弘前りんご_新参者の宝塚日記

転勤で21年も青森県の弘前で暮らした関西人が、関西圏とはいえ、大阪とは違った土地の宝塚に住み、いわば新参者として暮らす中で、見聞きしたこと、思ったことをつれづれに書き綴って行きます。
印象派との出会い、決別、そしてルーベンスへの回帰。今日2月25日はルノアールの誕生日
0

    (印象派らしからぬ画家)

    中学の美術の授業で、ルノアールも印象派ですと先生が言ったのを聴いて、全然そう見えないけどと内心思いました。

    心根の優しい少年は、それを口にはしませんでしたが ^^;)

     

    ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年2月25日 - 1919年12月3日、wikipedia)

     

    (元絵付け職人)

    さて、ピエール=オーギュスト・ルノアールが画家になる前、磁器の絵付け職人として修業し、働いていたことをご存知でしょうか? リモージュ焼き*というフランスのものです。

     フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏のリモージュとその周辺で生産される磁器の総称。白色薄手の素地に釉を掛け、その上に落着いた絵柄の上絵を描くのが特徴 

     

    リモージュ焼きのポット(wikipedia)

     

    リモージュ焼き磁器の特徴は、実につややかな光沢にあります。
    それに絵付けする仕事で培った美的感覚。
    それがそののちルノアール晩年の、あの独特のしっとりとして、なおかつ艶やかな光沢のある女性の肌の表現を生んだのでした。

     

    (ルノアール:浴女たち 1918-1919)
     
    (ルノアールの絵の下地)
    この表現には彼が開発した技術が下地にあります。
    まずキャンバスに白い下地を塗ります。
    それにはテレピン油と亜麻仁油を独自の割合で混ぜ、それに溶かしたシルバーホワイトの絵の具を使います。
    その上に肌色の絵の具を薄く塗るとそれを通して下塗りの白が光沢を生むわけですね。

     

    (印象派との決別)
    印象派の画家達が、光の効果を重視するあまり、形に重きを置かなくなりつつある、と感じた彼は印象派と決別しました。
    そして独自の表現を求めて至った境地がここだったわけです。

     

    (古典、ルーベンスへの回帰)

    ルノアールが、若い頃通ったルーブル美術館で魅了された、ルーベンス。

     

    (ピーテル・パウル・ルーベンス:パリスの審判 1639年 wikipedia)

     

    それにしても、実に豊満な女性の体です。

     

    そしてこちらがルノアールの、同じテーマで描いた晩年の作です。

     

     

    若い頃に憧れたルーベンスの人体表現へ、ルノアールは晩年になって回帰したと言えるのではないでしょうか。

     

     


    兵庫県ランキング

     

    ブログランキングに参加しています。
    皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
    気に入ったら、
    このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
    ご協力、ありがとうございます (*^^*)

     

     

    #2月25日 #ルノアール #誕生日 #印象派 #出会い #決別 #回帰 #ルーベンス

     

    * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

    弘前りんごの北のまほろば掲示板  

    | 弘前りんご | 美術 | 13:56 | comments(0) | - |
    専門外の学会が楽しい (*^^*)_近畿産業考古学会の見学会に参加して(京都鉄道博物館)
    0

      (専門外の学会?)

      大学の専門課程の学生の頃から、生命科学系(基礎系、臨床系共に)の学会に入って、学会活動(研究発表、評議員)はいくつもやってきました。研究者になってからは、全国レベルの年会を運営したこともありました。

       

      さて、昨年末から登録文化財を調査するNPO法人の活動に参加しましたが、そうすると関連学会はこれらとは全く違う、文系、社会科学系の学会になります。

       

      DSC00610.jpg

       

      今回その一つ、近畿産業考古学会が主催する見学会に行ってきました。

       

      JR.jpg

       

      尤もまだ個人会員ではなく、所属するNPO法人が法人会員になっているので、案内が回ってきたと言う次第です。

       

      (京都鉄道博物館)

      今回の見学先は京都市下京区観喜寺町にある、京都鉄道博物館です。

      場所は、JR山陰本線(京都から園部間の愛称、嵯峨野線)の新駅(梅小路京都西駅、2019年開業)の目の前です。

       

      DSC00275.jpg

       

      この博物館の前身は2つあります。

      ・1つは、昭和37年に大阪環状線の弁天町駅に隣接して立てられた、新時代の交通を指向すると言うコンセプトの交通科学博物館

      ・もう一つは、現在の京都鉄道博物館の敷地とオーバーラップした場所に昭和47年に開館した梅小路蒸気機関車館です。

      こちらは国鉄の動力近代化で廃止される運命にあった蒸気機関車を、一部は動態保存(動かすことのできる状態での保存)し、後世に蒸気機関車の文化を伝え残すとの考えから建てられました。

       

      DSC00392.jpg

      梅小路蒸気機関車博物館の頃からの蒸気機関車転車台。

       

      DSC00286.jpg

      旧二条駅舎(二条駅から移築し、梅小路蒸気機関車館の本館として使用していました。現在は京都鉄道博物館のミュージアムショップなどが入っています。)

       

      その後、地域と歩む鉄道文化拠点として、交通科学博物館を梅小路の方に吸収して、新たに京都鉄道博物館として平成30年7月に再スタートしました。

       

      基本コンセプトとして、

      〕茣杣圓家族で楽しめる。

      地域との連携を図って、地域の活性化に寄与する。

      E監司顕蹴萋阿鯆未犬銅匆颪療監擦紡个垢詬解の促進とイメージアップを図る。

      JR西日本の社員が運営に参加し、鉄道の安全性や技術を来館者に直接伝えることで、社員と顧客間のコミュニケーシンの向上を図る。

      を指向しているそうです。

       

      (大層な賑わい)

      DSC00282.jpg

       

      この日は、ハローキティのラッピングした500系新幹線のお披露目、試乗会?があったためもあってか、家族連れ、子供連れの来館者が、開館を待って長い行列を作っていました。

       

      DSC00471.jpg

       

      幸い、我々学会関係者は、団体扱いで開場時に並ばずに中に入れました。

       

      (お宝拝見)

      入場はしたものの、一般の展示見学は後回しにして、1時間ほどを掛けてバックヤード(3Fの資料室、収蔵庫1F)の見学をさせてもらいました。SNSには残念ながら写真は上げられないのですが、拝見した資料では車両のカルテ(点検、修繕、交換の記録簿)であるとか、収蔵品では硬券印刷機や、0系新幹線の先頭のカバーとか、7万点に及ぶお宝の主だったものを見せていただきました。

      集めることは大事だけれど、それをどう管理し、生かして行くかがもっと大事で大変だと言うことです。

       

      (館内ツアー)

      お昼を挟んで、まずは京都鉄博自慢のジオラマ見学。

      そして一般の見学コースを、元館長の方による解説(ここには出せませんが、通常の解説以上に、豊富な裏話、思い出話がとてもおもしろかったです ^^;)を聴きながらじっくり見て回りました。

       

      またいろんな資料もいただき、とても充実した約4時間の見学会でした。

       

      JR.jpg

       

       

      京都鉄道博物館

       

       


      兵庫県ランキング

       

      ブログランキングに参加しています。
      皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
      気に入ったら、
      このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
      ご協力、ありがとうございます (*^^*)

       

       

      #学会 #京都鉄道博物館 #登録鉄道文化財 #近畿産業考古学会 #梅小路 #蒸気機関車

       

      * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

      弘前りんごの北のまほろば掲示板  

      | 弘前りんご | 鉄道 | 06:32 | comments(0) | - |
      今日2月24日は、狩野派に敢然と立ち向かった画家長谷川等伯の命日です。
      0

        (松林図の衝撃)

         

        長谷川等伯 松林図 左隻(wikipedia)

         

        同 右隻 (wikipedia)

         

        安部龍太郎の小説『等伯』。

        等伯の松林図を目にして、秀吉、家康、利家など居並ぶ戦国武将たちが目に涙を浮かべ、”我々はこれまで何をしておったんだろう”と言わしめた場面。

        これをクライマックスに置くことを想定して、この小説は書かれたという印象を持ちました。

         

         

        (芸術家の業)
        武家の四男に生まれながら、幼い頃に染物屋、絵屋の長谷川家に養子に出された信春(等伯)

        武士になれなかった、大いなる挫折感を味わいながら、この上は絵師として大成して実家を見返すと心に誓います。

         

        それから70代までの人生の大きな節目節目での判断。

        それは絵師としての本能に沿った、しかし、結果的に自分を追い込むことばかり。

        結果、本国(能登)を追われ、京都でも対立する武家同士の争いに巻き込まれます。

         

        更には当時の絵師の世界を牛耳っていた狩野派にも敵とみなされ、身も心も休まるときはなかった人生。

        その過酷さは本人もさることながら、家族(特に死別した最初の妻)には一層厳しかったことでしょう。

        自分以上の才を持っていると期待していた長男の若すぎる死も彼には大きな痛手。

        しかし、だからこそ他の者には到達できない高みに到達できたともいえます。

         

        それにしても、芸術家の業とはそこまでも凄まじいものかと驚かされざるを得ません。

         

         


        兵庫県ランキング

         

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんの1クリック(一票)で順位が決まりますので、 
        気に入ったら、
        このリンクか上の兵庫県ランキングのボタンを是非ひと押ししてください。
        ご協力、ありがとうございます (*^^*)

         

         

         

         

         

        #長谷川等伯 #松林図 #安部龍太郎 #狩野派 #苦闘 #長男の死

         

        * 縁あってこちらに立ち寄ってくださった記念に掲示板に書き込みを宜しく。

        弘前りんごの北のまほろば掲示板 

        | 弘前りんご | 文学 | 15:58 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 華麗なるカレーの世界?
          Trip-Partner スカウトチーム (01/23)
        • 今宵はいずこで(21)_ 都島にこんな素敵な和食のカフェレストランが(創作和食のWATANABE)
          てんし (11/27)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          弘前りんご (10/29)
        • 津軽麺紀行(174)_ ☆☆(星2つで、にぼし)が北に流れて、ながれぼしに。中華そば ながれぼし(弘前市 宮川)
          てんし (10/26)
        • 引っ越しのご挨拶 _ 青森でおせわになった皆様へ。
          葛西美幸 (10/23)
        • 今日10月14日は指揮者、レナード・バーンスタインの命日です。指揮者と作曲家の両立に苦悩する。
          てんし@弘前 (10/14)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          弘前りんご (09/12)
        • 今日9月11日は、クラブサン(チェンバロ)の大家、フランソワ・クープラン(大クープラン)の命日。
          てんし (09/12)
        • 黒石を歩き倒す?(3) (^_^;)
          菊地 尚則 (08/19)
        • 演奏会の合間に、夏カレーに惹かれて、イトヨの食堂街へ。オーブン亭(イトーヨーカ堂弘前8F)
          弘前りんご (08/12)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + Google Adsense
        + Google AdSense
        + Google Adsense
        + Gracia
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE