弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
ハチャメチャな、熱いテレビ黎明期 (*^^*)
0
    テレビ放送が始まった頃に、この世に生を受けたためか、
    物心ついた時には、テレビと共に一日が回っていたような
    気がします。プロレス放送が始まる頃に、テレビのある家に
    ご近所の人たちが集まるというのが普通の光景でした。
    我が家もそんな一軒でした (^_^;)



    そんな頃のテレビ番組制作現場を内側から描く番組が、
    NHKの”トットてれび”。
    主人公の黒柳徹子さんを、満島ひかりが実に見事に
    演じています。

    当時はドラマも、バラエティも、音楽番組も、全て生放送。
    事件は現場で起きているというセリフそのままに、
    制作現場では日々予想外のトラブルが起きていたようです。
    制作スタッフは、さぞ胃が痛い思いをしていたことでしょう。
    しかし、見る側もそれを了解したうえで、一緒になって
    ハプニングさえも楽しんでいたように思います。



    黒柳徹子(1956年頃 wikipedia)

    そしてそんな中、機転の効いた黒柳徹子がその存在感を
    強めて行ったようすが、このドラマでは描かれています。
    見ていてなんともなつかしい思いがします。
    今のテレビはその熱い原点を忘れてはいないでしょうか。

     
    | 弘前りんご | テレビ | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
    パリで回転すし?
    0
      日本人というのは、日本が世界からどう見られているかがとても気になる民族らしい。
      テレビや雑誌、あるいはネットでもそのたぐいの特集をやっていたりしますね。



      たまたま見たテレビの番組(といっても、Youtubeに載っていたんですが ^_^;)で、パリで人気の回転寿司を紹介していました。
      回転寿司は日本独特のものと思っていましたが(という思いが、そもそも思い込みなのでしょうけど)



      確かに、お寿司が回転しています。でも何かが違う。

      そう、ベルトコンベアがお店のウィンドウに沿って設置され、客は外の風景を眺めながら、お寿司を楽しめるという趣向。ヨーロッパの店外で飲食を楽しむというカフェ文化からすると、これが自然なのかも。
      しかし、回転する寿司は眺めるだけで、その向こうの職人さんに頼んで握ってもらったものを食べたいという人(私もその一人 ^_^;) には、どうなんでしょうか?

      ところで、そもそも本当にヨーロッパで日本の人気が高まっているって、本当なんでしょうかね?



      これまた、Youtubeネタで恐縮ですが、日本が好きか嫌いかというアンケート結果です。2013年のデータだそうです。確かにこの結果だけを単純に見れば、フランスはヨーロッパの中でも、ポーランド、イギリスと並んで、日本への好感度は50%超と高いですね。ポーランドのネガティヴの9%と言うのは、驚きですが。

      もう一つ意外(?)なのは、ドイツ。好きという人が1/3以下で、嫌いという人が半分近くいるということ。
      文化輸入の歴史から、日本人にとってはドイツは最も馴染みの深いヨーロッパの国というイメージが有り、日本人もドイツに対する好感度は低くなかったように思っていたのですが、どうも片思いのようですね (^_^;)
      それに、最近親日国として紹介される事が多いように感じるトルコ。好きと嫌いが拮抗しています。
      このデータがもちろんすべてを語っているわけではないでしょうが、示唆に富んでいるとは思います。

       
      | 弘前りんご | テレビ | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
      遅ればせながら、”下町ロケット(TVドラマ)”を見ました。
      0


        昨年後期に放映された、池井戸潤原作のTVドラマ ”下町ロケット”
        前半はリアルタイムで見たのですが、後半の”ガウディ計画”の方は、録画だけしてなかなか見るチャンスがなく、ようやくまとめて、5回分+特別編を見ることができました。




        前半はタイトル通り、主人公佃製作所の社長佃航平が、自社で開発したバルブシステムの最後には宇宙ロケットに搭載させるまでの苦労を描いていました。

        ドラマの描き方は、というより原作がそうなのでしょうが、同著者による半沢直樹のテイスト。
        毎回難題を突き付けられて、最後に逆転するという、まさに水戸黄門を見てスカッとするあの感じです (^^;)

        しかし、こちらの舞台が科学技術の開発の場であるため、多少なりともなじみがあり、より共感、感情移入できたように思います。

        さらに、後編は人工心臓弁の開発がテーマであるため、自分の仕事に一層近いことから、より楽しめました。
        ただ、このドラマの面白さは、前後編を通じて主人公の言葉に集約されていると思います。
        ” 技術はうそをつかない” 
        挫折しても、自らの技術に対する情熱を疑うことなく、幾度でも挑戦を繰り返した佃だから言える言葉であり、それだからこそ部下や協力者、そして競争相手にも響いたのだと思います。

        なかなか見ごたえのあるドラマでした。原作が直木賞を受賞したのは納得です。

         
        | 弘前りんご | テレビ | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE