弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
茄子の誘惑!ラーメン華心にまた行ってしまった ^^;)
0

    *ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。 
    気に入ったら、この文をクリックするか、
    下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、
    あるいは、白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    弘南鉄道の大鰐線、弘前学院大前駅(旧 西弘駅)の北側交差点ちかくにある、ラーメンを主体にした中華料理の食堂、”ラーメン 華心”。店主のおじさん一人と、バイトと思しき女性(弘大生?)1−2人でやっています。カウンター席7−8人とテーブル席が8人くらいの小さな店内です。

     

     

    その地の利(なにせ自宅から自転車で5分とかからない)とコスパの高さ(そもそも値段も安い)から、いまや私はリピーターになりつつあります (^_^;)

    前回訪れた時は、私以外はみんな弘前大学の留学生ばかりでしたが、今回はジモティーばかりのようでした。

    夏休みのせい?それとも曜日のせい?はたまた気のせい?

       華心の以前の記事

    ところで、野菜の茄子は馴染みのある、またいろいろと調理のしがいがある食材ですね。

    焼いてしょうゆを掛けただけでも、甘辛い味噌を載せた田楽にしても、煮浸しにしても、どれも美味しい。そして今まさに茄子が旬の季節(いちおう7−9月)。

     

     

     

    ということで、びっしりと並ぶ、数あるメニューの中から、今回は迷わず麻婆茄子定食を選びました。私にとってのマジックキーワードである麻婆(マーボー)と茄子のコラボですし。メニューにあれば必ずと言っていいほど頼みます。

     

     

    それにしても、何とも年季の入ったお盆だこと (^_^;)

    また、これでもご飯少なめを頼んでいるんですが、そうはみえないところが...

     

    いわゆるオープンキッチン(?)なので、カウンター席からは作っている様子をつぶさに見ることが出来ます。たっぷりの茄子がまずは油でさっとあげられ、その後にマーボーのタレをからまされて、華麗な変身を遂げています。ここのはピーマンも入って、彩りもいいですね。

     

     

    マーボーの程よい辛さが、茄子の食感と相まって、ご飯がすすみます。

    辛いものを食べていい汗かくのは、体にもいいでしょう。ただ汗っかきの私の場合は、汗だくになってしまうのは困ったものですが (^_^;)

     

     

     

    実は、その数日前も、大学の生協食堂で、麻婆茄子の一皿が入った定食を食べてました (^_^;)

    近年は茄子もハウス栽培されて、一年中出回ってはいますが、やはり9月までの旬の茄子を、またどこかで食べたいと思います。

     

     

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

     

    #西弘 #華心 #中華 #夏野菜 #茄子 #麻婆茄子 #地の利 #コスパ #大学 #生協

     

    | 弘前りんご | グルメ | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ランチさ迷い人(29)_限定の二文字に浮気 (^_^;)_ラーメン花月と、肉そば けいすけ
    0

      *ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。 

       気に入ったら、この文をクリックするか、

       下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

       あるいは、白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

       ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

       

      いまや、そこかしこにあるコンビニエンスストアと共に、いわゆる100円ショップというのは、もはや我々の日常の生活に欠かすことが出来ない存在になって来ていますね。特に買う目的が無くても、並んでいる商品を見て回るだけでも、結構楽しいです。

       

      この日は、お風呂場のブラシを掛けるためのフックと、連絡用に使う付箋紙、それに取り出さずに押印できる印章ケース(そんなのがあるのをネットで見かけたので ^o^)を買いに、安原のイオンタウンにある100円ショップ、ダイソーに行きました。店内には結構な数の客がいました。

       

      目当てのものがすべて見つかり、レジを済ませたら、ちょうど12時。

       

       

      そこまで行ったついでに、そのそばにある“らあめん花月 嵐” でお昼を。(ほら、言い訳にも欠かせないでしょ ^_^;)

       

      お店の前にはずらりと幟がならんでいました。
      腕組みした眼光鋭い男の人が大写しになっていて、いやが上にも目を引きます。

       

       

      近寄って見てみると、期間限定ですが、東京の超有名ラーメン店 ”肉そば けいすけ” の肉そばが提供されているではありませんか。そのオーナーはフレンチや和食を経てラーメン界に入り、それまでのラーメンには馴染みのなかった食材を大胆に取り入れて人気店の仲間入りをしたんですね。前々から行ってみたいと思っていました。

       

       

      ということで、最初、久しぶりに花月の定番のラーメンでもと立ち寄ったのですが、その想いは吹っ飛んで、”肉そば けいすけ” を迷わず頼んでしまいました (^_^;)

       

       

      わざわざ肉そばと銘打つだけあって、レギュラーのものでも、チャーシューがこれでもかというほど(8枚?)載っています。もちろん味も文句なし。

       

      また、他店の様に器のふちにこれ見よがしに垂らして並べる、といったようなことをしていないのも好ましいですね (^o^)

       

       

      しかし、このラーメンの真価はスープにあるように感じました。見た目色が濃いけれど、コクのある旨口な醤油の味わい。津軽の煮干しもいいけれど、これもいいですね。

      真ん中に載せられたおろし生姜を溶き入れると、スープの味が更に変化して、二度楽しむ事が出来ます。久しぶりに完つゆしてしまったのは内緒です (^_^;)

       

       

      色の濃い四角い中太麺が使われていますが、黒いスープが絡んで一層色濃く見えます。
      そして、もちっとしながらも、最後までふやけないコシがありました。

       

      このラーメン、見かけはシンプルながら、期待を裏切らない味でした。
      そしてなにより、東京にまで行かずとも、このラーメンを味わえたのはラッキーでした。

       


      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861


      #コンビニ #100円ショップ #らあめん花月 #嵐 #ラーメン #煮干し #肉そばけいすけ #安原

       

      | 弘前りんご | グルメ | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
      大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
      0

        *ブログランキングに参加しています。皆さんのクリックで順位が決まります。 

         気に入ったら、この文をクリックするか、

         下の方にある、ブログランキングURLをクリックするか、

         あるいは、白いリンクボタン(人気ブログランキング)を押してくださいね。

         ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

         

        別に統計を取ったわけではありませんが、大阪生まれの大阪育ちの大阪人には、大阪のシンボルとして全国的に知られる通天閣に登った人は案外少ない様に思います。かくいう私も30代半ばで大阪を離れる事になったときに、初めて登った次第です。

         

         

         

        あまりに身近過ぎて、わざわざ登る気にならんとか、そのうちにと思っているうちに時間が過ぎてというのが多いのではないでしょうか。まあ、このケースに限ったことではないでしょうけど。では、津軽人にとっては何でしょう。

         

         

        なんだか大仰な枕を振ってしまいましたが、今回訪れた Bar BASK。職場の目と鼻の先にあり、弘前のグルメの方々には料理がすこぶるうまいバーとしてよく知られたお店。しかし、私はこれまで何故か来た事がありませんでした。

         

         

        雑居ビルの2階にあり、その一階の階段の上り口には、メニューが書かれた大きなボードがあります。

         

         

        入り口の扉は、アンティークなもの。

         

         

        入ると10メーター以上はあるかと思われる、長いバーカウンター。

         開店直後だったので、比較的空いていましたが、その後次々と客が来て、しばらくするとかなりの席が埋まりました。

         

         

        今日のお目当ては2つあって、一つは鶏ももにくのネギ塩レモンソースがけ。

        それを頼んで出来上がるまでの間、ハートランドの生で喉を潤しました。

         

         

        ソテーした大ぶりの鶏もも肉の上に、それを隠すくらいにたっぷりと、炒めた香味野菜のネギ塩レモンソースが載っています。

        レモンと香辛料の風味が、香ばしく焼けた鶏肉よく合います。

        結構なボリュームがあり、つい2杯めのビールを頼んでしまいました (^_^;)

         


        次にもう一つのお目当て、いがめんちのホットサンドを頼みました。

        野菜多めのいがめんちとレタスと玉子が、比較的厚切りの食パンに挟まれていて、こんがりとトーストされています。

        考えてみれば2枚の厚切りトーストを食べたことになりますね、いやはや (^_^;)
        食べきれるかどうか心配になりましたが、美味しくて全部たいらげました。
        このお店のサイトにはおひとりさま歓迎と書かれていたので、一人で来たのですが、そのボリュームと、目移りするほどののいろんなメニューを食べてみたいという欲求から、グループで来たほうが楽しめると感じました。
        だれか誘ってまた来よう。

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

         #弘前 #Bar #BASK #いがめんち #ハートランド #鶏もも肉 

         

        | 弘前りんご | グルメ | 06:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        + PR
        + RECOMMEND
         (JUGEMレビュー »)

        (弘前りんご)
        原田マハの短編小説集”モダン”は、MOMA(ニューヨーク近代美術館)を舞台にした作品集です。
        私にとって、おそらく日本人にとっても、印象深いのは、第一章”クリスティーナの世界”ではないでしょうか。
        タイトルは、同名のあのアンドリュー・ワイエスの名作から取ったもの。
        下半身麻痺の女性が、草原を這って、我が家に向かって進もうとしている光景を描いたもの。
        小説では、2011年3月11日の東日本大震災のときに、福島県立美術館にこの作品が、アンドリュー・ワイエス展のために貸し出されていて、MOMAの委員会が、作品を守るために即回収を決め、MOMAのコーディネーターの職にあった日系女性職員杏子を派遣するというストーリー。
        この作品を日本に誘致するために多大な努力を払った現地学芸員伸子と、本意は回収するには及ばないと思っても、上からの命によって福島に向かわざるを得ない杏子の心の交流を描いています。
        救いは、杏子が福島のためにワイエスの作品を近い将来、再び貸し出せるようにすると決意するところです。
        そしてそれはこの絵の、絶望的な状況にあっても、希望を捨てず前に進もうとする女性の強い意志の力に合い通じるものがあるのではないでしょうか。
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 大阪人にとって、通天閣のようなものといえば、津軽人にとっては何?
          omachi (08/19)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/09)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          弘前りんご (07/08)
        • 癖になる音楽 ^^;)_スティーブ・ライヒとミニマル・ミュージック
          てんし (07/08)
        • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
          弘前りんご (06/11)
        • めっちゃおもろい、がしかし、中毒性のある音楽 (^_^;)_ フィリップ・グラス ”アクナーテン”
          てんし (06/11)
        • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
          弘前りんご (06/05)
        • あるときは作曲家、そしてあるときはSF作家、その正体は? (^o^) _川村先生喜寿記念演奏会
          川村昇一郎 (06/05)
        • 私を忘れないで (^_^;)
          弘前りんご (05/09)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE