弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。写真、音楽、そして本好き(万葉集)なアラ還です。
今日5月30日は、オルレアンの乙女、ジャンヌ・ダルクの命日です。
0

    Joan_of_Arc_miniature_graded.jpg

    ジャンヌ・ダルク(wikipedia)

     

    英仏百年戦争のさなか、神の啓示を受けたというオルレアン生まれの少女が彗星のごとく現れ、それまで劣勢だったフランス軍に勝利をもたらしました。

     

    Jeanne_d_Arc_(Eugene_Thirion).jpg

    ウジェーヌ・ティリオン:大天使ミカエルの声を聞くジャンヌ・ダルク(wikipedia)

     

    その名はジャンヌ・ダルク。亡くなったときは20歳前。

     

    シャルル7世戴冠式のジャンヌ・ダルク(wikipedia)

     

    しかし、英仏の指導者間の取引によって、一転国家的反逆者とされた彼女は、不服従と異端の疑いで異端審問に掛けられます。

     

    Joan_of_arc_interrogation.jpg

    ポール・ド・ラ・ローシュ: 審問を受けるジャンヌ・ダルク(wikipedia)

     

    そして5月30日火刑台に送られ、その短い一生を終えることとなりました。若者なら、大人って汚いって言うところなんでしょうけど。

     

    Stilke_Hermann_Anton_-_Joan_of_Arcs_Death_at_the_Stake.jpg

    ヘルマン・シュティルケ:火刑台のジャンヌ・ダルク(wikipedia)

     

    その25年後に、ローマ教皇カリストゥス3世の名で開かれた復権裁判で無罪と殉教が認められ、フランスの守護聖人の一人となりました。

     

    そのあまりにも波乱万丈、あまりにも短い生涯に啓示を受けた多くの作家、芸術家が彼女を取り上げた作品を発表しています。

    古くはシェークスピア、フリードリヒ・フォン・シラーらの戯曲、ヴェルディ、チャイコフスキーの歌劇、そしていくつもの映画になっています。

     

    今日はフランスの作曲家、オネゲルのオラトリオ『火刑台上のジャンヌ・ダルク』をお聞きください。

    Arthur Honegger Jeanne Darc au bucher Oratoriya Franciya (2006)

    https://www.youtube.com/watch?v=LPufeG1t1EY

     

    またその生涯を描いた映画はこちらです。

    ヴァージン・ブレイド

     

     

    ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
    気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

     ご協力、ありがとうございます (*^^*

     

    #ジャンヌ・ダルク #英仏百年戦争 #救世主 #異端審問 #聖人 #オネゲル #火刑台上のジャンヌ・ダルク 

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの"北のまほろば掲示板

     

    | 弘前りんご | 歴史 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
    令和で今話題の万葉の故地、奈良。なるほどそれで東向通(ひがしむきとおり)。奈良の地名の由来に納得。
    0

      ” 青丹よし 奈良の都は 咲く花の 匂うが如く 今盛りなり ”

              (万葉集巻3-328 大宰少弐 小野老 朝臣)


      (復元された、大極殿正殿)

      この歌を詠んだ年の前年に、太宰府に赴任した小野老が、大伴旅人が開いた宴で、遷都から20年、今や絶頂期の奈良の都を思って詠んだ歌ですね。

      小野老自身は20年ぶりの昇進で晴れやかな気分でいたのかもしれません。

       

      大伴旅人(たびと)は、万葉集編纂者と考えられている、大伴家持(やかもち)の父。彼が太宰帥(だざいのそち;太宰府長官)として赴任した際に、太宰府の官僚の大宰少弐(官僚トップの大宰大弐の次)として仕えたのが小野老でした。

      一方、旅人は60歳という高齢で、赴任後まもなく妻の大伴郎女を亡くしており、この歌のような晴れやかな気分で居られたかどうかは定かではありませんが。

      さて、大阪に生まれ育って、奈良はいわばお隣さん。

      子供の頃から何度も行きました。
      近鉄線で行くことが多く、そのターミナル、近鉄奈良駅のそばに、奈良でもっとも繁華な商店街と言われる、東向商店街があります。


      (Google Mapより)

      ただ、それは南北に伸びていて、どうして東向という名前なのか不思議に思っていました。


      (平城京復元図)

      平城京は、聖武天皇の時代、藤原京の地から奈良の地に遷都されたもの。奈良の名は、土地をならして拓いたという意味があるとか。へえ、そうなんだ。


      (平城京街路図)(http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/map/image/heijyokyo.gif)

      しかし、この都は見方を変えれば、藤原氏の力によるものでもあります。
      その氏寺が興福寺ですが、それが平城京の東側の飛び出した区域(いわゆる外京[げきょう])の小高い場所に立てられました。(ちなみにその隣には聖武天皇によって立てられた東大寺があります。)

      その隆盛な興福寺にあやかって、その前の南北に走る通りが出来、門前町が形成されました。しかし、その寺におしりを向けることは出来ないと、通りに面してすべて西側に(東に向かって)店々が立ちました。それでいつとはなしに、東向き通りと呼ばれるようになったようです。

      その後都は長岡(京都)の地に遷都され、藤原氏の実力者たちもそちらに移ったこともあって、通りの東側にも家が立ち並ぶように(要するに興福寺を背にする向き)なったということです。もうお尻を向けても大丈夫ということで ^^;)

       

      * 4年前のブログ記事の改訂版です。

       

       

      ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
      気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

      #令和 #奈良 #万葉集 #故地 #地名 #東向通り #市内一の繁華街 #名前の由来 #藤原氏 #興福寺 #東大寺

       

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの"北のまほろば掲示板

       

      | 弘前りんご | 歴史 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      仏像の解説書がこんなに面白くて委員会?(^_^;) _ ”ミズノ先生の 仏像のみかた”(講談社 刊)
      0

        例えば、日本人の顔はここ数十年で大きく変わったと言われます。

        これは、私が教養の学生対象に行っていた講義で使った図なんですが、

         

         

        たった50年で、平均的な顔の輪郭が変わったことを示しています。

        理由は、一つには食生活変化で、普段の食べ物から硬いものが減ったために、顎の咀嚼力が減少し、顎を動かす筋肉だけでなく、

        顎そのものが小さくなってきたためと考えられます。

         

        それによって起こることは、顎の急激な退化に対して歯のサイズは急には変化しないので、小さな顎から歯があふれる、いわゆる八重歯、歯並びの悪さが起こりました。

         

        このまま行くと、いずれ、

         

         

        こんな顔になってしまうのではないか?

        あながち、昔の火星人の想像図は、的外れではなかったのではないでしょうか (^_^;)

         

        ちょっと枕が長くなりましたが、今日は仏像の話。その仏像の顔も時代と共に変遷していったんですね。

         

        神や仏とはいえ、人が像を作るとき、人の形に基づいて作ります。

        当然作者が目にする人の顔貌が反映されます。古代ギリシャの像は、鼻筋が高く、顔も立体的。

        それはコーカソイド(白人人種、ヨーロッパ人種)である自分たちの顔がそうだったから。

         

        ヘレニズム時代の像 (wikipedia By Giovanni Dall'Orto - 投稿者自身による作品, Attribution, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15151267)

         

        一方、秦の始皇帝の墓から見つかった兵馬俑の人の顔は、まさにモンゴロイド(アジア人種)の顔そのものです。鼻筋は低く、顔も平板。

         

        兵馬俑(wikipedia)

         

        中高生の頃、美術や歴史でみた仏像が、インドと、中国、そして日本でずいぶんと違うなあと、漠然と感じていたのですが、上述のことから考えれば(作られた場所と作者を考えれば)、違って当然だったんですよね。

        インドはコーカソイドなので、鼻筋が高い。だからガンダーラで見つかる仏像は、鼻筋が高く通ったお顔です。顔もとても立体的。

         

        ガンダーラ仏(紀元2世紀ころのもの、wikipedia)

         

        一方、仏教が中国に伝来すると、作者も変わりモンゴロイドとなって、平板なアジア人の顔に近づいたものになります。

        ところが、面白いことに、時期的に多少の変動はあったものの、顔の平板化に対して、鼻筋だけはコーカソイドの高さをかなり保ったものになっています。

         

        5世紀頃、北魏の雲崗の石仏(wikipedia、By Felix Andrews (Floybix) - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1111174)

         

        時代が下って、日本の例えば鎌倉仏を見ると、悟りを開いた如来や、それに近づきつつある菩薩は、鼻筋が高い。

         

        運慶作 仏頭(wikipedia)

         

        一方、それらに比べると人に近い、天部や明王は鼻筋が低く、モンゴロイドの顔貌に近づいています。

         

        八部衆の一つ、阿修羅像(興福寺)(wikipedia)

         

        きっと、鼻筋を低くすると、如来や菩薩の尊厳が失われると感じた作者が、そこだけはコーカソイドの伝統に従ったのではないかと言われています。

         

        こういった仏像の見方を、聞き手との対話形式で、平易な言葉で、しかし内容は実に濃く、高度なものとして、紹介している本が、最近上梓されました。

         

        ミズノ先生の仏像のみかた”(講談社)

         

        まさに目からウロコの思いがしました。

         

         

        ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。  
        気に入ったら、このブログランキング(または白いボタン)を押してください。

         ご協力、ありがとうございます (*^^*

         

        #仏像 #みかた #水野敬三郎 #講談社 #新刊 #鼻筋 #コーカソイド #モンゴロイド  

         

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         

        | 弘前りんご | 歴史 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 本自体が芸術品と成り得た、そんな幸せな時代がありました _ 辻邦生の ”嵯峨野明月記" を再読して。
          藤田伊織 (05/08)
        • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
          弘前りんご (04/10)
        • 今宵はいずこで(1)_ はてさて、新シリーズ開始となりますかどうか?(インドネパールキッチン、プルナ 弘前駅前店)
          てんし (04/10)
        • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
          弘前りんご (03/11)
        • 気になるお店シリーズ(25)_ ずーーっと、気になっていました _ お茶漬け ”鳥山”(弘前市 銅屋町)
          にゃんこ (03/11)
        • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
          弘前りんご (01/01)
        • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。新年のご挨拶。
          takehope (01/01)
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          弘前りんご (12/02)
        • ようやく撮れました。藤崎の白鳥達_藤崎町の白鳥飛来地
          河野 實 (11/28)
        • 朋あり遠方より来る、ということで、青森愛に溢れた方と、かだれ横丁オダギリくんに行きました(^o^)
          弘前りんご (10/27)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + ポーラ
        + Google Adsense
        + 特別な日のサプライズ メリアルーム
        + Google Adsense
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE