弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
エストニアって、どこですか? ^^;)
0

    *ブログランキングに参加しています (^o^)

    気に入ったら、この文をクリックするか、

    下の方にある白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

    よろしくお願いします (*^^*)

     

     

    エストニアという名前、知ってはいたものの、旧ソ連の崩壊後、独立した都市国家(人口が沖縄くらい)ぐらいの認識しかありませんでした。そもそも地図上のどのあたりにあるかもあやふやでした。

     

     

    それが今世界中から注目を浴びる存在になっているようです。

     

    それは行政機構のほぼ完全な電子化(e-Estonia)を実現している事によります。

    その基本は国民一人ひとりがIDを持ち、そのID一つで全ての行政サービスをオンライン(もちろん24時間)で受けられます。

     

    行政サービスだけではなく、ブティックでもレストランでもキャッシュレス。

    その際駐車違反してもその場で罰金をスマフォで支払いできます ^^;)

     

    IDで国民を紐付けすることに対する、心理的な反発はどこの国でもあるでしょう。

    それに対する回答が、行政の内容の透明化です。たとえば国の機関の議事録などがいつでもオンラインで見ることができます。

     

    日本でマイナンバーが導入と決まったときには、まさにこのようなことが実現すると期待したのですが、その後のぐだぐだの展開で、今やその存在さえ忘れてしまいそうになっているのとは、雲泥の差。

    さすが先進国と呼ばれる国々の中で、電子化3等国と呼ばれるだけのことはあります。

     

    しかし、それだけなら利便性が高いというだけで終わるのですが、e-Estoniaは違います。

    e-Residency(電子居住)という制度があるため、世界から注目され、それだけではなく、商取引のハブ国家に変貌しつつあるからです。100ユーロと言う一万円ほどの安い手数料を払えば、このエストニアの電子居住者になれるのです。

     

    それって、なにがいいの?

    エストニアに会社を設立したり、銀行口座を開設でき、EU内で事業を行えるのです。

    そして上述のような電子国家ですから、事業運営に関わるいろんな手続きなどがオンラインでスピーディーに行えます。

    現実に、エストニア電子国家を足場に、EUだけでなく、世界への事業展開をはかるベンチャービジネスができてきているようです。

     

    さて、そこで心配になるのが、セキュリティの問題や、サイバー犯罪ですね。

    実はソ連時代、エストニアはそのサイバーセキュリティ研究所などが置かれ、そういった問題の人材が豊富にいたようです。

    e-Estonia確立に際して、それらに対する対処として世界でも最も進んだ技術を導入しています。

     

    もちろんこんな大きな変革が、すんなりと決まったわけではなく、それによって職を失う(行政書士等)人々の反対などもあったはずです。

    しかし、いつまたロシアに飲み込まれるかも知れないという強い危機感が、e-Estonia推進の力になったようです。

    仮にリアルな土地の侵略があっても、国家はサイバー空間に存在することで、完全に奪われることが無いという考えからです。

    ここでもどこかの国のように、激動の国際情勢に無頓着で、脳天気にモリソバ・カケソバに明け暮れている国民との違いに愕然とせざるを得ません。

     

    参考: 

    https://forbesjapan.com/articles/detail/19386/1/1/1

    http://diamond.jp/articles/-/165529?page=2

        

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #エストニア #電子国家 #セキュリティ #ソ連 #ロシア 

     

    | 弘前りんご | 社会 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    目からウロコ、シリーズ? ^^;)_ ”日本で一日に起きていることを調べてみた” という本
    0

      乱開発のため、随分と荒らされたとは言え、日本は豊かな水の国というイメージがあります。

      しかし、それが幻想だということ、そこにはカラクリがあるためだ、と言うことを、この本は突きつけて来ます。

       

      1日に起きていることを調べてみた_数字が明かす現代日本(宇田川勝司)

       

      確かに年間降水量でみれば、日本はコロンビア、マレーシア、ブラジルについで世界で4番目。

      河川の数も多いし、なにより蛇口をひねればそのまま安心して飲める水道が完備されています。

       

      しかし、この本は一つ一つカラクリを暴いてみせます。

       

      まず降水量も、一人あたりにすれば、世界平均の三分の一にも届きません。

      また降水量のうち、生活、農業、工業に有効に使われている量は、たった8分の1。残り8分の7は海にそのまま注いでいることになります。

       

      それは国土が狭く、河川の勾配が急であり、貯水量が少ないことに起因しています。

      雨水を利用するためにダムで貯水するも、その量は日本国内の全ダムの貯水量をあわせても、アメリカコロラド州のフーバーダム1基の約半分。これでは利用率が高くても、知れています。

       

      さらに、日本は世界一の水輸入国です。

      水を輸入しているってホントかなあと思ったあなた、半分正解です。

      水そのものを輸入しているのではなく、バーチャルウォーターを輸入していて、それが世界一なのです。
      バーチャルウォーターって、なんやねん ^^;)
      それはこういうことです。
      日本が世界でも有数の食料の輸入国ですが、その小麦や牛肉を作るためには、莫大な量の水を必要とします。例えば、小麦1kg輸入すると、水2トン、牛肉1kgだと20トン、鶏肉1kgならば4.5トンの水を消費していることに相当します。
      もし輸入しないで国産とすると、とてもその水を自前で供給できないのが現状です。
      そんな輸入食品、製品の製造に必要な水をバーチャル・ウォーターと呼びます。
      そういう意味では、日本という国は、きわどいバランスの上に成り立っているわけです。
      国産化が大事だとしても、現時点では限りなく不可能であるという事実を踏まえた上で、国の運営、他国との関係調整、すなわち舵取りを過たずやってゆかなくてはいけないのです。
      平和を愛するという理念的なものも結構ですが、たとえ他国の戦争であっても、日本は無関係ではなりえず、平和でなくては生きていけない日本だという認識も大事なのではないでしょうか。そのための努力を考える必要があります。日本一国だけでは、とうてい生きて行けないのですから。

      *ブログランキングに参加しています (^o^)

       気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、
       またはリンクボタンを押してくださいね。

       よろしく (*^^*)

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      | 弘前りんご | 社会 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
      傾向と対策!、受験の本ではありませんが (^_^;)
      0

        犯罪は予防が大切。

        そのためには、犯罪を犯す心理の解明と、それを基にした予防対策が大事でしょう。

         

        ” 男が痴漢になる理由” (斉藤章佳 著)

        イースト・プレス

         

         著者は、数多くの性犯罪者の依存症治療に長らく携わってきたソーシャルワーカー。

         

        この著者の主張からすれば、世間の痴漢犯罪者のイメージはかなり間違っていて、対策が見当違いである可能性が高いのではないでしょうか?

         

        以下、著者の主張ですが、

        これらの世間一般が持つ痴漢のイメージは、全て間違いだということです。

         

        ・痴漢は女性に相手にされない、さみしい男である。

        ・性欲をコントロールできないから、痴漢に走る。

        ・肌を露出した女性は、痴漢に狙われやすい。

        ・電車内に防犯カメラを搭載すれば、痴漢は減る。

        ・痴漢よりも、冤罪事件が問題だ。

        ……など。

         

        漠然と抱くイメージが見当違いだとしたら、

        その予防対策そのものも間違っているということになってしまいます。

         

        よく考えて見る必要がありそうです。

         

        *ブログランキングに参加しています (^o^)

         気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、

         またはリンクボタンを押してくださいね。

         よろしく (*^^*)

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        | 弘前りんご | 社会 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
        今日1月23日は電子メールの日だそうです。
        0

          なんでも、1(いい)月23(ふみ)日という語呂合わせで、電子メッセージング協議会(現在はEジャパン協議会)が1994年に制定したそうです。

          いいふみの語呂合わせなら、11月23日の方が良さそうではありますが ^^;)

          設定した団体の名前が親父ギャク的(失礼 ^^;)なEジャパンだからかな?

           

          冗談はさておき、今や電子メールなしには立ち行かない世の中。

          辞表も電子メールで出す人もいるくらい ^^;)

           

           

          手書きの葉書や封書に比べて情緒が無いとか、やはり新年に届く年賀状は電子メールでは味気ないとか言われますが、そのうち懐古趣味だと片付けられる事になりそうですね。

           

           

          簡単便利なものは、麻薬のようなもので、一度慣れるとそこから抜け出すことは容易ではありません。

          一方で、電子メールならではの、ウイルスやスパムメールなどの問題も大きな問題となっています。

           

          しかしそのうち、そのシステムに即したよりより工夫やうまい使い方が生まれて、それがデフォルトになって行くのでしょうね。

          またウイルス、スパムメールもそれなりの対処の方法が考えられ、乗り越えて行くのでしょう。

          それが出来なければ廃れ、別の方法が新たに生まれてくると思います。

           

          流行には付かず離れず、賢い使い方を考えながら、付き合ってゆくのが良いのではないでしょうか。

           

          *ブログランキングに参加しています (^o^)

           気に入ったら、下のブログランキングへのリンク(URL)、
          またはリンクボタンを押してくださいね。

           よろしく (*^^*)

          ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

           

           

           

           

           

           

          | 弘前りんご | 社会 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
          人は残された時間をどう過ごすのか、いやどう過ごせるのか_『死すべき定め』を読んで。
          0

            アトゥール・ガワンデの『死すべき定め』を読みました。

             

            アトゥール・ガワンデ 『Being Mortal: 日本語題名:死すべき定め_死にゆく人に何ができるのか?』

             

            実に重い内容です。人生の終わり近くに生きる人々の具体的なエピソードを淡々と綴り、そういった人々にとって生きる意味を問い、そして家族や周りの人々には何ができるのかを考えさせる内容です。

             

            老いるというのは、今までできたことが、出来なくなるということ。生きる自由度が著しく狭まるということでもあります。

            ところが、現代社会において、老人たちが住むことになる病院や介護施設は、安全のために(事故が起こらないように)、却ってその自由を彼らから奪っているという現実。

            幼い子どもが危ないからと言って外で遊ばせないことが、子供にとってその成長、生きる喜びを奪うのと同様に、残された時間が少なくなった老人たちを監視し、自由に行動させないことで、その生きる歓びを奪っているということに社会は気づいていないと指摘しています。そしてなにより、彼らが何を望んでいるかを知ろうとしない点が問題です。

             

            今、AIがもてはやされていますが、それがより進歩し、人が何を望んでいるのかを理解し、代わりにやるのではなく、病人や老人、障害のある人が、安全に自分でやれるようにサポートするロボット(アンドロイド?)が登場すれば、解決の目処がつくのかとも想像しているのですが。

             

            *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

            ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

             

            | 弘前りんご | 社会 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            + RECOMMEND
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ]
            失われた手稿譜 ヴィヴァルディをめぐる物語【電子書籍】[ フェデリーコ・マリア・サルデッリ ] (JUGEMレビュー »)
            自身もバロック音楽の研究者であり、演奏家であるサルデッリが書いた、”失われた手稿譜 ー ヴィヴァルディをめぐる物語 ー” では、ヴィヴァルディが亡くなった直後から漂流し始める、ヴィヴァルディが残した膨大な手稿譜が本当の主人公であり、小説の形をとっているものの、そこに書かれたことはほとんどが事実です。

            しかし、その手稿譜がたどったその後の運命は、数奇としか言いようのないものでした。

            手稿譜を借金の方に取ろうとする債権者、取られるのを防ごうとしたヴィヴァルディの弟。

            修道士会に寄付されたものの、その価値がわからない修道士たちは、それをごみのように扱い、教会の倉庫の奥に放り込でしまい、長い年月の眠りにつきます。

            その後その存在を知った貴族が個人のコレクションとして入手。

            研究し、その散逸を防ごうとした研究者と、骨董的価値にのみ注目するファシスト政府との攻防。

            いずれも手に汗握る展開で飽きさせません。

            最大の貢献者の一人、ジェンティーリが追われて大学を去るときの言葉

            ”正しきものは、とこしえに記憶される” が、心に染み入ります。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            カラフル (文春文庫)
            カラフル (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
            森 絵都
            自殺を図った主人公の少年にとって、その家庭は灰色に見えたのだろうけれど、実はいろんな色を持つということが、わかってきます。
            自分は孤独だと思っていた少年が、実はその家庭にとって欠かせない一員だったことに、気づいてゆく過程を、軽やかな筆致で描いてゆきます。しかし内容はかなり重いものです。
            そして、その少年と同じ様な境遇の悩める少年・少女に、いや大人にとっても、小説の最後は、力強いエールになっています。
            久しぶりに、良い後味の小説を読んだという強い印象です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実
            ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」: 千年の時を超えて明かされる真実 (JUGEMレビュー »)
            小名木 善行
            学校で習った百人一首の解説は、藤原定家という自身歌の名手が、古今の名歌の中からおのが美意識に基づいて100首選んで、気ままにまとめた、といったところです。
            しかし、その考えに懐疑的な著者は、歌い手と歌の選出、歌われた時代背景、そしてその並べ方に盛り込まれた定家の思いを徹底的に解析し、その結果明らかになったことを解説していきます。
            すなわち、歌人や歌の選定、配列等の構成が実に綿密に行われ、百首全体で一つの壮大な歌のようになっているというのです。
            もちろん、一つ一つの歌の解説を読んですっと納得の行くものです。
            久しぶりに目からウロコの本に出会ったという印象です。
            + RECOMMEND
            ヨチヨチ父 とまどう日々
            ヨチヨチ父 とまどう日々 (JUGEMレビュー »)
            ヨシタケシンスケ
            ページをめくるたび、お子さんのいる男性なら、そういえばそんな気持ちになったなあと、いちいち頷かされることでしょう。
            かく言う私も遠い昔を思い出して頷きました(^^;)

            作者は、絵本作家のヨシタケシンスケ。

            『あるかしら書店』、『りんごかもしれない』などの、妄想爆発、抱腹絶倒(?)の作品を出しています。

            『ヨチヨチ父』は、作者自身の子育てにまつわるエピソードを、簡潔な、しかし微笑ましくも涙ぐましい絵で綴る絵本です。

            子供が生まれる10ヶ月も前から女性は母親になるけれど、男性は父親目指して成長してゆく(その気があればですが ^^;)ものであることがわかります。

            それは、言い古された言葉ですが、我が子を10ヶ月もお腹の中で育み、そのおなかを痛めて生んだ女性と、生まれたときにはじめましてという、実感という意味では遥かに希薄な男性の違いでしょう。

            だからこそ、誕生の日からの毎日が、その実感を確かなものにしてゆく過程であり、父親になるというなんでしょうね。

            そして常に脇役でしか無い。
            それなら、名バイプレイヤーをめざすしか無いっしょ^^;)

            それにしても、『男はつらいよ』は映画のタイトルだけではありませんね。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            マスカレード・ナイト
            マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
            宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
            もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
            ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/09)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              弘前りんご (07/08)
            • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
              てんし (07/08)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              弘前りんご (06/11)
            • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
              てんし (06/11)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              弘前りんご (06/05)
            • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
              川村昇一郎 (06/05)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              弘前りんご (05/09)
            • 私を忘れないで (^_^;)
              Hirobumi Ohno (05/09)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Google Adsense
            + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
            + Amazon
            + BLOG RANKING
            + 本ブログへの訪問者数
            20140518 13時 60000人到達
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE