弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
分け合えることの幸せ_映画『しあわせのパン』
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、

    下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を

    押してくださいね。よろしくお願いします (*^^*)

     

     

    今放送の朝ドラで、映画『わたしをスキーに連れてって』を見て以来ファンになった原田知世さんが、かわいい素敵なお母さん役で出ていますね。その流れで、この映画をアマゾンプライムビデオで見ました (*^^*)

     

    北海道、有珠の近く、月浦という片田舎に移り住んで、カフェを営む若夫婦、水縞くんとりえさん。

    そこを舞台に、4組の家族模様を描いた映画『しあわせのパン』

     

     

    一組目は、都会の生活に疲れ、失恋の痛手を負った娘とこの地を離れたいけれどその勇気が出ない青年。

    二組目は、母が去って、父子家庭となった小学生の女の子とその父。互いにその事実に向かい合えないで苦しんでいます。

    三組目は、災害で店と娘を失ない、また妻も余命わずかという老夫婦。この地で死を迎えようとやって来ます。

     

    いずれもこのカフェ、マーニを訪れ、そこで若夫婦に迎い入れられ、出されるパンを食べるうちに癒やされて行きます。

     

    象徴的なのは、焼き立てのひとつのパンを分けあって食べること。

    そこに人と人との結びつきの幸せが宿っているんだということが伝わってきます。

     

    実は、このカフェを営んでいる若夫婦が4組目です。

    都会の生活に疲れ、2年前にこの地にやって来たのです。

    豊かで、時には厳しい自然の時の流れの中、地元の人々、そして訪れる客と交流して、彼らもまた癒やされ、生きてゆく意味を見つけます。

     

    最後、エンディング間近に、あることが明らかになります。

    ささやかな、しかしとっても素敵なサプライズ (*^^*)

     

    見終わって、ほっこりできる映画です。

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #映画 #しあわせのパン #有珠 #月浦 #カフェ #コーヒー #カンパニオ #原田知世 #大泉洋

     

    | 弘前りんご | 映画 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    今日11月23日は、もちろん勤労感謝の日ですが、仏映画監督、ルイ・マルの命日
    0

      ルイ・マル(1932年10月30日 - 1995年11月23日、wikipedia)

       

      死刑台のエレベーターの一場面

       

      ルイ・マル監督作品といえば、ジャンヌ・モローが主演を演じた『死刑台のエレベーター』(1958年)これは25歳の彼の鮮烈なデビュー作であり、最高傑作ではないでしょうか?

      (単に他の作品をよく知らないだけじゃないの? ^^;)

       

      ちなみに、この時のジャンヌ・モローの美しいこと。後の演技派の名をほしいままにしていたころの彼女しか知らなかったときに、この作品を見てビックリしました (^_^;)

       

      死刑台のエレベーターは、日本でも人気作品で、二度もリメイク(ドラマと映画)されています。

      しかし、フランスではリメイクされていません。

      それは1981年にフランスでは死刑が廃止されたため、それ以降フランスを舞台に死刑を描くことができなくなったからとか。社会情勢が変わると、こういう社会派の作品はなかなか難しい事になりますね。

       

      また、この映画が見たくなりました。

       

      *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 映画 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
      アンドロイドは電気羊の夢を、再び、見るのか?(^_^;)
      0
        逃避行で幕を閉じた、映画”ブレードランナー”の続編の制作が始まったとか。

        http://news.livedoor.com/article/detail/11199358/
        公開は2018年初頭の予定。



        ということで、第一作をもう一度見直しました。
        ちなみに、第一作のSF原作の題名が
        ”アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?”です。

        ハリソン・フォード、若い!ということは置いておいて (^_^;)
        ラスボス?との対決で、レプリカントたちがなぜ逃亡し、
        地球に密航してきたのが明かされるというシーンは、
        その直前までの暴力シーンとのコントラストが今もって鮮烈で、
        SF映画の金字塔というのにふさわしいと、再確認しました。




        では、第一作の数十年後を舞台にし、ハリソン・フォードも
        出演するという続編では何をどう描くのか。
        期待と危惧がないまぜになっています (^_^;)

         
        | 弘前りんご | 映画 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        旅屋おかえり [ 原田マハ ]
        旅屋おかえり [ 原田マハ ] (JUGEMレビュー »)
        ”旅屋おかえり”は、旅そのものが目的であり、生きがいの、そしてそれを仕事にしてしまった一人の女性の夢、挫折そして再生の物語です。

        旅屋とは、故あって自分は旅に出ることが叶わない依頼人に代わって旅をして、本人の代わりに希望の体験や目的を果たして、その旅の記録を依頼者に成果として届けるというもの。それを思い立ったのは偶然の出会いから。

        またタイトルのおかえりは、家に、故郷に戻ったときに掛けられる言葉、”おかえり” と、丘えりこの愛称、おかえりをもじったものです。そしてその言葉を聞きたくて旅に出るのです。

        旅屋の仕事としての旅によって、契約内容を遥かに超える成果(人間関係のもつれを解き、凍てつきを融かす)がもたらされるだけでなく、主人公、そしてそれを取り巻く人々の心までも癒やしてゆきます。

        そして成功するまでは故郷には帰れないと覚悟している主人公が、故郷で待つ母のおかえりという言葉を聞ける日も間もないというところで、小説は幕を閉じます。

        まさにハートウォーミングな小説。読後にじんわりと心があたたまる作品でした。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 今年はレオナール・フジタの没後50年_東京都美術館、藤田嗣治展
          dezire   (10/09)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          弘前りんご (09/24)
        • 富山の廻る寿司情報_すし玉(富山駅ビル きときと市場 とやマルシェ)
          河野 實 (09/24)
        • 連休にできることをやる (2)_ノートパソコンのデータドライブ換装
          イーザス (09/12)
        • 大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
          omachi (08/19)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/08)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/08)
        • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
          弘前りんご (06/11)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE