弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
宗教は果たして、人を救えるのか? と問いたくなる映画 ”ミッション” (The Mission)
0

    映画”ミッション” DVD

     

    オーボエの魅力的な旋律(ガブリエルのオーボエ)が使われているというのがきっかけで、軽い気持ちで、先日の三連休に、この映画 ”ミッション”のDVDを入手して、見てみました。作曲したのは、エンニオ・モリコーネ

     

    エンニオ・モリコーネ:ガブリエルのオーボエ

    https://www.youtube.com/watch?v=uMFzayZysLw

     

    しかし、その内容は、そんな軽い気持ちを吹き飛ばしてしまう重い内容でした。

    ストーリーはというと、

    舞台は南米のスペイン領とポルトガル領の境界に位置し、スペイン統治下のパラナ川上流域の密林に生活するグアラニー族という先住民の村。彼らは弓矢で狩りをする狩猟民達。

    そこに、スペインのイエズス会が布教に度々宣教師を送り込み、失敗を繰り返しながら、ようやく現在のガブリエル神父(ジェレミー・アイアンズ)によって、音楽という手段を用いて住民の心を掴み、ようやく布教が功を奏してきた時代でした。

     

    それまで奴隷売買に携わってきた同じスペイン人で奴隷商人メンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)が、愛人を巡るいざこざで弟を殺害してしまい、この村に逃げてきます。

    一度は死を覚悟したけれど、宣教師に入信を勧められ、改心して宣教師の一員として活動をし、これまで彼が商品として扱ってきた住民との交流で、荒んだ心を癒やされてゆきます。

     

    しかし、そんな中で、ポルトガルとスペインの間に、大国のエゴに基づく植民地支配に関する協定が結ばれ、植民地の領界線の引き直しが行われ、それに伴って原住民を移住させる話が起こってきます。

     

    イエズス会は、両国の間に挟まれ、抵抗を試みますが、ヨーロッパでのイエズス会の布教活動に制約加えるという、両国の圧力に負け、この村の宣教師に住民の説得を命令します。


    原住民は生まれ育った土地を離れることを拒否し、宣教師団もそれを支持します。

    ガブリエル神父はあくまで信仰による抵抗のみを主張する一方、メンドーサは住民と共に戦うことを決意。

     

    しかし、弓矢しか無い原住民と、大砲まで持ち出す大国の軍ではやはり勝負にならず、村の教会は炎に燃え、メンドーサは最後に軍隊の銃弾に倒れます。

    またガブリエル神父もまた、十字架を捧げ持って軍隊に向かって行き、同じく銃弾に倒れます。

     

    銃弾に倒れた宣教師、そして改宗した住民は、殉教者として讃えられるのでしょう。

    しかし文明、そしてキリスト教との出会いが、この先住民たちにとって、はたして幸いだったのかどうか? 

    クリスチャンではない私には、難しい問題だと感じました。

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*

     

    #映画 #ミッション #ガブリエルのオーボエ #イエズス会 #布教 #南米 #スペイン #ポルトガル #先住民 #改宗 #大国のエゴ

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    | 弘前りんご | 映画 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    完璧主義者である映画監督 スタンリー・キューブリックのお眼鏡に適った? シューベルトの曲 (*^^*)
    0

      SF

      2001年宇宙の旅から (By William Beutler from Washinton, DC, USA - 2001 | bedroom modelUploaded by SunOfErat, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=30390552、wikipedia)

       

      映画の金字塔 ”2001年宇宙の旅”を制作した、スタンリー・キューブリック。あるいは”時計じかけのオレンジ”で、SFの新境地を拓いた彼のこだわりは尋常ではなかったようです。

       

      スタンリー・キューブリック(wikipedia)

       

      興行的には成功とは言いがたかったけれど、映画の完成度としては非常に高かった、”バリー・リンドン

      舞台は18世紀のヨーロッパ。

       

      映画 ”バリー・リンドン”より (wikiepedia)

       

      当時の照明はローソクが主なものだったので、ローソクの照明下で撮影を断行しました。

      しかし、映画用の当時のフィルムは感度が低く、そのためには明るいレンズが必要で、それを入手することから始めました。

      ところが入手できたレンズは、既存の映画用カメラのマウントとは合わず、フォーカスシステムも異なることからその改良に何ヶ月も掛けたというのです。

       

      バリー・リンドンに使われた映画撮影用カメラ

       

      そのこだわりもあって、映画は、アカデミー賞の撮影賞などに輝きました。

       

      そして、BGMに用いる音楽もこだわり抜いています。舞台であるイギリスの民謡以外は、多くは、バロック、古典の名曲を実にうまく用いています。唯一の例外は、ロマン派であるシューベルトの曲

       

      なかでも、シューベルト:ピアノ・トリオ作品100の第2楽章のアンダンテ・コン・モート

      https://www.youtube.com/watch?v=R7ixGAOwCiQ

       

      貧しい家庭から這い上がり、そして最後は没落してゆく主人公、バリー・リンドンの心境を的確に表現するには、これしかなかったと考えたようです。

       

      シューベルト晩年の、病に冒され余命わずかの中で、力を振り絞って作曲した作品ですが、運命に抗いながらも翻弄される主人公と重なるところがあったのでしょうか。

      この映画によって、この曲の人気、認知度はいやが上にも高まったことは事実でしょう。

       

      そして映画もアカデミー賞音楽賞を受賞しています。

       

       

      ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
      気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #スタンリーキューブリック #2001年宇宙の旅 #時計じかけのオレンジ #バリーリンドン #シューベルト #ピアノトリオ #アンダンテコンモート

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 映画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
      分け合えることの幸せ_映画『しあわせのパン』
      0

        *ブログランキングに参加しています (^o^)

        気に入ったら、この文をクリックするか、

        下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を

        押してくださいね。よろしくお願いします (*^^*)

         

         

        今放送の朝ドラで、映画『わたしをスキーに連れてって』を見て以来ファンになった原田知世さんが、かわいい素敵なお母さん役で出ていますね。その流れで、この映画をアマゾンプライムビデオで見ました (*^^*)

         

        北海道、有珠の近く、月浦という片田舎に移り住んで、カフェを営む若夫婦、水縞くんとりえさん。

        そこを舞台に、4組の家族模様を描いた映画『しあわせのパン』

         

         

        一組目は、都会の生活に疲れ、失恋の痛手を負った娘とこの地を離れたいけれどその勇気が出ない青年。

        二組目は、母が去って、父子家庭となった小学生の女の子とその父。互いにその事実に向かい合えないで苦しんでいます。

        三組目は、災害で店と娘を失ない、また妻も余命わずかという老夫婦。この地で死を迎えようとやって来ます。

         

        いずれもこのカフェ、マーニを訪れ、そこで若夫婦に迎い入れられ、出されるパンを食べるうちに癒やされて行きます。

         

        象徴的なのは、焼き立てのひとつのパンを分けあって食べること。

        そこに人と人との結びつきの幸せが宿っているんだということが伝わってきます。

         

        実は、このカフェを営んでいる若夫婦が4組目です。

        都会の生活に疲れ、2年前にこの地にやって来たのです。

        豊かで、時には厳しい自然の時の流れの中、地元の人々、そして訪れる客と交流して、彼らもまた癒やされ、生きてゆく意味を見つけます。

         

        最後、エンディング間近に、あることが明らかになります。

        ささやかな、しかしとっても素敵なサプライズ (*^^*)

         

        見終わって、ほっこりできる映画です。

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        #映画 #しあわせのパン #有珠 #月浦 #カフェ #コーヒー #カンパニオ #原田知世 #大泉洋

         

        | 弘前りんご | 映画 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          今井 正治 (08/12)
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          弘前りんご (07/19)
        • 青森県は、大蒜(ニンニク)の一大生産地、ではニンニクの芽は?
          yoko (07/19)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          てんし (07/18)
        • ランチさ迷わない人 ^^;)_ たまには家庭で袋麺を。日本の加工食品の豊富さ、技術の高さに感心。
          弘前りんご (07/18)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE