弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
アンドロイドは電気羊の夢を、再び、見るのか?(^_^;)
0
    逃避行で幕を閉じた、映画”ブレードランナー”の続編の制作が始まったとか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11199358/
    公開は2018年初頭の予定。



    ということで、第一作をもう一度見直しました。
    ちなみに、第一作のSF原作の題名が
    ”アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?”です。

    ハリソン・フォード、若い!ということは置いておいて (^_^;)
    ラスボス?との対決で、レプリカントたちがなぜ逃亡し、
    地球に密航してきたのが明かされるというシーンは、
    その直前までの暴力シーンとのコントラストが今もって鮮烈で、
    SF映画の金字塔というのにふさわしいと、再確認しました。




    では、第一作の数十年後を舞台にし、ハリソン・フォードも
    出演するという続編では何をどう描くのか。
    期待と危惧がないまぜになっています (^_^;)

     
    | 弘前りんご | 映画 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    生物学の学習にもなる?_映画 シーズンズ
    0
      久しく映画を見に行っていません。去年の中頃、東京で、フォトグラファー、セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画を見て以来です。
      それほど見たいと思わせてくれる作品がなかったことが理由だと思いますが、それはそれで寂しいことでもあります。そんな思いを久しぶりに満たしてくれそうな映画が、弘前でも公開されます。




      ”シーズンズ”
      あの海の生き物たちを描いた”オーシャンズ”の制作陣が満を持して完成させたドキュメンタリー映画。
      今度の主役は陸上を駆け巡る、あるいは空を飛ぶ動物たちです。

      その特撮、と言ってもCGとかではありません。
      空を飛ぶ鳥を同じ目線で撮るためにグライダーを使ったり、地上を走る馬やオオカミを撮るのに、専用の撮影バイクをつくったりという、創意工夫がなかなか面白いのです。

      しかし、この映画に注目している理由はもう一つ別のこと。それは生物学の知識を活用している点です。
      渡り鳥の渡りを自然な形で撮ることは、警戒心の強い鳥たち相手ではむつかしいとされてきました。



       
      そこで、生まれたばかりの鳥のひなに撮影スタッフが自分の姿を最初に見せ、自分を親だと思わせる、いわゆる刷り込み現象を使ったので、そうすると空を飛ぶときにも親と一緒と思って、飛ぶようになります。

      また群れからはぐれたオオカミのこどもを小さい時から育てることで、人に警戒心を持たないようにして、狩の時に間近にいても、仲間と行動しているように感じさせて、オオカミと同じ視点での撮影に成功しています。

      早く見てみたいものです。

       
      | 弘前りんご | 映画 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
      今にして知った、映画「砂の器」の真実 (^_^;)
      0

        (映画パンフレット)

        映画「砂の器」。
        約40年前(正確には41年前の1974年)、この映画は公開されました。
        松本清張の同名の長編推理小説を映画化したもので、公開当時大変な反響を呼びました。
        私がこの映画を見たのは公開時ではなく、後のテレビ放映ででしたが、
        不覚にも感極まって涙が止まらなかったという記憶があります。

        砂の器 (1974) オリジナル・サウンドトラック
        http://www.youtube.com/watch?v=EqlbGe0hmUg (Youtube)

        もちろん、ハンセン病に対する言われない差別に苦しむ親子の姿を
        日本の四季の背景に描く映画の表現の素晴らしさもありますが、
        そのバックに流れる音楽 ”宿命”によるところも大だったと思います。


        芥川也寸志(1925年7月12日 - 1989年1月31日 wikipedia)

        不覚続きで恐縮ですが、この”宿命”という音楽、てっきり芥川也寸志の作曲だと、つい最近まで思い込んでいました。なぜなら、この映画の音楽監督が芥川也寸志と、映画のクレジットで見たからです。

        しかし、実際は芥川が当時新進気鋭の作曲家でジャズピアニストでもであった、菅野光亮(かんのみつあき 1939年7月10日 - 1983年8月15日)に映画音楽を委嘱して出来た、ピアノと管弦楽のための組曲でした。
        この曲は、そうあのラフマニノフの”パガニーニの主題に拠る狂詩曲”を髣髴とさせます。
        残念ながら、彼は映画公開後、程なくして44歳の若さでこの世を去っています。



        このことが判明したのは、この日曜日に秋田県民会館で開かれたコンサート ” 映画「砂の器」公開40周年記念”のパンフレットを読んだ時でした。
        この演奏会では、ラフマニノフの”パガニーニの主題に拠る狂詩曲 ”、続いて菅野光亮の”ピアノと管弦楽のための組曲「宿命」”でした。

        演奏は、ピアニストが菅原望、西本智実指揮イルミナートフィルハーモニーオーケストラでした。
        初めてこの曲の全体を聴くことが出来、また初めて見た時のことが蘇り、懐かしい思いがしました。

         
        不覚続きのとどめ。
        イルミナートフィルのバストローンボーンを吹いていたのが、FB友達の比嘉さんだったと、帰ってきてから知りました (^_^;)
        | 弘前りんご | 映画 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE