弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
津軽人が知らない? ポストペイってなんだっペイ?^^;)
0

    (誰だっけこの子)

    朝ドラ”なつぞら”で、主人公なつ(広瀬すず)のアニメ制作会社の同僚役、森田桃代”モモッチ”を演じていた若い女性、伊原六花(いはらりっか)

    派手な衣装だけど、表情には素朴さが表れていて、結構印象的でした。

     

    その子が最近、関西交通機関の電子マネー、PITAPAのCMでコミカルな演技と踊りを披露していました。

     スルッとKANSAI PiTaPa 「ポストペイって、なんだっペイ?」https://www.pitapa.com/pp/

     

    PITAPA ベーシックカード(wikipedia)

     

    PITAPA.comより。(https://www.pitapa.com/pp/

     

    そして彼女はなんと、あの日本高校ダンス部選手権2017において強烈なバブリーダンスで準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部当時の部長だったことを知り、そのギャップの大きさに驚きました。(https://www.youtube.com/watch?v=MzDfjuX1WwA

     

    (ポストペイって何だっペイ)
    前フリが長かったですが、そんなこんなでこのポストペイというのに興味を持ちました ^^;)

     

    Suicaに代表される交通系プリペイド(前払い、チャージする)カードに対するポストペイ
    要は、後払い(ポストペイ)なので予めチャージせずとも使えて、後で請求が来るというもの。
    その存在自体は知っていましたが、自動改札を通ろうとするとチャージ残金不足でゲートが閉まり、仕方なくチャージしに戻ると言う嫌な思いをせずに済む点くらいがメリットだと考えていました。

     

    そもそも弘前に居た頃は、JR東日本エリアだけでなく、全国的に普及していた(使用できる)Suica自体、在青のJR、私鉄、バスでは軒並みNG。せいぜいコンビニなどでしか使えませんでした。
    出張で東京などに行った時にSuicaで電車でもバスでもモノレールでも、きっぷを買わずに乗れる便利さに大きな落差を感じていました。なので、関西に戻ったらSuicaが活躍すると思っていたんです。

     

    しかし、調べてみると、PITAPAには利用回数や使用金額に応じて請求金額が割引されるという、別の大きなメリットがあることを、関西に戻って知りました。

    定期券と比べても、毎日往復に使ってようやく毎回きっぷを買うより若干安く済む通勤定期に比べて、例えば阪急の場合のように、ある回数以上乗れば10−20%まで割り引かれたりするのは実に大きいですね。

     

    また、使用状況はwebでいつでもチェックできるし、一月あたりの上限も決まっているので使いすぎる心配も無いでしょう。
    また、紛失・盗難に会った場合に、すぐにウェブから使用を一時停止できるなど、セキュリティの面でも安心ですね。

     

    ということで、早速PITAPAを入手し、使い始めました。
    実に快適です。その上お得なので、おそらく当分は使い続けることと思います。


    兵庫県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #伊原六花 #NHK朝ドラ #なつぞら #するっとKANSAI #PITAPA #Suica #交通系電子マネー #プリペイド #前払い #チャージ #ポストペイ #後払い #割引

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

     

    | 弘前りんご | 社会 | 19:55 | comments(0) | - |
    一番乗りは徳島ですか (T_T) _ 百貨店の無い県
    0

      (風前のともしび)

      さて、以下のリストをご覧ください。

      山形県(大沼本店)
      茨城県(水戸京成百貨店)
      山梨県(岡島)、
      岐阜県(岐阜高島屋)、
      富山県(大和富山店)、
      和歌山県(近鉄百貨店和歌山店)、
      福井県(そごう・西武 西武福井店)、
      島根県(一畑百貨店)、
      香川県(高松三越)、
      徳島県(そごう徳島)
      高知県(高知大丸)、
      佐賀県(佐賀玉屋)、
      熊本県(鶴屋百貨店)、
      宮崎県(宮崎山形屋)、
      鹿児島県(山形屋)、
      沖縄県(リウボウインダストリー)

       

      これは日本の47都道府県のなかで、県内に百貨店が1つしか無い県のリスト。

      計16県です。

      言い換えれば、全ての県にこれまでは少なくとも1つは百貨店があったということ。

       

      ところが、この内の一店舗がまもなく閉店する予定です。

      それが、徳島県のそごう徳島店

      そうすると、遂に百貨店の無い県が出現することになります。

      その他の県でも、百貨店経営は厳しく、追随する県がでてくるのではないでしょうか。

       

      (何でも揃うから百貨店)

       

       

      百貨店は、三井呉服店(現在の三越)の、デパートメント宣言から始まったとも言われます。

      その内容は、”およそ衣服に関するものは何でも揃う”といったものです。

      その後、取り揃える商品種を衣服以外にもどんどん広げ、まさに何でも揃う百貨店となりました。

       

      更には、豪華な洋館建て、屋上には遊園地、館内に大食堂を設け、ハレの日に出かける場所になって行きました。

      首都圏と京阪神から更には地方に広がり、百貨店があるというのが一種のステイタスとなったわけです。

       

      また近年、デパ地下と言う言葉が登場しました。元々百貨店の地下1・2階は食料品売場である場合が多かったけれど、それ以外に有名料亭やレストランの惣菜やお弁当、あるいは菓子店のケーキ屋やスイーツが売られるようになって、手軽にリッチなものが手に入ると人気を博しました。衣料やその他のこれまでの商品の売上や人気を凌ぐ勢いとなりました。

       

      (百貨店の衰退)

      しかし、バブル崩壊後の消費の冷え込み、消費者のニーズの変化、郊外型のショッピングモールに多様な商品展開のお株を奪われるなどして、百貨店の人気は衰退して行き、倒産する店舗も出るようになりました。

       

      もちろん百貨店側も手をこまねいて居たわけではなく、専門店の充実などを図ったりしましたが、衰退傾向を覆すには至っていないようです。

       

      これまで街のステイタス的存在だった百貨店の維持に、自治体も力を入れて来てこれまで一県一店舗を維持して来たようですが、それも限界に来たようです。

       

       


      兵庫県ランキング

       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを押してください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #百貨店 #何でも揃う #ハレの場 #各県一店舗 #バブル崩壊 #衰退

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの北のまほろば掲示板  

      | 弘前りんご | 社会 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
      令和元年は電子マネー元年?_ 小さな魚屋さんでもキャッシュレス (*^^*)
      0

        (引っ越し疲れ)

        弘前で、かなりのものを捨ててきたつもりでした。

        しかし、引っ越しセンターの作業員が次々と運び込んで、あれだけ広いと思った部屋が、次々とダンボールの山に埋め尽くされるのを見て、呆然としてしまいました。

         

        他の部屋が一杯になって、仕方なくLDKに運び込まれた荷物 (^_^;)

         

        如何に断捨離が難しいかを痛感した次第ですが、仕方ないので、営々と荷物の仕分けに従事しています。

        弘前での荷造りから引き続きの作業で、疲労困憊ぎみです。
        気分転換にYoutubeを見てたら、はよ、引っ越し作業をせんかい!というお叱りの声が、西宮あたりから来る始末 (^_^;)

         

        (街に出てみれば)

        とはいえ、必需品の購入と、食事のために、作業を中断して、街に出てみました。

        弘前は17万人ほど、一方宝塚は22万人。似たような規模ですね。

        400年を誇る城下町弘前と、阪急電車の開発で発達した元々温泉の街であった宝塚。

        自ずと歴史的には差がありますが。

        人口統計を見ると

        http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/about/1009913/index.html

        宝塚市は、平成15年から人口が2万人も増えています。

        一方、少子高齢化が心配されて、人口が減り続けている弘前とは対照的です。

        (平成 7 年の 194,485 人をピークに減少が続き、平成 27 年では 177,312 人)

         

        確かにこの街では若い人、子供連れを多く見かけます。

         

        自転車専用通行帯(https://gazoo.com/article/daily/170603.html

         

        道にも自転車専用レーン(自転車専用通行帯)があって、自動車との共存を図っていますね。

        弘前ではついぞ見かけたことのないもので、弘前はその点、まだまだという感じです。

        弘前での通勤が自転車だった私には羨ましい限りです。

         

        (買い物はキャッシュレス?)

         

        さて、家からほど近くにある、ご夫婦でやっている街の小さな魚屋さんという感じのお店。

         

         

        おすすめのお寿司を買ったんですが、消費税込みで540円

        支払いはおそらく現金のみだろうと思ったのですが、念の為聞いてみると、なんと電子マネーOK。

        弘前では、Suicaがコンビニくらいでしか使えないのに、この違いにはびっくり。

         

        このお店のご主人が新しもの好き、いや、失礼、進取の心があるのか。これが宝塚での標準なのか?

        他のお店もあたって見る必要がありそうですが、購買が促進されてこそ経済が回り、結果的に庶民の生活にプラスに反映するというもの。

        それからすると、今回の消費増税は愚の極みだと思うのですが、こういった利便性の向上、キャッシュレスによる還元を大いに利用して、生活を守るだけでなく、経済の発展に少しでも繋がってくれればいいなと、買い物のついでに考えた次第です。

         

        我が第二のふるさと、弘前。頑張ってほしいものです。

         


        青森県ランキング

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        このリンクか上の青森県ランキングのボタンを押してください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

        #弘前 #宝塚 #人口 #自転車専用レーン #街の魚屋さん #キャッシュレス

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

          弘前りんごの"北のまほろば掲示板

         

        | 弘前りんご | 社会 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE