弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
今日1月23日は電子メールの日だそうです。
0

    なんでも、1(いい)月23(ふみ)日という語呂合わせで、電子メッセージング協議会(現在はEジャパン協議会)が1994年に制定したそうです。

    いいふみの語呂合わせなら、11月23日の方が良さそうではありますが ^^;)

    設定した団体の名前が親父ギャク的(失礼 ^^;)なEジャパンだからかな?

     

    冗談はさておき、今や電子メールなしには立ち行かない世の中。

    辞表も電子メールで出す人もいるくらい ^^;)

     

     

    手書きの葉書や封書に比べて情緒が無いとか、やはり新年に届く年賀状は電子メールでは味気ないとか言われますが、そのうち懐古趣味だと片付けられる事になりそうですね。

     

     

    簡単便利なものは、麻薬のようなもので、一度慣れるとそこから抜け出すことは容易ではありません。

    一方で、電子メールならではの、ウイルスやスパムメールなどの問題も大きな問題となっています。

     

    しかしそのうち、そのシステムに即したよりより工夫やうまい使い方が生まれて、それがデフォルトになって行くのでしょうね。

    またウイルス、スパムメールもそれなりの対処の方法が考えられ、乗り越えて行くのでしょう。

    それが出来なければ廃れ、別の方法が新たに生まれてくると思います。

     

    流行には付かず離れず、賢い使い方を考えながら、付き合ってゆくのが良いのではないでしょうか。

     

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

     気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、
    またはリンクボタンを押してくださいね。

     よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

     

     

     

     

     

    | 弘前りんご | 社会 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    人は残された時間をどう過ごすのか、いやどう過ごせるのか_『死すべき定め』を読んで。
    0

      アトゥール・ガワンデの『死すべき定め』を読みました。

       

      アトゥール・ガワンデ 『Being Mortal: 日本語題名:死すべき定め_死にゆく人に何ができるのか?』

       

      実に重い内容です。人生の終わり近くに生きる人々の具体的なエピソードを淡々と綴り、そういった人々にとって生きる意味を問い、そして家族や周りの人々には何ができるのかを考えさせる内容です。

       

      老いるというのは、今までできたことが、出来なくなるということ。生きる自由度が著しく狭まるということでもあります。

      ところが、現代社会において、老人たちが住むことになる病院や介護施設は、安全のために(事故が起こらないように)、却ってその自由を彼らから奪っているという現実。

      幼い子どもが危ないからと言って外で遊ばせないことが、子供にとってその成長、生きる喜びを奪うのと同様に、残された時間が少なくなった老人たちを監視し、自由に行動させないことで、その生きる歓びを奪っているということに社会は気づいていないと指摘しています。そしてなにより、彼らが何を望んでいるかを知ろうとしない点が問題です。

       

      今、AIがもてはやされていますが、それがより進歩し、人が何を望んでいるのかを理解し、代わりにやるのではなく、病人や老人、障害のある人が、安全に自分でやれるようにサポートするロボット(アンドロイド?)が登場すれば、解決の目処がつくのかとも想像しているのですが。

       

      *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 社会 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      さよなら、CRJ200(ボンバルディア機 CRJ200)
      0

        今回の京都行きで乗った青森ー伊丹 JAL便がカナダ産 ボンバルディアCRJ-200.

        CRJは、Canadair Reginal Jet カナディア・リージョナル・ジェットの略。

         

        なんでも、就航が2001年4月で、16年間日本の空を飛んでいましたが、2017年度を持って、運航を終了することになったそうです。

         

         

        エンジンが尾翼根元の上にあるため、ランディングギアを短くでき、機体に階段付昇降口を付けられます。なので機体の位置が低く、一見胴体着陸したかに見えます (^_^;)

         

         

        50人乗りで機内も広くなく、機内サービスのカートも通せないので、CAさんは手持ちで飲み物を配ります。また、座席にはオーディオサービスもなく、JALが最近始めた無料wifiも無縁です。

        そんなないないづくしの飛行機ではありますが、飛ぶ姿は美しく、飛行機撮りには評判は悪くないようです。

         

        しかしその姿を観るのもあと少し。後継機種はブラジル産、エンブラエル170型(76人乗り)、190型(95人乗り)に切り替えるようです。この切り替えの時期に三菱のMRJが間に合っていたら、チャンスだったのにと思うと、残念です。(本当にMRJは飛ぶんかいな ^_^;)

         

         

        ちなみに、大阪空港(改修工事でごった返していましたが)に新しく導入された、保安検査システム Smart lane。しかし、乗客の一人が検査の済んだものをピックアップするのに手間取ると、その後ろがみんな止まってしまうというシステムに、何がスマートなのかわからずじまい ^^;) 

         

        *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

        | 弘前りんご | 社会 | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        マスカレード・ナイト
        マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
        宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
        もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
        ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE