弘前りんごの北のまほろば

司馬遼太郎の”街道をゆく”のタイトル”北のまほろば”に魅せられて、本州最北端の県にやってきました。日々見聞きしたこと、感じたこと、考えたことなどをつれづれなるままに綴ります。
郷土料理のお店、菊冨士でマンドリンコンサート
0

    今年2回目(通算22回目?)の菊冨士でのマンドリンコンサート。

     


    いつものように、最初にマンドリンとギターの演奏が40分ほど。

     

     

    今回はこの会の常連であった方が今年亡くなられたので、その追悼の意を込めて、その方がお好きだった曲を中心に演奏。

     


    イタリアやスペインの曲、最後にシューベルトのアベマリアが演奏されました。

     

     

    演奏が終わると、菊冨士さんの丹精を込めて作られた料理をみんなで楽しみました。

     


     

     

     

     

     

     

     

    おいしいお酒は例によって、参加者の方の持ち込み多数 (*^^*)

     

     

    寒くなった今日この頃、比内地鶏のきりたんぽ鍋は嬉しいですね。

    と言いながら、お鍋の写真を撮り忘れました (^_^;)

     

    こうして楽しい夜は更けてゆきました。

     

    *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

    ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

    | 弘前りんご | - | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
    津軽麺紀行(92)_中華そば マル金に、遂につけ麺登場 (^o^)
    0

       

      ちょくちょく立ち寄るラーメン屋である、マル金。

      先日通りかかったときに目にしたつけ麺の三文字、気になっていました。

       

       

      そこで、今回は迷わずつけ麺をオーダー。

       

       

      麺を茹でるのに時間がかかりますと言われたので、つなぎにカウンターの上に並んでいる一個100円のチャーシューおにぎりを一個食べながら待ちました。ちょっと味は濃いですが、刻みチャーシューがたっぷり入っていて、満足。

       

       

      待つこと10数分。煮干しのいい香りのするスープとともに、極太麺が出てきました。

       

       

      スープは、沈んで見えませんが、チャーシューとシナチクがたっぷりはいっていました。

      海苔の上には煮干粉が。

      見た目より結構マイルドな煮干しスープのつけ汁。太麺によく絡んで、美味しくいただきました。

       

      *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

      ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

      | 弘前りんご | グルメ | 06:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
      ヒトはいかにしてヒトとなったか_サピエンス全史を読んで。
      0

        サピエンス全史 上巻(河出書房新社)

         

        世界中で話題となった(今もなっている)本、”サピエンス全史”をようやく手にしました。
        つねづね、大きな話題となった本は、話題先行状態で読むと、理解・評価にバイアスがかかる恐れがあると感じて避けてきました。
        しかし、教養教育で分担している講義が”ヒトの進化と人体のしくみ”とあって、多少なりとも目を通さないわけにも行かないかと思い、読み始めた次第です。

         

        アウストラロピテクス・アファレンシス(wikipedia)

         

        第一章は、なぜチンパンジーやゴリラとは違い、ヒトは直立二足歩行を採用したか、その結果どんな変化が体に、そして人間社会に現れたかを述べています。ここは既にこれまで、自分の講義でも取り上げていたこともあり、特に目新しいところはなかったのですが、それ以降の章を読み進むに連れて、いくつも目からウロコの発見がありました。

         

        例えば、”信念と言うものを分類すれば、神を中心とする宗教と神不在のイデオロギーに分類することができるが、仏教、道教、ストア主義などの宗派はイデオロギーに分類せざるを得ない。逆に、神への信仰が現代の多くのイデオロギー内部に根強く残っていて、自由主義など、この信念を抜きにしては意味を成さないほどである。” こういう捉え方は確かに納得させられます。


        それと同時に、これまでいかに歴史を符号、符牒としてしか理解していなかったかを思い知らされました。いや、それとなく、薄々とは感じては居たけれど、深く突っ込んで考える労を避けていたというべきか。それをはっきりと自覚させられただけでも良かったと思う次第です。

         

        地球上に現れたヒトが、いかにして現在に至ったか、それを認知革命、農業革命、人類の統一、そして科学革命という人間のあり方を飛躍的に変えた事象を軸に説いています。

         

        是非一度読まれることをお勧めします。

         

        *気に入ったら、次のブログランキングへのリンク(URL)、またはその下のボタンを押してください、よろしく (*^^*)

        ブログランキング URL: https://blog.with2.net/link/?1920861

        | 弘前りんご | 自然科学 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        マスカレード・ナイト
        マスカレード・ナイト (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        大晦日の夜に催されるマスカレード・ナイトという、高級ホテルでのイベントが小説のクライマックスに設定され、そこで起こるであろう事件の予告が警察にもたらされたところから話は始まります。
        宿泊客のプライバシーを守るホテルスタッフと、それを捜査のためには明らかにする必要のある警察との間のせめぎあいの中、ドラマ、事件は進行します。
        もう一方の読みどころは、ここまでやるのか、やらされるのかという、ホテルのコンシェルジュという部門の役割。
        ホテルを舞台にした、東野圭吾の新境地です。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。 弘前りんごの"北のまほろば掲示板"
        + Amazon
        + BLOG RANKING
        + 本ブログへの訪問者数
        20140518 13時 60000人到達
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE