じがします。
    でもよく考えてみると、肩が凝ったらなにかやってそれを治すって、対症療法ですよね。原因療法(根本治療)では有りません。




    原因はわかっています。パソコン、タブレット、スマフォ、テレビ等のモニターを、仕事だけでなく、オフ(FB ^_^;)でも長時間眺めているから。それをやめれば、恐らく肩は凝らない。
    わかっているけどやめられないから、こういう対症療法が色々と考えられるんでしょうけどね。
    これは肩こりだけに限りません。どうしてわかっていてやめられないか、その心理を明らかにして、そうならないようにする方法が根本治療、いや予防法になるのではないでしょうか。

    (だったらブログ書くのをやめれば、って声がどこからか聞こえてくるような  ^_^;)

     
    | 弘前りんご | 医学 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
    犬猿の仲? 心臓と骨。
    0
      ブログで扱うネタは、商売(本職)に関係のないものをと、常々わきまえて(?)来ました。
      今回その禁を破ります。我太呂さんから、ネタ切れちゃうか、と言うツッコミがありそうですが、あえて否定はしません (^^;)

      前振りはそのくらいにして、
      さて、理想的な医薬品というのは、目的の効果だけあって、それ以外の効果(副作用。不利益が生じるなら有害作用)がないものというところですが、現実には多寡、あるいは大小の差はあれ、副作用は必ずあります。医療の現場ではそれをわきまえ、最大の効果と最小の有害作用という風に折り合いを付けて使うことが常識になっています。

      ところが、あちらを立てればこちらが立たず、という焦燥感の募る状況というのはいろんな場合に起こりまして、薬物治療の分野も例外ではありません。
      比較的知られている例としては、抗がん薬。本来がん細胞を叩くのが目的ですが、現在使われているものはがん細胞だけでなく、がん細胞同様活発に分裂増殖している正常細胞もかなりの所、攻撃してしまいます。なので、例えば、せっせと血液細胞が分裂増殖している骨髄組織は、抗がん薬の望まれない標的となってしまいます。そんな危なっかしい薬をそれでも使うのは、使い方を工夫すれば、メリット(治療効果)がデメリット(有害作用)を凌駕するからです。



      そのような状況が循環器疾患の治療の分野と骨代謝の分野の間でも起こることが分かってきました。心臓の拍動のリズムが乱れた状態、すなわち不整脈(循環器疾患のひとつ)によって、血液が出血したわけでもないのに血管内で固まる(いわゆる血栓形成)ことがあります。固まった血栓が心臓の冠動脈や脳の動脈に行って詰まらせると、いわゆる心筋梗塞、脳梗塞が起こります。それを防ぐために、血液凝固が起こらないようにする薬のワーファリンを患者さんに投与します。ところが、このワーファリンがくせ者で、有害作用として心臓弁や血管の石灰化をどうも誘発するんですね。それだけでは飽き足らず、骨のミネラルの消失を招き、いわゆる骨粗鬆症を促進します。困ったもんです。まさにあちらを立てればこちらが立たず。
      専門的な話になりますが、ワーファリンの作用はビタミンKの働きを結果的に抑制することで生じます。従ってビタミンKを豊富に含む納豆などの食品をこの治療の間は摂らないようにと注意を受けた方もいるのでは?



      さて、似たような状況が、今度はビタミンEがらみでどうも起こるようです。ビタミンEには心臓保護作用があることは知られています。ところが、このビタミンEが骨代謝の分野でも重要な働きをしていることが分かりました。
      骨の組織は、その健康状態を保つためにも、日々作り替えられているんですが、その時に2種類の細胞(骨を作る骨芽細胞と骨を溶かす破骨細胞)が働いています。その両者の働きが上手くバランスしていればいいんですが、生活習慣の乱れ(運動不足、喫煙、過度のアルコール摂取)や加齢で、骨を溶かす細胞の働きが、作る細胞の働きよりも大きくなると、どんどん骨量が減少する、いわゆる骨粗鬆症になります。上述の心臓を守る働きのあるビタミンEが骨を溶かす細胞(破骨細胞)を活性化するんですね。なので、心臓保護作用を期待して多量のビタミンEの投与を長期間続けていると、骨粗鬆症になる危険性があるということです。治療薬だけではありません。健康サプルメントとして、ビタミンEを含む機能食品等がインターネットなんかで簡単に入手出来てしまいます。それを気ままに飲み続けた結果がどうなるかはまだよくわかりませんが、骨粗鬆症になる可能性も否定できません。

      なかなか世の中、ままなりませんねえ。





       
      | 弘前りんご | 医学 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      + RECOMMEND
      失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
      失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
      自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

      しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

      手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

      修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

      その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

      研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

      いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

      最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

      ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      カラフル (文春文庫)
      カラフル (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
      森 絵都
      自殺を図った主人公の少年にとって、その家庭は灰色に見えたのだろうけれど、実はいろんな色を持つということが、わかってきます。
      自分は孤独だと思っていた少年が、実はその家庭にとって欠かせない一員だったことに、気づいてゆく過程を、軽やかな筆致で描いてゆきます。しかし内容はかなり重いものです。
      そして、その少年と同じ様な境遇の悩める少年・少女に、いや大人にとっても、小説の最後は、力強いエールになっています。
      久しぶりに、良い後味の小説を読んだという強い印象です。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実
      ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実 (JUGEMレビュー »)
      小名木 善行
      学校で習った百人一首の解説は、藤原定家という自身歌の名手が、古今の名歌の中からおのが美意識に基づいて100首選んで、気ままにまとめた、といったところです。
      しかし、その考えに懐疑的な著者は、歌い手と歌の選出、歌われた時代背景、そしてその並べ方に盛り込まれた定家の思いを徹底的に解析し、その結果明らかになったことを解説していきます。
      すなわち、歌人や歌の選定、配列等の構成が実に綿密に行われ、百首全体で一つの壮大な歌のようになっているというのです。
      もちろん、一つ一つの歌の解説を読んですっと納得の行くものです。
      久しぶりに目からウロコの本に出会ったという印象です。
      + RECOMMEND
      ヨチヨチ父 とまどう日々
      ヨチヨチ父 とまどう日々 (JUGEMレビュー »)
      ヨシタケシンスケ
      ページをめくるたび、お子さんのいる男性なら、そういえばそんな気持ちになったなあと、いちいち頷かされることでしょう。
      かく言う私も遠い昔を思い出して頷きました(^^;)

      作者は、絵本作家のヨシタケシンスケ。

      『あるかしら書店』、『りんごかもしれない』などの、妄想爆発、抱腹絶倒(?)の作品を出しています。

      『ヨチヨチ父』は、作者自身の子育てにまつわるエピソードを、簡潔な、しかし微笑ましくも涙ぐましい絵で綴る絵本です。

      子供が生まれる10ヶ月も前から女性は母親になるけれど、男性は父親目指して成長してゆく(その気があればですが ^^;)ものであることがわかります。

      それは、言い古された言葉ですが、我が子を10ヶ月もお腹の中で育み、そのおなかを痛めて生んだ女性と、生まれたときにはじめましてという、実感という意味では遥かに希薄な男性の違いでしょう。

      だからこそ、誕生の日からの毎日が、その実感を確かなものにしてゆく過程であり、父親になるというなんでしょうね。

      そして常に脇役でしか無い。
      それなら、名バイプレイヤーをめざすしか無いっしょ^^;)

      それにしても、『男はつらいよ』は映画のタイトルだけではありませんね。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
      宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
      もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
      ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
        弘前りんご (07/09)
      • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
        てんし (07/09)
      • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
        弘前りんご (07/08)
      • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
        てんし (07/08)
      • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
        弘前りんご (06/11)
      • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
        てんし (06/11)
      • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
        弘前りんご (06/05)
      • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
        川村昇一郎 (06/05)
      • 私を忘れないで (^_^;)
        弘前りんご (05/09)
      • 私を忘れないで (^_^;)
        Hirobumi Ohno (05/09)
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + Google Adsense
      + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
      縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
      + Amazon
      + BLOG RANKING
      + 本ブログへの訪問者数
      20140518 13時 60000人到達
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE